カテゴリ:たかが男の料理( 173 )

 ハイカグラテングタケのバター炒め

 さて先日紹介したハイカグラテングタケですが、試食の顛末の報告はまだでしたね。
 あの見るからに食べ物とは思えないようなキノコを食べてみようと思ったのは最近のマニアのブログからです。
 何でも食べてみたら思ったより美味しかったとの感想が書いてあり、とりあえず食べられるんだ・・・と思ったのがきっかけ、
 以前から良く耳にしたり活字を見た経験から、あの猛毒のベニテングタケも少し食べてみると凄く旨いと言うことで、
 このハイカグラテングタケも同じ科なのできっと美味しいだろうと試食を試みたのです。

 先ずは流れ水で灰色の粉を落としさっと湯がきます。
 よく毒のキノコもナスと一緒に煮たら毒が消えると言われる人がいますが、
 そんな迷信は信じないのでここは一つ合わせる素材として何が合うかを考えて、
 結局は鶏のもも肉と一緒に炒め煮にすることにしました。

 熱を通した段階で少し黒ずんで来たのですが、匂いは温厚で良い香りがします。
 油で炒めた鶏肉を軽く塩コショウしてキノコを加えて更に炒めます。
 キノコから出て来た水分で軽く煮〆て更に塩コショウで味を調え、最後にバターを落として混ぜて出来上がり・・・
 完成の後、試食となりますが、何分にも初めて口にするので先ずは気持ちを落ち着かせて・・・

 キノコのを一切れ口に入れて噛んでみると同科のタマゴタケより弾力を感じます。
 更に味は?と言うとキノコからこんなに美味しい出汁が出るのかと思うほど旨味を感じました。 
 一昔前までは食毒不明とされていたハイカグラテングタケが素晴らしく美味しいキノコと認めざるを得なくなった瞬間でした。
 やはり人もキノコも 「見た目で判断してはいけないですね」  
f0290971_1312943.jpg

f0290971_1314255.jpg

f0290971_1315526.jpg

f0290971_132758.jpg

f0290971_1321676.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-05 00:03 | たかが男の料理 | Comments(14)

 シャカシメジのたまご焼き

 シャカシメジも一級のキノコで「味しめじ」と言われるほど美味しいキノコです。
 解すと細かいので普通は炊き込みご飯にするのですが、そうそう味ご飯ばかり食べてる訳にも行きません。
 そこで今回はたまご焼きと出汁巻にしてみました。
f0290971_1218922.jpg

f0290971_1218219.jpg

f0290971_12183545.jpg

 上がたまご焼きでネギも入っています。
 下は出汁巻です。
[PR]
by sikisai03 | 2016-10-04 00:03 | たかが男の料理 | Comments(16)

 天然茸のきのこうどん

 採り集めて来たきのこを使って”きのこうどん”にしました。
 きのこにはそれぞれ色々なアミノ酸があり、複合的に使うとより美味しさが増します。
 今回はシャカシメジ、クリフウセンタケ、マイタケ、ムラサキアブラシメジモドキ、ウラベニホテイシメジ、
 ホウキタケ、ヤマドリタケなどが入っています。
 ウラベニホテイシメジは少々苦みのあるきのこですが、それがまたアクセントとなって美味しかったです。
f0290971_181699.jpg

f0290971_1811859.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-29 00:03 | たかが男の料理 | Comments(12)

 白舞茸のソテー

 先日採って来た白舞茸をソテーにしました。
 サラダ油を少し入れたフライパンを熱して舞茸を炒めてからめんつゆと味醂を少々入れて汁気が無くなるまで煮込む感じ・・・
 仕上げはバターを加えてコクを出しました。
 いたって簡単シンプルですが、酒の肴にちょうど良い一品です。
f0290971_136455.jpg

f0290971_1371823.jpg

f0290971_1373586.jpg

f0290971_1375086.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-26 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)

 小さなクロムツは開いてみりん干しに・・・

千葉県鴨川のスーパーで大量に売られていたクロムツのパックを買って来ました。
10匹程度入っていて1パックが200~300円なので大衆魚と言えます。
近くに居たお客さんに聞くと煮魚にして食べるのが一般的とのこと、確かにムツはアカムツにしても煮魚で美味しい魚です。
でも昔、クロムツの干物 (このサイズより多少大きかったが) を食べたことがあり、その美味しさを忘れずにいるため、
今回は干物にしようと、少し多めに買って来ました。
開いてみりん干しにしましたが身が厚く柔らかな白身は濃厚な旨さで、やはり煮魚より干物にして正解でした。 
f0290971_14255553.jpg

f0290971_14261037.jpg

f0290971_14262297.jpg

f0290971_14263343.jpg

f0290971_82154.jpg

f0290971_822544.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-02 00:03 | たかが男の料理 | Comments(2)

