サバ缶の白菜煮

 寒い日のお昼ご飯にはサバ缶と白菜を煮ただけのシンプルな鍋が美味しいです。
 サバ缶は水煮を使いますが、塩味が付いているので軽く醤油を注す程度で出汁も使いません。
 今回は紅生姜を少し入れましたが一味を振っても美味しいです。
 それを石油ストーブの上に乗せてゆっくり煮ます。
 弁当のご飯が冷たくてもサバと白菜の熱々を乗せて食べたら温まりますよ~
 山小屋での生活はシンプルでも素朴で良いものです。
f0290971_18272970.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-01-12 00:03 | たかが男の料理
<<  八重山の思い出 ② プルメリア  八重山の思い出 ① セマルハコガメ >>