寒干し大根

 飛騨市神岡町の山之村地区で古くから伝わる”寒干し大根”と言うのがあり名物となっています。
 お馴染の切り干し大根とは違った製法で、皮を剥いて輪切りにした大根を茹でて冬の寒風に干します。
 寒風と言っても氷点下なので凍ってしまいますが、そうで無ければ出来ないのです。
 ちなみに今日の職場は最低気温がマイナス9℃、最高気温がマイナス3℃の真冬日でした。
 そんな場所でのみ作ることが出来る寒干し大根・・・
 つまりはフリーズドライの仕組みを利用した古くからの知恵、寒い所ならではの環境を逆手に取った手法ですね。
 この写真は山之村ではありませんが、こうして軒に干してあるのを飛騨ではあちこちに見ることが出来ます。
 干し上がった寒干し大根は保存が利き、何時でも戻して炊くことが出来て味も沁みやすく美味しい煮物になりますよ。
f0290971_19361995.jpg

f0290971_19363152.jpg

[PR]
# by sikisai03 | 2016-01-21 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)

 2016年 新春散歩 8

 新春散歩、今日は鍛冶橋界隈です。
 鍛冶橋は高山市の古い町と新しい町を繋ぐ橋として昔から人の往来も多い橋でした。
 宮川の東側は安川通り、西は国分寺通りで鍛冶橋交差点は南北に本町通りが交差して共に商店街です。
 昔この付近は鍛冶屋が多かったことからそう名付けられました。
 最近になって架け替えられた時から欄干に手長増と足長像が飾られています。
f0290971_18363876.jpg

f0290971_18365171.jpg

f0290971_1837464.jpg

f0290971_18371969.jpg

f0290971_1837323.jpg

f0290971_18382119.jpg

f0290971_1838325.jpg

[PR]
# by sikisai03 | 2016-01-20 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)

 2016年 新春散歩 7

 高山市本町二丁目に山櫻神社があります。
 この神社はまるで都会の中にこじんまりと佇む神社のように細い路地の突き当りに社があり広大な社叢はありません。
 祭神として江戸時代初期に実在した名馬「山櫻」が祀られており、火災除けや家内安全、商売繁盛などにご利益があると言われています。
 祭神の「山櫻」についてはこちらを参照して下さい。
 尚、この神社でも8月の1~15日に絵馬市が開かれます。
f0290971_196936.jpg

f0290971_1963348.jpg

f0290971_1964730.jpg

f0290971_1965932.jpg

f0290971_1971224.jpg

f0290971_1972586.jpg

f0290971_1975376.jpg

[PR]
# by sikisai03 | 2016-01-19 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(6)