スキー場の雪造り

 今年のスキーシーズンは中部地方のスキー場も雪不足から一部滑走可能はまだ良いとしてもオープンすら出来ない所が多いようです。
 「雪が降らなければ降らせてやろう」という訳で、人口降雪の設備のある所ではフル稼働です。
 しかし、設備は有っても気温がマイナス5℃以下にならないと質の良い雪が作れず、四苦八苦しておられるようです。
 スノーマシーンはコンプレッサーで圧縮した空気と水を混ぜて空中に噴霧するだけの単純な仕組みですが、
 実際には結構難しい作業なのです。
 小寒から大寒に向け一番寒い季節を迎えているので人工雪より天然雪が降り続いてくれることを何処のスキー場も願っていることでしょう。
f0290971_18473870.jpg

f0290971_18475593.jpg

f0290971_1848610.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-01-09 00:03 | 飛騨からのあれこれ
<<  ノビル  月齢9.2の月 >>