<   2017年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 今年もいよいよ最期の日となりました

 本当に一年が過ぎるのが早いですね。
 先日2017年の元旦を迎えたかのように記憶も新しいです。
 
 毎日更新を何とか続けているとは言え拙いブログにお付き合い頂いた皆様、本当に有難うございました。
 また来年も同じようなスタンスではありますが発信させて頂きたいと思いますので、
 変わらぬお付き合いの程よろしくお願い致します。
f0290971_1639496.jpg

f0290971_16391727.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-12-31 00:03 | ご挨拶

 飛騨鰤

 飛騨鰤と言う名前はかなり有名になているようでネット検索でもたくさんヒットして来ます。
 もちろん飛騨には海がありませんから鰤など獲れるはずも無いのですが、
 昔は飛騨を経由して信州などへ運ばれたことからその名があります。

 年取りの魚として出世魚の鰤は高値で取引されるほど珍重されています。
 それによって高山の商家は大儲けしたとも言われています。

 我が家でも鰤で年を取る習慣があり、毎年暮れになると購入します。
 脂の乗った暮れの鰤は美味しく、特に天然の塩鰤は高価ではありますが人気が集まります。
f0290971_16555510.jpg

f0290971_9111712.jpg

f0290971_1656710.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-12-30 00:03 | 飛騨からのあれこれ

 御嶽山も雪景色

 信州の開田高原から見た御嶽山です。
 ここも晩秋から何度か雪が降り、積もってすっかり冬山に変身しました。
 まだまだ山肌には積雪が少なく深く冬篭りとは行かないようですが、
 それでも人の進入を拒むかのような厳しい姿勢が見られますね。
f0290971_1643195.jpg

f0290971_17105142.jpg





 
[PR]
by sikisai03 | 2017-12-29 00:03 | 山歩き

 炙りの鯛茶漬け

 1パックに中サイズのマダイが2匹で208円は目を疑う値段です。
 これは七尾市にあるスーパーで買ったものです。
 特売品なので調理は出来ませんとの断り書きもありましたが、私にはそれも望むところです。
 これは1匹は塩焼きにしてもう1匹で炙りの鯛茶漬けとしました。
 1匹で2人分のお茶漬けが出来ましたよ~
 もちろん朝獲れの新鮮さだったので美味しかったのは当然で、つくずく海辺に住みたいな~と本音が出ます。

 ※ 鯛の刺身用の柵取りまでの捌き方の動画がMoreにありますのでご覧下さい。
f0290971_1119219.jpg

f0290971_11191249.jpg

f0290971_11192158.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-12-28 00:03 | たかが男の料理

 雪道に野生動物のテンがいた

 夜間の雪道の路肩にいた野生動物のテンに出遭いました。
 近付いた車に驚いて咄嗟に藪へと消えてしまったのでカメラを構える暇が無かったですが、
 ドライブレコーダーんはちゃんと写っていました。
 テンは夏は茶色ですが冬はきれいな黄色の胴体と頭は白色にと毛変わりします。
 飛騨ではそんなに少ない動物ではないのですがなかなか目にすることが出来ないので貴重と言えます。
f0290971_5575026.jpg
 
 ※ 動画を上手く貼ることが出来ませんでしたので下のURLからご覧下さい。
  終りの方(開始から24~26秒頃)で左の路肩にいたテンが逃げるのが判ると思います。    
  https://youtu.be/O9DAyURGHa0

 尚、ドライブレコーダーの日付は設定が狂っていましたので実際の日時ではありません。
[PR]
by sikisai03 | 2017-12-27 00:03 | 日々の発見

 ヤリイカをスルメにする

 今年はスルメイカが不漁で値段も高いですね。
 そんな中、ヤリイカは入荷が安定しているようで案外安く売られています。
 今回は中型のサイズのヤリイカを多少無理があるけどスルメの状態に干し上げようと思います。
 素材がヤリイカでも干した剣先のようにはなるでしょう。
 スルメは水分がまったく無くなるように干すのは大変ですが、
 それを裂いて七輪で炙り一味マヨネーズで食べたらさぞ美味しかろうに・・・

