<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 今年のキノコ (ショウゲンジ) 

 産直や道の駅の山採りのキノコのコーナーに必ずといって良いほど見られるのがこのショウゲンジです。
 フウセンタケ科のキノコで癖が無く歯ざわりも良いので人気があります。
 松茸が出なくなった山に良く出ると言われ、発生する時は一ヶ所で何本も収穫出来るので籠一杯になったりします。
 鍋物に入れるのが一般的ですが、炊き込みご飯や焼き物として使うケースもあると聞きました。
f0290971_1534297.jpg

f0290971_154193.jpg

f0290971_155455.jpg

f0290971_1514204.jpg

f0290971_15143475.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-09-30 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)

 乗鞍岳 登山編 7 トウヤクリンドウと木の実

 乗鞍シリーズも残り僅かになりました。
 今回は夏の高山植物の紹介の時点ではまだ開花していなかったトウヤクリンドウと、 
 赤く色付いた木の実、草の実などを紹介したいと思います。
f0290971_78172.jpg

f0290971_782512.jpg

f0290971_783484.jpg

f0290971_7111346.jpg

     ↑ 以上4枚 トウヤクリンドウ
      リンドウと言う植物は苦いものですがこのトウヤクリンドウも苦く、
       昔は漢方薬として利用されたと聞きます。
       昔話に出て来る孝行息子が深山に分け入ったり高山に登って、
       親の病気を治すための薬草を採取したと言う話がありますが、
       きっとこのトウヤクリンドウだったのでは?なんて思います。

f0290971_784890.jpg

     ↑ タカネナナカマドの実

f0290971_7113679.jpg

     ↑ ウラジロナナカマドの実

f0290971_792570.jpg

f0290971_7115849.jpg

     ↑ 以上2枚 タクシマランの赤い実
[PR]
by sikisai03 | 2017-09-29 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(10)

 今年のキノコ (ツノシメジ)

 キノコの図鑑はたくさん出ていますが、古いものにはほとんど記載が無かったこのツノシメジ、
 どうも新しく認識されて来た種類のように思えます。

 傘も柄も毛羽立っていて見るからに異色のキノコで、そのためか当初は毒キノコ扱いにされ、
 その後は食毒不明種となっていましたが、
 最近は食べたと言う記事があり毒ではないことが判明されたようです。
 それに依ると味は★2つとのことでした。
 
 ただ、何となく食欲の湧かない色形なので(個人的見解)私はまだ食してはいませんが、
 美味しいと報告があれば一度経験してみるのも悪くはなさそうです。
f0290971_5511624.jpg

f0290971_554849.jpg

f0290971_5542249.jpg

f0290971_5544072.jpg

f0290971_5545411.jpg

f0290971_5551631.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-09-28 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 乗鞍岳 登山編 6 ライチョウ

 今回も幸運なことに登山を終えて畳平に着いた時、鶴ヶ池湖畔で親子連れのライチョウに出遭いました。
 7月の時から比べると随分大きくなっており親子の違いが判別し難いほどでした。
 少しだけ冬毛の白い色の羽根が見えていましたが、この時から既に3週間以上も経ったので今はもっと白くなっていることでしょう。
 冬越し用にしっかりと草や木の実を啄ばんでいました。

 ※ 動画がMoreにありますのでご覧になって下さい。
f0290971_62211100.jpg

f0290971_6224026.jpg

f0290971_6225394.jpg

f0290971_623458.jpg

f0290971_6231826.jpg

f0290971_6233018.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-09-27 00:03 | 自然の仲間たち | Comments(8)

 今年のキノコ (クリフウセンタケ)

 クリフウセンタケは別名をニセアブラシメジとも言い、どちらの名前も図鑑に出ています。
 それだけに馴染みの深いキノコと言えますね。
 一ヶ所に列を作って出るので収穫量も多く、そんなシロを知っていると毎年楽しみになります。
 この日はまだ出始めの蕾が少し採れましたが、多い時はスーパーのレジ袋一杯になることもあります。
 癖が無く美味しいだしの出るキノコなので、煮たり焼いたり炒めたり何でもこなせるので重宝します。
f0290971_520863.jpg

f0290971_5201957.jpg

f0290971_520291.jpg

f0290971_5204019.jpg

f0290971_5205059.jpg

f0290971_5205983.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-09-26 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(12)

 乗鞍岳 登山編 5 ホシガラス

 7月の時は少なかった乗鞍のホシガラス、今回はたくさん飛んでいました。
 ホシガラスは亜高山帯を住処としているのでなかなか出遭うことのない鳥ですが、
 この時期の乗鞍ではあちこちを飛び回る姿が見られます。
 と言っても単に飛んでいるだけではなく彼らの目的はハイマツの実、つまり松ぼっくりなのです。
 冬越しに必要な脂分を摂取のため集まって来るのです。

 岩の上には砕かれた松ぼっくりの残骸を見ることがありますが、中には何処かに隠して保存していると言われています。
 忘れられた実はその地点で発芽することがあり、ハイマツの分布を広げる手伝いをしているとも考えられますね。

