<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 大雪の後の白川郷へ行って来ました その4

 雪の色は純白なのですが、この日のように青空が拡がると青く見えます。
 空の色を映しているからでしょう、とても美しいものですね。
 しかし飛騨でもこの辺りは豪雪地帯なので雪が降る日が多く滅多にこのように晴れてくれません。
 今、写真を見ても本当に良いタイミングで行くことが出来たと思っています。
 このシリーズはもう1回続きます。

 ※ 動画が写真の最後にありますのでご覧下さい。
f0290971_4563367.jpg

f0290971_456435.jpg


f0290971_457293.jpg

f0290971_4571153.jpg

f0290971_4571920.jpg

f0290971_4573432.jpg

f0290971_4574328.jpg

f0290971_4575355.jpg
f0290971_03204539.jpg





[PR]
by sikisai03 | 2018-02-28 00:03 | 飛騨からのあれこれ

 自家製たらこを作る

 とても大きなたらこが売ってあったので買って来て自家製のたらこを作りました。
 以前に辛子明太子は記事にしましたがそれよりは簡単です。
 日本酒に出し昆布を浸しておいて、それに塩を加えて少々塩っぱい塩水を作り、
 たらこを浸しておいて後は水分を拭き取って風で乾かすだけです。
 今回は10%程度の塩水で1昼夜漬けておいて、キッチンペーパーを敷いた平笊に載せて12時間ほど外に出しました。
 時々キッチンペーパーを替えてしっかり水分を切ったら出来上がりです。
f0290971_4323017.jpg

f0290971_4324283.jpg

f0290971_4325315.jpg

f0290971_433284.jpg

f0290971_4331398.jpg

f0290971_893367.jpg

     ↑ 鯵の干物、目玉焼き、天然なめこの味噌汁と一緒に日本の朝食です。

f0290971_894438.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2018-02-27 00:03 | たかが男の料理

 大雪の後の白川郷へ行って来ました その3

 最初の記事の動画で上から見た全景を見られたと思いますが、ここ白川村の荻町にはたくさんの合掌造りがあります。
 周遊コースも色々で一つ違った細道へ入ると珍しい発見などもあります。
 今回は総じて大雪を頂いた屋根くらいしか見所もありませんでしたが、
 それを目当てに来たのだから良しとしましょう。
 同じような写真で申し訳ありません。
 そうそう、その見下ろした城山の展望台は最後の写真にあります。

 ※ 動画が写真の最後にありますのでご覧下さい。 
f0290971_4271258.jpg

f0290971_4272463.jpg

f0290971_4273319.jpg

f0290971_4274785.jpg

f0290971_427563.jpg

f0290971_428380.jpg

f0290971_4281295.jpg

f0290971_4282015.jpg




[PR]
by sikisai03 | 2018-02-26 00:03 | 飛騨からのあれこれ

 何時もの風景(2月末でも・・・)

 少し前の写真になりますが、今年は雪が多く寒かったのでまだ路肩には除けられた雪が残っています。
 雨水が過ぎて少し陽に温かみは感じるこの頃で、
 里では何時もなら日当たりの良い場所では福寿草が咲き出すのですが今年はまだまだですね。
 今年の春はもう少し遠いような気がします。
f0290971_5523656.jpg

f0290971_5524717.jpg

f0290971_5525693.jpg

 ※ 1枚目と2枚目のサイズを大きくしてあります
[PR]
by sikisai03 | 2018-02-25 00:03 | 何時もの風景

 大雪の後の白川郷へ行って来ました その2

 展望台から降りてみて驚いたのは雪の多さでした。
 大雪の後だったのでそれなりに予想はしていましたが実際ははるかに超えています。
 それでもこれが冬の白川郷の姿なのだと妙に納得しました。
 今回も写真の羅列になりますがご覧下さい。

 ※ 動画が写真の最後にありますので良かったらクリックして観て下さい。
f0290971_6303212.jpg

f0290971_6304317.jpg

f0290971_6305438.jpg

f0290971_631715.jpg

f0290971_63118100.jpg

f0290971_6312658.jpg

f0290971_6313531.jpg

f0290971_6314425.jpg

f0290971_6315577.jpg





[PR]
by sikisai03 | 2018-02-24 00:03 | 飛騨からのあれこれ

 砂肝の燻製

 燻製は気温が低い冬の間に作るのが腐り難いので良いです。
 私は時々色々な材料で作っていますが今回は砂肝を使いました。
 何時ものモモ肉や丸鶏の場合と違って味付けなども簡単です。
 美味しく出来るコツとしては砂肝は独特のシャキシャキ食感が身上なのでそれを損なわず作ることが必要です。
f0290971_619195.jpg