 誰ですか?「それでお酒が更に・・・」なんて仰っているのは(笑)
f0290971_6234161.jpg

f0290971_6235859.jpg

f0290971_624735.jpg

f0290971_624185.jpg

f0290971_6242764.jpg

f0290971_6243848.jpg

f0290971_11193662.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-12-26 00:03 | たかが男の料理

 アカゲラなんですが・・・

 アカゲラはその名の通りキツツキの仲間です。
 良く似たのにオオアカゲラが居ますがこちらは紛れも無くアカゲラの方、
 かなり遠くだったのでその場では同定が出来ず、持っていた望遠60倍のコンデジで撮って家に帰ってから調べました。
 でも5枚も写したのに全体が見えるのは1枚も無くどれも身体の一部が隠れています。
 柳の木と言うことで枝が多いので仕方が無いですが、ちゃんと写った1枚が欲しいところです。
f0290971_1128236.jpg

f0290971_11283927.jpg

f0290971_11285147.jpg

f0290971_1129127.jpg

f0290971_11292454.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-12-25 00:03 | 自然の仲間たち

 奥能登冬の旅 (まるおかクリニックのイルミネーション)

 今日はクリスマス・イブですね。
 そこで能登の穴水にある小児科クリニックのイルミネーションをお届けします。

 年々派手になって行くとかで今年はこんなにたくさん飾り付けがされて、
 それぞれにテーマがあるようで子供はもちろん大人でも観て周るのが楽しいです。
 電気代が相当掛かるだろうな~なんてせこいことは考えないで、
 「ご覧の方は駐車場に車をお入れ下さい」のご好意と共に楽しませて頂きました。

 私が行ったのはまだ宵の口だったので他には一家族だけでしたが、
 8時頃になると広い駐車場も満杯になることもあるとか。
 最近流行の「インスタ映え」の影響でしょうか、SNSで聞き付けてたちまち有名になったそうです。
 もちろん私もその一人ですが・・・

 ※ 動画がMoreにありますのでご覧下さい。
         
f0290971_355932.jpg


f0290971_3561122.jpg

f0290971_3562225.jpg

f0290971_3563191.jpg

f0290971_3564368.jpg

f0290971_3565337.jpg

f0290971_357391.jpg

f0290971_3571248.jpg

f0290971_357218.jpg

f0290971_3573164.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-12-24 00:03 | 小さな旅

 奥能登冬の旅 (能登で見た白鷺)

 奥能登の田園地帯を車で走っていたら大きな白鷺が目に入りました。
 最近は飛騨でも珍しくないほど増えて来ましたがコサギがほとんどで大きなものは少ないです。
 一定の距離以上に近付くと段々遠くへ逃げるのを、気付かれないようにまた近付く・・・
 しかしそれ以上距離が縮むことは無かったです。
 私と白鷺がこんな風景に溶け込んでいると「能登は優しや土までも」の言葉がしっくり来ますね。
f0290971_1243460.jpg

f0290971_12431841.jpg

f0290971_124331100.jpg

f0290971_12434423.jpg

f0290971_1243572.jpg

f0290971_1244914.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-12-23 00:03 | 小さな旅

 ゆずこしょうを作る

 岐阜県にはとても辛い「あじめこしょう」と言う品種の唐辛子があり、最近飛騨でも盛んに作られています。
 「あじめ」と言うのは清流に棲む”ドジョウ”の一種ですが、それに細長い形が似ているからです。
 この唐辛子はとにかく辛いのですが、それだけではなく旨みも持っています。
 今回はそれを使ってゆずこしょうを作りました。 

 ゆずこしょうには通常は青い柚子を使いますが黄色く熟したものでもOKとのことです。
 また合わせるのも緑色のこしょうを使うので赤いこしょうではちょっと「どぎつい」感じがしますね。
 でも真っ赤になったので名付けて「飛騨の赤鬼」です。
 そう言えば以前、忍者漫画に「飛騨の赤影」と言うのがありましたね。
 それとは関係は無いですが・・・(汗)
f0290971_33451.jpg

f0290971_335877.jpg

f0290971_34893.jpg

f0290971_34237.jpg

f0290971_343185.jpg


 
[PR]
by sikisai03 | 2017-12-22 00:03 | たかが男の料理