豆と昆布の入った餅

 餅を搗いてもらいました。
 「な~んだ、昨年暮れの話題か~」と思われると思いますがつい最近のこと、
 私は餅が好きなので普通の白い餅は暮れにたくさん買って、雑煮やつけ焼きにします。
 しかしそれも毎日続くと飽きるものですね。
 そこでこの時期の愉しみの「豆餅」や「昆布餅」を搗いてもらいます。
 今回は両方混ぜた餅で、昆布は皆さん良くご存知の「さざなみ」です。
 (固有の商品名を使うのもどうかと思いましたが他に表現法を思い付かなかったもので・・・)
 適度な塩味でそのまま焼いて食べられる重宝さには毎年嵌っています。
f0290971_16535724.jpg

f0290971_16541075.jpg

f0290971_1654201.jpg

 ※ 文中の「つけ焼き」とは焼いた餅に1回~2回醤油を付け更に焼いたもので、海苔を巻けば「磯辺焼き」になります。
 ※ この記事、予約投稿したつもりでしたが画像添付前に表示されてしまい、ご指摘頂いた方には申し訳ありませんでした。
[PR]
by sikisai03 | 2017-01-19 00:03 | その他
<<  たまごの自動販売機  雪道の運転 >>