     ↑ 新鮮な色の良い砂肝を買って来ました。

f0290971_6191482.jpg

     ↑ きれいに洗って一つを半分に切り両側の硬い白い筋を切り取ります。

f0290971_6192525.jpg

     ↑ 出し昆布を入れた日本酒に砂肝を1時間ほど入れて臭味を抜きます。

f0290971_6194076.jpg

     ↑ 70℃位のお湯で表面の色が変わる程度軽くボイルします。

f0290971_6194935.jpg

     ↑ 漬け汁(しょうゆ、日本酒、にんにく、しょうが)を用意します。

f0290971_620446.jpg

     ↑ ポリ袋に漬け汁と砂肝を入れて3時間ほど漬け込みます。

f0290971_6201220.jpg

     ↑ キッチンペーパーで水分を拭いて笊に乗せて風通しの良い所で半日ほど風乾します。

f0290971_6202258.jpg

     ↑ 30分ほどの温燻で完成です。

f0290971_6203369.jpg

     ↑ 適当に切ってどうぞ! ウイスキーなんかに良く合うと思いますよ。
[PR]
by sikisai03 | 2018-02-23 00:03 | たかが男の料理

 大雪の後の白川郷へ行って来ました その1

 夏の白川郷は今まで何度か記事にして来ましたが冬は初めてかと思います。
 高山から白川郷まで高速を使えば40分ほどで着きますが、
 雪道と言うことと天気に恵まれないこともあって今まで断念することが多かったです。
 しかしこの日は良く晴れた日でしかも前日まで雪が続き大雪となっていて、
 休日と言うこともあってこの日を逃しては・・・と言うことで行って来ました。

 先ず目指したのは城山展望台、ここからの眺めはポスターなどでも紹介されているのでお馴染みですね。
 記事の方はまた5回ほどに分けて載せたいと思います。
 また毎回動画の方も用意して観て頂くつもりです。

 (動画は写真の最後にありますのでご覧下さい)
f0290971_436965.jpg

f0290971_4362252.jpg

f0290971_4363358.jpg

f0290971_4364511.jpg

f0290971_4365860.jpg

f0290971_4373745.jpg

f0290971_4374772.jpg




[PR]
by sikisai03 | 2018-02-22 00:03 | 飛騨からのあれこれ

 飛騨牛でハッシュドビーフ

 ハッシュドビーフって見るからにハヤシライスの具ですよね。
 どこが違うかと調べてみてもとても良く似たもののようです。
 敢えて言えばハッシュドビーフはドミグラスソースをベースにした大人向きの味で、
 ハヤシライスはトマトソースやケチャップなどをベースにした万人向けの味とでも言いましょうか。
 どちらを作っても良かったのですが今回買って来た肉は「スネ肉を思わせるような角切りの肉、
 実際にそれほど硬そうには見えませんが「煮込み用」とあります。
 ならば煮込んでやりましょうと言う訳でハッシュドビーフを作ることにしました。
 でも通常の作り方をしたのでは肉が硬いままだろうと、先ず肉を2時間ほど下茹でました。
 それからは普通の作り方でしたが、その一手間のお陰でとろけるように柔らかく美味しい肉に変身しましたよ。
 ドミグラスソースを作るのは手間なので市販のルーを使いました。
f0290971_15452720.jpg

f0290971_15453880.jpg

f0290971_15455030.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2018-02-21 00:03 | たかが男の料理

 冬の双六川

 冬は滅多に行かない高山市上宝町、夏であれば近道の峠越えがあるのですが冬季は通行止めになります。
 大した用も無いのに遠回りして行くほどのことが無いのでこの双六川も始めてみる冬景色です。
 夏は輝くようなエメラルド色に染まった清流がこの時期はどんな色なのかという興味もあったので、
 奥飛騨温泉へ行ったついでの帰路に周ってみました。
 水の流れに活気が無く川底の石も苔むして暗く感じられる中、
 それでも確かに水の色は深いエメラルド色に染まっていました。
 
 川石の上に積もった雪がマシュマロの綿帽子に見えませんか?
f0290971_6442480.jpg

f0290971_6261474.jpg

f0290971_6262947.jpg

f0290971_6264195.jpg

f0290971_6265596.jpg

f0290971_6271356.jpg

f0290971_6272355.jpg



[PR]
by sikisai03 | 2018-02-20 00:03 | 飛騨からのあれこれ

 ノドガシラで焼肉を

 先日のスーパーで豚肉の部位にノドガシラ(喉頭)と言うのがあることを始めて知って、
 興味があったので早速それで焼肉にすることにしました。
 何でも1頭に2枚しか取れない貴重なものなのだとか、それにスーパーで見かけたのも初めてです。
 値段は安く、100g当たり98円でした。
 見た目は滑らかな表面がタン(舌)を思わせ、切り口もやはり細かなサシが入ってタンのように見えます。
 焼肉はたれの味によって食味も変わるので美味しいと思うのはたれの味に依存しますが、
 今回は日本食研の焼肉のたれ「宮殿」を使いました。
 ノドガシラの食感はコリコリとしていて噛むとジューシーな感じで素直に美味しいと感じました。
 合わせたのは豚のロース肉と牛レバー、野菜はキャベツとジャンボ椎茸でした。
 また売っていたら買って来ようっと。 
f0290971_5574953.jpg

f0290971_558197.jpg

f0290971_601268.jpg

f0290971_5581189.jpg

f0290971_5582258.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2018-02-19 00:03 | たかが男の料理