乗鞍の高山植物 5

 エゾシオガマ ハクサンチドリ テガタチドリ

 乗鞍のお花畑と言うと畳平の園地が有名ですが、そこでは見られない植物が桔梗ヶ原にはいくつか見られます。
今回はその中でエゾシオガマとハクサンチドリ、テガタチドリの3種を紹介します。
f0290971_144321100.jpg

f0290971_14433455.jpg

f0290971_14434826.jpg

     ↑ 以上3枚はエゾシオガマ

 ヨツバシオガマが多い乗鞍の高山地帯ではこのエゾシオガマはほんの少数しか見られません。
 ただ、少し標高を下げた2000m辺りでは多く見られることからどちらかと言うと亜高山帯の植物なのでしょう。
 花弁の数はヨツバシオガマより少なくて疎らな感じがしますが、上から見ると巴のように見えるところが面白いです。

f0290971_1444141.jpg

f0290971_14443499.jpg

f0290971_14444392.jpg

     ↑ 続いて以上3枚がハクサンチドリ

 以前、桔梗ヶ原にはほんの数株しか無かったのですが、最近増えたように思えます。
 ただ、足元近くに見られる株が少ないのでどうしても遠い写真になってしまいます。
 ハクサンチドリはラン科の花なので形が面白く色も濃い紫なので人気があります。  

f0290971_14452096.jpg

f0290971_14454836.jpg

f0290971_1446648.jpg

   ↑ そして以上3枚がテガタチドリです。

 テガタチドリは桔梗ヶ原よりむしろスカイラインの途中の路肩の方がたくさん見られます。
 これもハクサンチドリ同様に昔は少なかったものですが、最近はとても良く増えています。
 またあちこちに白花の変異も見られるので、バスの車窓からでも探してみるのも良いかも知れません。
[PR]
# by sikisai03 | 2017-08-07 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(6)

 乗鞍の高山植物 4

 草本に見えて実は木本と言うのが高山植物には多いです。
 今回のアオノツガザクラとチングルマは共に草ではなく樹木なのです。
 背丈は10cm余りなので知らないと木だとは思いませんよね。
f0290971_14364482.jpg

f0290971_14365558.jpg

f0290971_1437658.jpg
 
     ↑ 以上3枚がアオノツガザクラ

 アオノツガザクラは乗鞍では比較的何処にでも見られます。
 今回も咲き初めでしたがハイマツの群落の周辺などに群がって咲いているのが各所で見られました。
 花の形はスズランのように丸い釣鐘型で色は緑味を帯びた黄色です。 

f0290971_14374241.jpg

f0290971_1438425.jpg

f0290971_14382082.jpg

     ↑ 以上3枚はミヤマオトコヨモギ

 高山帯まで普通のヨモギが生育していますが、さすが礫地の拡がる高山では棲めないようです。
 代わりにでしょうか、所々にこのミヤマオトコヨモギの株が見られます。
 猫岳の麓から桔梗ヶ原辺りまでと剣ヶ峰から千町への登山道脇にもちょくちょく見られます。
 国立公園なので葉っぱを千切って匂いを嗅いだり出来ませんが、何となく濃いアクの香りがしそうな厚めの葉っぱです。 

f0290971_14384130.jpg

f0290971_143903.jpg

f0290971_1439214.jpg

     ↑ 以上3枚はチングルマです

 登山者の間では結構人気のある花ですね。
 花ももちろんきれいで可愛いのですが、花後の綿毛が風車のような形をしているのも印象的です。
 ちょうど今頃はまだ咲いている花と、最後の写真のように綿毛になりかけたものが両方見られます。
[PR]
# by sikisai03 | 2017-08-06 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(10)

 乗鞍の高山植物 3

 コマクサ
f0290971_16525382.jpg

 乗鞍に咲く高山植物の中で一番人気のものは?と問われると、答えはやはりコマクサでしょうね。
 乗鞍ばかりではなく高山植物の女王とまで言われているこの花、花弁の造形は他に見られないような面白い形をしていて好む人も多いようです。
 本州の高山では珍しいと言われるコマクサも乗鞍では以前からあちこちにたくさん見られる花でした。
 細かな礫を含む砂地を好むためそのような痩せた環境で無ければ育たないコマクサ、乗鞍にはそんな環境が多いからでしょうね。

 しかし乗鞍岳はご存知のように日本で一番高い所まで車で登れる山です。
 そのため昔は多くの人が押し寄せて踏まれたり心無い人の盗掘にも遭ったりして、随分数を減らしたことが報じられていました。
 幸いその後、マイカーの乗り入れが規制され、訪問者のマナーも良くなったからでしょう、ここ10年ほどで見る見る間に回復して来た様です。

 今回は写真の数が多いので高山植物3種の紹介ではなくコマクサだけで一つの記事にします。
 群落の様子、朝露を纏った朝一番の表情など色々撮って来ましたのでご堪能頂ければ幸いに思います。
 コマクサも背丈の低い植物です、それでも無数の株がこちらに向かってにこやかに手を振ってるようには見えませんか?
 後の2枚は白い花のアルビノです。
 また動画はMoreに用意しましたので併せてご覧下さい。
f0290971_1653672.jpg

f0290971_16531457.jpg

f0290971_16532658.jpg

f0290971_16533897.jpg

f0290971_16535256.jpg

f0290971_165475.jpg

f0290971_16542141.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
# by sikisai03 | 2017-08-05 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(18)