 ※ 動画も用意してありますのでMoreからご覧になって下さい。
f0290971_4572625.jpg

f0290971_4573593.jpg

f0290971_4574764.jpg

f0290971_457575.jpg

 ※ 最初の2枚の写真の岩の左上に砕かれた松ぼっくりが見えます。

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-09-25 00:03 | 自然の仲間たち | Comments(8)

 今年のキノコ (マイタケ)

 今年はキノコ発生が悪いと書きましたが、マイタケとて例外ではなく聞こえて来る情報も良いものではありませんでした。
 何時もの年であれば9月も中半になるとなるとワクワクしながら山に行ったものですが、今年はその気も薄れて・・・
 そんな折、近くの山へ他の用事で出掛けた時に思わぬ出遭いがありました。
 カメラも持参していなくて現地の写真や動画も撮れなかったのが残念でしたが、合計5株の採り頃のマイタケは嬉しかったです。
 それにしても家から30分も掛からない近場に・・・
 今まで気付かなかったのは競争相手に先を越されていたからなのかな?
f0290971_1357541.jpg

f0290971_13571590.jpg

f0290971_1357275.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-09-24 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(18)

 乗鞍岳 登山編 4 

 乗鞍岳の剣ヶ峰への登山の帰路の途中、摩利支天岳にあるコロナ観測所へと足を延ばしました。
 此処は山頂まで車道があるので楽に行くことが出来ます。
 剣ヶ峰からとは少し違ったパノラマが楽しめる身近な山ですがあまり訪れる人は多くはありません。
 昭和40年に開催された第20回国民体育大会の折、聖火の採火地点に選ばれてこの地で採火され岐阜県総合運動場陸上競技場まで運ばれました。
 その時の最終ランナーは現岐阜県知事の古田肇氏だったことはあまり知られていないかも?

 ※ 動画も用意してありますのでMoreからご覧になって下さい。
f0290971_4312368.jpg

     ↑ コロナ観測所のある摩利支天岳への道

f0290971_4313673.jpg

     ↑ 途中で振り返った所から富士見岳(左)方面

f0290971_4314675.jpg

     ↑ 摩利支天岳と尾根続きの無名のピーク

f0290971_432163.jpg

     ↑ 不動岳(右)と里見岳(左)

f0290971_4321333.jpg

     ↑ 摩利支天岳から見下ろす肩の小屋と宇宙線研究所

f0290971_4322420.jpg

     ↑ 国立天文台

f0290971_4323745.jpg

     ↑ コロナ観測所の建物

f0290971_4324772.jpg

     ↑ 摩利支天岳から北方向の畳平周辺

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-09-23 00:03 | 山歩き | Comments(8)

 今年のキノコ (スミゾメシメジ)

 スミゾメシメジは数本が株立ちして一見ホンシメジに似ていますが、傘の感じが皮質のように少し違って居ます。
 また傘の裏を見ると薄墨を引いたような斑紋が見られるキノコです。
 似たものにカクミノシメジがありますが、根際に白い細かな菌糸がある方がスミゾメ、ない方がカクミノです。
 このキノコは安全で極めて美味しいのですが、熱を通すと黒変してしまうので見た目はイマイチ、
 今回はそんな訳で調理の画像はありませんが油炒めにしました。
 流石「味シメジ」のグループですね、印象に残る味と食感でした。
f0290971_18141242.jpg

f0290971_18142220.jpg

f0290971_18143528.jpg

f0290971_18144615.jpg

f0290971_18145668.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-09-22 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 乗鞍岳 登山編 3 

 蚕玉岳から剣ヶ峰まではまた急な登りになります。
 登り掛けて路は二手に分かれますが、私は往路は右側、下りは左の山頂小屋経由を選びました。
 山頂はそんなに広くなくて岐阜県側には乗鞍本宮が、そして長野県側には小さな祠があります。
 周囲には大勢の登山客が休憩されていて、中には携帯コンロで湯を沸かしてコーヒーを飲む人も・・・
 私は先ず本宮に無事到着のお礼のお参りを済ませて写真や動画の撮影をしました。

 ※ 動画はMoreにございますのでご覧になって下さい。
f0290971_19544670.jpg

     ↑ 剣ヶ峰山頂の標識

f0290971_1955273.jpg

     ↑ 乗鞍本宮

f0290971_19554732.jpg

     ↑ 山頂からの日本の屋根とも言われる飛騨山脈のパノラマ (画像サイズを大きくしてあります)

f0290971_195559100.jpg

     ↑ 権現池とその向こうに雲海の広がる高山市、そして一番奥が白山です。

f0290971_1956924.jpg

     ↑ 大日岳(手前)とその奥に御嶽山

f0290971_19561971.jpg

     ↑ 高天原(手前)と右側の向こうに濃く見えるのが木曽山脈、更に奥に薄く見えるのが赤石山脈です。

f0290971_19563034.jpg

     ↑ 赤石山脈を望遠で写しましたが富士山が判りますか?

f0290971_19564326.jpg

     ↑ 更にアップしてみると、赤石山脈の北岳の左側に富士山山頂の左側一部が観えています。

f0290971_19565680.jpg

     ↑ 山頂を後にして下りに一枚・・・

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-09-21 00:03 | 山歩き | Comments(8)