カテゴリ:小さな旅( 101 )

 奥能登冬の旅 (まるおかクリニックのイルミネーション)

 今日はクリスマス・イブですね。
 そこで能登の穴水にある小児科クリニックのイルミネーションをお届けします。

 年々派手になって行くとかで今年はこんなにたくさん飾り付けがされて、
 それぞれにテーマがあるようで子供はもちろん大人でも観て周るのが楽しいです。
 電気代が相当掛かるだろうな~なんてせこいことは考えないで、
 「ご覧の方は駐車場に車をお入れ下さい」のご好意と共に楽しませて頂きました。

 私が行ったのはまだ宵の口だったので他には一家族だけでしたが、
 8時頃になると広い駐車場も満杯になることもあるとか。
 最近流行の「インスタ映え」の影響でしょうか、SNSで聞き付けてたちまち有名になったそうです。
 もちろん私もその一人ですが・・・

 ※ 動画がMoreにありますのでご覧下さい。
         
f0290971_355932.jpg


f0290971_3561122.jpg

f0290971_3562225.jpg

f0290971_3563191.jpg

f0290971_3564368.jpg

f0290971_3565337.jpg

f0290971_357391.jpg

f0290971_3571248.jpg

f0290971_357218.jpg

f0290971_3573164.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-12-24 00:03 | 小さな旅

 奥能登冬の旅 (能登で見た白鷺)

 奥能登の田園地帯を車で走っていたら大きな白鷺が目に入りました。
 最近は飛騨でも珍しくないほど増えて来ましたがコサギがほとんどで大きなものは少ないです。
 一定の距離以上に近付くと段々遠くへ逃げるのを、気付かれないようにまた近付く・・・
 しかしそれ以上距離が縮むことは無かったです。
 私と白鷺がこんな風景に溶け込んでいると「能登は優しや土までも」の言葉がしっくり来ますね。
f0290971_1243460.jpg

f0290971_12431841.jpg

f0290971_124331100.jpg

f0290971_12434423.jpg

f0290971_1243572.jpg

f0290971_1244914.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-12-23 00:03 | 小さな旅

 奥能登冬の旅 (ボラ待ち櫓)

 大昔の漁法なので今では使うことが無くなったボラ待ち櫓、
 以前にも奥能登に観光用に一ヶ所設置してありましたがこの場所では新しく建造されていました。
 魚を獲る方法は櫓の上に登って海面を凝視して、紐で繋いだ網の上をボラが通った時に素早く引き上げるのだそうですが、
 このようなやり方が確か有明海で今でもされていると思います。
 魚が通らなかったら待ちぼうけの気の長い漁ですね。
f0290971_11232223.jpg

f0290971_11233298.jpg

f0290971_11234270.jpg

f0290971_11235164.jpg

f0290971_11235940.jpg

f0290971_1124699.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-12-21 00:03 | 小さな旅

 奥能登冬の旅 (見附島)

 恋路海岸は能登町にありますが、そこから10分も車で走ればこの珠洲市にある見附島に着きます。
 その姿から別名を軍艦島とも呼ばれていますが、その名は九州の方にある有名な島と同じで混同する人もいるとか・・・

 ここは主要な観光地なので広い駐車場が整備されています。
 おそらく夏場は海水浴場にもなるのでしょう。
 昔なら会社の旅行などで団体さんがやって来ただろうな~と思っていたら、やって来ましたよ若い連中が十数人・・・
 でも昔と違うのはバスではなく乗用車に分乗でした。
 それじゃ~車中で宴会が出来ないじゃん。
 これもまた時代の流れですね。 

 ※ 動画がMoreにありますのでご覧下さい。
f0290971_1232534.jpg

f0290971_12321779.jpg

f0290971_12323038.jpg

f0290971_12324197.jpg

f0290971_1232517.jpg

f0290971_1233443.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-12-19 00:03 | 小さな旅

 奥能登冬の旅 (恋路海岸)

 奥能登冬の旅、今回は能登町や珠洲市まで足を延ばしました。
 今日はその能登町の恋路海岸です。
 私は過去に何度かこの地を訪れていますが、今は幹線道路から外れたので機会も少なくなりました。
 昔話の悲恋の浜と言うことで「恋人の聖地」にもなっているようですが、
 そうなると余計に年寄りには縁遠くなりますわな (笑) 