 炊飯器で炊く鯛めし

 先日、越前海岸の道の駅で買って来た魚の中に最後の写真にあった鯛も買って来ました。
 5匹で500円なので1匹100円、少し小振りですがとてもお得な真鯛です。
 塩焼きや刺身などにしましたが余った1匹、どうしょうかと迷いましたが結局鯛めしを炊くことに・・・
 普通、私の場合鯛めしを炊く時は土鍋を使いますが、今回は面倒で炊飯器で炊いてみました。
 刺身にした時の頭やアラを煮出した汁でご飯をを炊いたので、鯛が小さくても風味がしっかりご飯にも移ってとても美味しかったです。
f0290971_414307.jpg

f0290971_4144195.jpg

f0290971_4145068.jpg

f0290971_4151100.jpg

f0290971_415131.jpg

f0290971_4152355.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-08-12 00:03 | たかが男の料理 | Comments(0)

 トビウオの刺身とつみれ汁

 福井の道の駅から買って来たトビウオはとても新鮮だったのでまず刺身にしましたが、
 残ったのはつみれにして「野菜たっぷりの具だくさんすまし汁」にしてみました。
 昆布から取った出汁にあごの煮干しの出汁を加えたのでとても濃厚な味に仕上がりました。
 すり身から出汁が出るので汁は美味しいのですが、その分つみれの旨味が消えてしまいます。
 それを補ってのあご出汁でしたが正解でした。
 トビウオのすり身って案外腰が強く弾力があって食感も良いです。
f0290971_929762.jpg

f0290971_924787.jpg

f0290971_9241850.jpg

f0290971_9242962.jpg

f0290971_9244022.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-08-09 00:03 | たかが男の料理 | Comments(0)

 「♪お値段以上・・・」

 もう40年以上使っている出刃と柳葉、それに10年ほど前に買った小出刃・・・
 他に菜切り包丁もありますが、私は魚を捌くことが多いのでこの3本は使い込んでいます。
 でも先日”ニ〇リ”へ行ったら洒落た出刃があったのでそれとペティナイフを衝動買い・・・
 さて、切れ味は?と試しに鯵を捌いたらなかなか良く切れます。
 百均でも包丁は買えますが、切れ味が持続しません。
 この2本はしばらく使ってみないと分かりませんがどうか「♪お値段以上・・・」であって欲しい・・・
f0290971_1391223.jpg

f0290971_1392674.jpg

f0290971_1914834.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-07-30 00:03 | たかが男の料理 | Comments(14)

 タコの卵

 市内のスーパーで最近タコの卵なるものを売っています。
 もちろん始めて見るので珍しく買って帰りました。
 昔ならどうやって食べるか分らない物は買うことも無かったのですが、今はネット検索と言う便利な手段がありまして・・・
 そこで何時ものようにググってみたら、何でも産地の北海道ではイクラのようにして食べるのだとか、
 やってみましたよ~同じように。
 出来上がって食べてみた感想ではプチプチの食感は乏しいもののまったりとした味はイクラにそっくりでした。
 結局今は食べないでイクラと同じようなものであれば冷凍も利くだろうとジプロックに詰めて冷凍庫へ入れました。
f0290971_1254550.jpg

f0290971_12542148.jpg

f0290971_12543395.jpg

f0290971_1254441.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-07-29 00:03 | たかが男の料理 | Comments(14)

 目鯛のあら煮

 刺身で食べると脂が乗っていて美味しい目鯛と言う魚がいます。
 目の玉が大きく、それが特徴なので目鯛と言ったところでしょうか・・・
 その目鯛のあらは時々スーパーで見ますが、今回のは特に頭が大きくボリュームがあったのであら煮にすることにしました。
 熱湯を掛けて冷水にとって血の部分や鱗を丁寧に取ってしっかり下ごしらえをして強めの味付けで炊きました。 
f0290971_9373410.jpg

f0290971_9374918.jpg

f0290971_9375948.jpg

f0290971_9381240.jpg

f0290971_9382239.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-07-27 00:03 | たかが男の料理 | Comments(10)