エイの味噌煮

 時々高山の市場にも入って来るエイ、北陸ではカスベとも呼ばれています。
 私は何度も買って来て煮たり揚げたりして食べますが、肉に臭みがあると言われる人方があります。
 食べてみると判ると思いますから多分そう仰る人は食べたことが無いのでしょう。
 昔の鯨やサメと同じで流通が悪く、鮮度が落ちたものを食べざるを得ない時代の話を鵜呑みにされているのだと思います。
 そのためか買う人も少ないようで現地のスーパーでは安く買うことが出来ます。
 大量に買って来てほとんど鍋用に冷凍しておきますが、今回一部を味噌煮にしてみました。
f0290971_1043938.jpg

     ↑ この分量で300円分ほどです。

f0290971_10432873.jpg

     ↑ 湯通ししたエイを水、日本酒、砂糖、生姜で煮て、アクを取ったら落し蓋をして5分ほど更に煮ます。
f0290971_10434093.jpg

     ↑ 一旦火を止め煮汁で溶いた味噌を入れて再び火に掛けます。

f0290971_1043533.jpg

     ↑ 煮汁が半分程度になれば出来上がり、サバの味噌煮と同じ要領で結構です。

f0290971_1044674.jpg

     ↑ コラーゲンたっぷりで軟骨も柔らかく美味しいですよ。
[PR]
# by sikisai03 | 2017-06-23 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)

 サワフタギ

 秋のサファイヤ色のきれいな実を付けることから好きになったサワフタギ、もちろんこの時期の花も好きです。
 特に蕾のまん丸は形も面白く咲いているとそれを見ただけで認識出来ます。
 初夏の白い花の一員として存在感を示す花ですね。
f0290971_10314650.jpg

f0290971_10331235.jpg

f0290971_10332699.jpg

f0290971_10334138.jpg

f0290971_10335417.jpg

f0290971_1034995.jpg

[PR]
# by sikisai03 | 2017-06-22 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(10)

 ホヤを食す

 海のパイナップルとも言われるホヤ(マボヤ)が市場で売られていて、
 色合いが良くて弾力もあり新鮮さが良く判ったので買って来ました。
 塩辛にしたり焼いて食べたり色々調理法がありますが、新鮮なものはやはり刺身が一番ですね。
 好き嫌いはあると思いますが、案外好まれる方も多いようです。
 三陸が本場で、養殖もされていますが、最近になって中国が輸入をストップしたため、
 せっかく育てたホヤを価格安定のため廃棄処分してるとか・・・勿体無いですね。
f0290971_954912.jpg

f0290971_9689.jpg

f0290971_962097.jpg

f0290971_963287.jpg

[PR]
# by sikisai03 | 2017-06-21 00:03 | たかが男の料理 | Comments(10)