鯛のあら炊き

 とても大きな鯛のあらを買うことが出来たので定番のあら炊きにしました。
 最初の下準備と調味料の加減さえ間違わなければ美味しく作れます。 
 鯛は身を取っただけの骨付きの頭だったので頭を外し左右半分に割ることと、
 親骨を切るのも大変でしたが、出刃包丁のお影で何とか切り離すことが出来ました。

 下準備として鯛のあらを沸騰前のお湯に潜らせて血合いの部分や鱗などをきれいに取ります。
 鍋に生姜(薄切りにしたもの)、昆布(出汁昆布を10㎝四角に切ったもの)を入れて水600cc、酒400cc、で煮て行きます。
 沸騰したら丁寧にアクを取り、落し蓋をして5分ほど煮ます。
 砂糖80gに醤油100ccを加えて中火にし、再び5分ほど煮たら落し蓋を取り、煮汁を杓子で浸かっていない部分万遍に掛けます。
 煮汁が半分ほどになったら出来上がりです。
f0290971_16532597.jpg

f0290971_16533798.jpg

f0290971_16534783.jpg

[PR]
# by sikisai03 | 2017-06-17 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)

 ソバナ(飛騨の方言ではアマナ)

 アマナと言うのは正式には別にあるのですが、飛騨ではこのソバナのことを「アマナ」と呼びます。
 また同属のツリガネニンジンの方も「アマナ」と言うのですが区別するためツリガネニンジンの方を「トウダイアマナ」と呼び分けます。
 荒れた山道の斜面や、苅場などで群生しているので採取は簡単なのですが、
 案外この山菜を知る人は少なく、今まで他人が手折った跡を見たことがありません。
 でもこの山菜は炒めて食べると癖の無い甘い味が口に拡がって美味しいのです。
 山菜教室では何時も紹介しているお勧めの山菜です。
 天ぷらも良いのですが今回も油炒めにしました。
f0290971_17233392.jpg

f0290971_17234528.jpg

f0290971_17235770.jpg

f0290971_1724755.jpg

f0290971_17241760.jpg


 
[PR]
# by sikisai03 | 2017-06-16 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(6)

 自作曲 ♪ 木の葉のささやき

 自作曲の ”木の葉のささやき”と言う曲です。
 前回の曲から随分アップするのが遅くなってしまいましたがこれも2001年に作った曲です。
  ※ 曲はMoreのリンク先のYouTube動画をご覧下さい。
f0290971_15461869.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
# by sikisai03 | 2017-06-15 00:03 | 自作曲 | Comments(12)