 ※ 動画がMoreにありますのでご覧下さい。
f0290971_1235683.jpg

f0290971_1235277.jpg

f0290971_12353978.jpg

f0290971_12354962.jpg

f0290971_1236178.jpg

f0290971_1236149.jpg

f0290971_12385319.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-12-17 00:03 | 小さな旅

 奥能登冬の旅 (港の若い鳶)

 能登の小さな漁港の朝、羽根を休める若い鳶が魚網の上に止まっていました。
 もう充分に水揚げのおこぼれを頂戴してお腹も満たされたのでしょう。
 時折吹く海風に羽根を逆立てた様子には満足感が見られます。

 そうか~鳶ってこうやって鳴くんだ~

 ※ 動画がMoreにありますのでご覧下さい。
f0290971_10125466.jpg

f0290971_1025629.jpg
 
f0290971_1031569.jpg

f0290971_1032695.jpg

f0290971_1033962.jpg

f0290971_103498.jpg

f0290971_1035933.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-12-15 00:03 | 小さな旅

 奥能登冬の旅 (岩のりを採る人)

 結構波のある奥能登の海、そのシーンを撮っていた時に岩場で岩のりを採る人に出会いました。
 ここの岩礁には数字の番号が書いてあり、入札によって岩のり採りの権利を得ているとか、
 その人は出荷用ではなく自家用にするのだとか、知人に送って喜ばれるのだとか、
 波打ち際での作業なので波に浚われないように注意するのだとか色々話して聞かせてもらいました。
 何でも三回目の波は高くて危険なので数を数えながら素早く採るのがコツだそうです。

 ※ 動画がMoreにありますのでご覧下さい。
f0290971_1030670.jpg

f0290971_10302018.jpg

f0290971_10303114.jpg

f0290971_10304264.jpg

f0290971_10305573.jpg

f0290971_1031882.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-12-13 00:03 | 小さな旅

 奥能登冬の旅 (冬の海)

 奥能登の冬の楽しみは何と言っても波の荒い海を見ること、激しく岩に打ち砕けるのを見ていると時間が経つのも忘れます。
 でもまだ真冬のように荒れ狂っていなかったので大人しい方でした。
 本当は1月から2月に来れば波の花も見られるのですが、忙しくてなかなか出掛けられないのと、
 延々と続く雪道の運転が年寄りには堪えますので・・・

 ※ 動画がMoreにありますのでご覧下さい。
f0290971_691882.jpg

f0290971_693095.jpg

f0290971_694185.jpg

f0290971_695259.jpg

f0290971_610284.jpg

f0290971_6101116.jpg

f0290971_6102013.jpg

f0290971_6102966.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-12-11 00:03 | 小さな旅

 奥能登冬の旅 (満月近し)

 年に何度かは能登半島へ行きますが今年はまだだったので先日思い立って行って来ました。
 行ったのはちょうど満月の頃で、二泊の夜共に月を見ることも出来ました。
 雲はあったものの時々は切れて大きく輝く月が・・・
 後から聞いたのですがスーパームーンだったようです。
 海辺で月を愛でるのもほんとに久し振りのことでした。 
f0290971_1041759.jpg

f0290971_1041247.jpg

f0290971_10413592.jpg

f0290971_10414481.jpg

f0290971_10415388.jpg

f0290971_1042225.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-12-09 00:03 | 小さな旅

 房総半島へ 東京湾アクアライン 海ほたる

 房総半島行きの最後を締め括るのは東京湾アクアライン海ほたるでこれは一昨年も同じでした。
 帰路は時間的に東京を通過する時間帯が夕方のラッシュに引っ掛かりやすく時間調整のためです。
 今回1日は小雨が降ったものの天気にも比較的恵まれた旅でした。
 海ほたるで暮れて行く空を見上げながら余韻に浸るのも悪くはありません。
 それにしても海の真ん中に巨大な島を造って・・・
 昔であれば想像も出来なかったことでしょう。
 ※ 動画もありますのでMoreよりご覧下さい。
f0290971_936079.jpg

f0290971_9361122.jpg

f0290971_9362063.jpg

f0290971_9362969.jpg

f0290971_9363930.jpg

f0290971_9364964.jpg

f0290971_9365969.jpg

f0290971_937932.jpg

f0290971_937185.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-09-13 00:03 | 小さな旅