2017 秋の高山祭り その4 (祭り屋台後半の6台)

 春の山王祭りもそうですが、屋台の並ぶ順番は年によって違います。
 変わらないのは先頭の神楽と次にからくり奉納の屋台でその他はくじ引きなどで決められているそうです。
 でも今年は神楽台の位置が違っていました。
 これはどうも曳き回しのコースによって合理的な場所を選んだようです。 
 今回も前回同様に残りの6台を紹介したいと思います。

 ※ 並んだ屋台の動画はMoreからご覧下さい。
f0290971_433653.jpg

     ↑ 前回のトップ画像は記念道路の東から見た4台でしたが、今回は西から見た残りの屋台です。

f0290971_435133.jpg

f0290971_44381.jpg

     ↑ 以上2枚 神馬台(じんまたい) 
       この屋台は般若の面の刺繍と白丁の人形が曳く白馬が見所です。

f0290971_465993.jpg

f0290971_471594.jpg

     ↑ 以上2枚 仙人台(せんにんたい) 
       他の屋台に見られない唐破風の屋根が特徴の屋台で、ちょっと怖い顔をした仙人が飾られています。

f0290971_474414.jpg

f0290971_48143.jpg

     ↑ 以上2枚 行神台(ぎょうじんたい) 
       この地に縁のある役の行者が祭神とされる屋台で、朱塗りの玉垣や彫刻が素晴らしいです。

f0290971_481571.jpg

f0290971_483618.jpg

     ↑ 以上2枚 宝珠台(ほうじゅたい) 
       一枚板の台車に目を奪われますが上を見ると大きな黒い亀が屋根に飾られています。

f0290971_485592.jpg

f0290971_491277.jpg

     ↑ 以上2枚 豊明台(ほうめいたい) 
       秋の祭りではこの豊明台と次の鳳凰台が豪華とされており、贅沢に施した意匠が素晴らしい屋台です。

f0290971_492651.jpg

f0290971_493731.jpg

     ↑ 以上2枚 鳳凰台(ほうおうたい)
       名工谷口与鹿の獅子の彫刻が素晴らしく、また屋根に飾られた鳳凰も名に相応しく立派です。

More 動画はこちらにあります。
[PR]
# by sikisai03 | 2017-10-13 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(6)

 2017 秋の高山祭り その3 (祭り屋台最初の5台)

 秋の高山祭りの屋台(高山は山車とは言わず屋台と言います)は全部で11台です。
 これは現存している数で、昔はもっと有ったのですが壊れたり火事で燃えてしまったとのことです。
 その11台のうちの5台を今回紹介したいと思います。
 それぞれの屋台と銘板の写真に簡単な説明を加えておきましょう。
f0290971_2481029.jpg

     ↑ からくり奉納の布袋台以外の10台は参道の記念道路に曳き揃えられます。

f0290971_2482976.jpg

f0290971_2484114.jpg

     ↑ 以上2枚 神楽台(かぐらたい)
      祭囃子の太鼓を乗せた屋台で行列では先頭に位置します。

f0290971_2485335.jpg

f0290971_249426.jpg

     ↑ 以上2枚 布袋台(ほていたい)
      布袋様を飾った屋台で、秋のからくり奉納はこれ1台だけです。

f0290971_2491452.jpg

f0290971_249271.jpg

     ↑ 以上2枚 金鳳台(きんぽうたい) 
      屋台初期の様式が濃く、武具を纏った神功皇后と赤子姿の応神天皇の人形が飾られています。
f0290971_2494186.jpg

f0290971_2495596.jpg

     ↑ 以上2枚 大八台(だいはちたい) 
      直径が1.5m以上もある車輪を持つ大八車に飾られた屋台で、磨かれた漆塗りの美しい屋台です。

f0290971_2501088.jpg

f0290971_2502744.jpg

     ↑ 以上2枚 鳩峯車(きゅうほうしゃ) 
      この屋台は綴錦が美しく明人遊苑図の刺繍が持ち味です。
[PR]
# by sikisai03 | 2017-10-12 00:03 | Comments(8)

 2017 秋の高山祭り その2 (様々な準備風景)

 高山祭りには国内外を問わず大勢の観光客の方々がやって来られます。
 満足して帰られるためには受け入れ側の準備も怠り無くやらなければなりません。
 参道に屋台が曳き出される頃、あちこちで集まってミーティングされたり催し物の準備などされていました。
 そんな風景を見ると祭り気分も高まって来ます。

 ※ 動画も用意してありますのでMoreよりご覧下さい。
f0290971_8275335.jpg

     ↑ 氏子の玄関先には神様をお迎えする提灯が飾られています。

f0290971_8282951.jpg

     ↑ 警備関係の人たちは特にからくり奉納の場所を重点的に・・・

f0290971_829233.jpg

     ↑ 祭り屋台を曳き出した後の屋台蔵

f0290971_830232.jpg

     ↑ 案内所には通訳も出来る人が大勢待機されて居りました。

f0290971_8304163.jpg

     ↑ 子供獅子もわらじをしっかり履いて・・・

f0290971_8315824.jpg

     ↑ 屋台を曳いて来て一服の屋台組

f0290971_8335615.jpg

     ↑ からくりを演じる布袋台の人たちも最後のミーティングのようです。

More 動画はこちらにあります。
[PR]
# by sikisai03 | 2017-10-11 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)