乗鞍の高山植物 16

 イワウメ コガネイチゴ コウメバチソウ

 目ぼしい種類から順番に載せている訳でもないですが今回もちょっと地味な花の記事です。
 時には見過ごしてしまいそうな花ですが、それでも良く見ると健気に咲いてかわいいものですね。
f0290971_16485316.jpg

     ↑ 以上1枚はイワウメ

 イワウメの開花は早く、雪が解けたら直ぐにでも咲いて来ます。
 そのためこの時期ではほとんど終わっているため花の写真はこれ1枚しか撮ることが出来ませんでした。
 普通であればこの葉っぱのマット上にいくつかの花を咲かせるのですが、1輪だけと寂しかったです。

f0290971_16501258.jpg

f0290971_16502669.jpg

     ↑ 以上2枚はコガネイチゴ

 良く似た花にミツバオウレンがありますが、それより花弁が細長く、葉の数も4~5枚と多いので3枚のミツバオウレンとは区別が簡単です。
 夏の終わりには実を付けるのですが、その実はと言うと粒も少なく疎らでイチゴらしい実ではありません。
 それでもちゃんと種を持っているから強いものです。

f0290971_16505517.jpg

f0290971_1651584.jpg

f0290971_16511426.jpg

f0290971_16512556.jpg


     ↑ 以上4枚はコウメバチソウです。

 これも平地のウメバチソウの高山タイプなので背丈もせいぜい15cmほどと小さいです。
 梅鉢といえば紋所、上から花を見るとちゃんとご紋に見えますね。 
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-21 00:03 | 乗鞍の高山植物
<<  乗鞍の高山植物 17  乗鞍の高山植物 15 >>