<   2017年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 新潟名物 笹だんご

 新潟へ行くと何時も目にする名物の笹だんごは至る所で売られています。
 土産物屋や駅の売店、道の駅などでは定番で、スーパーにも置いてあります。
 今回は柏崎市のとらやのを買って帰りました。
 大きな工場で作る笹だんごでは無く手作りの小さなお店の物だとかで拘って作っているそうで、
 よもぎの分量も他の倍ほど使ってるとかで色も濃いです。
 本当は私はこしあんの方が好きなのですが、限定個数販売のためかこのつぶあん一袋しか残っていませんでした。
f0290971_16272763.jpg

f0290971_16274191.jpg

f0290971_16275469.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-05-23 00:03 | 小さな旅 | Comments(4)

 ミヤマエンレイソウ (シロバナエンレイソウ)

 赤褐色のエンレイソウに似た白い花を咲かせるミヤマエンレイソウ(別名をシロバナエンレイソウ)と言うのがあります。
 これだけで群生している場所ももちろんありますが、エンレイソウに比べると少ないようです。
 また北海道には更にこの白い花が大きいオオバナノエンレイソウと言うのがあります。
 一度も見たことの無い花なのでその内に・・・と思いますがやはり北海道は遠いです。
f0290971_727266.jpg

f0290971_727151.jpg

f0290971_727259.jpg

f0290971_7273794.jpg

f0290971_727495.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-05-22 00:03 | 山野草 | Comments(12)

 半年ぶりの新潟

 昨年の11月以来半年ぶりで新潟へ行って来ました。
 何時も寄る加茂市の六斎市や弥彦山、それに寺泊の魚市場と、私にとっては定番ですが天気も良くて楽しめました。
 弥彦山へ登ったのは2年振りです。
 ちょうど日曜日だったのでたくさんの人が訪れていました。
 最近、サイクリングで登る人が多いようです。
f0290971_824930.jpg

f0290971_83125.jpg

f0290971_831265.jpg

f0290971_832242.jpg

f0290971_833281.jpg

f0290971_834851.jpg

f0290971_835920.jpg

f0290971_84820.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-05-21 00:03 | 小さな旅 | Comments(8)

 アズキナの油炒め (ナンテンハギ)

 アズキナは同じマメ科であっても小豆とは関係の無い植物で正式名はナンテンハギのことです。
 昔から飛騨高山では他の山菜より重宝がられて、市民であれば先ずその名を知らない人はいないほど、
 春には若葉を摘む人があちこちの土手に見られます。
 同じ飛騨でも食べない所が多いので本当に狭地性の嗜好と言うことになります。
 もちろん今では栽培もされてスーパーにも時期になると並ぶようになりました。
 食べ方としては天ぷらのタネにするのが一般的ですが油炒めも甘くて美味しいです。
 今回はたくさん採れたので油炒めにしました。 
f0290971_654431.jpg

f0290971_6541617.jpg

f0290971_6542990.jpg

f0290971_6544052.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-05-20 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(8)

 何時もの風景 (若葉燃ゆ)

 久し振りの何時もの風景となりました。
 前回はまだ春浅い山里の風景でしたが、ようやく緑の梢が拡がって良い季節の到来です。
 手前の畑はまだ何も植えられていないようですがそろそろ農作業も始まるようです。
 先日の15日には乗鞍スカイラインも開通しました。
 乗鞍にはまだ雪がたくさん残っています。
 登山バスも雪の壁を縫って登っているでしょうね。 
 (※ 2枚目はクリックすると画像が大きくなります)
f0290971_199326.jpg
f0290971_19101311.jpg

f0290971_19104360.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-05-19 00:03 | 何時もの風景 | Comments(10)

 毒草!注意! (ハシリドコロ)

 山菜のカテゴリに入れると誤って食べられる危険性があるので山野草に入れましたが、
 本当は山菜に入れて注意喚起したい植物です。
 ハシリドコロとは中毒症状が”所構わず走り回る幻覚に陥る”とか、それだけならまだ良いですが死亡例もあると言うので注意が必要です。
 何と間違えて食べるのか?と思いますが、思い当たる節は無く見た目が美味しそうに見えるからでしょう。
 間違いやすい山菜は無いのでこの容姿を覚えておかれれば良いかと思いますが、
 ナスのような葉の形と最後の写真に見えるようなあずき色の花を咲かせるのが特徴です。
f0290971_1725535.jpg

f0290971_17251839.jpg

f0290971_17253254.jpg

f0290971_17254466.jpg

f0290971_145011.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-05-18 00:03 | 山野草 | Comments(4)

 山でクマに会う方法

 「山でクマに会う方法」とはまた物騒な表題ですが、山と渓谷社からこんな本が出ました。
 山歩きをしている私としては避けては通れない問題でとても興味があります。
 毎年1、2度は私も熊と遭遇しており、少しはその習性や生態に付いては予備知識も持っているつもりです。
 しかしそれで充分と言うことは無く知識と言うものはこれで良いと言うことはありません。
 「今年も会えるかな?」と秘かな期待はしているものの、なるべく出遭わないようにすることが一番大切かも知れませんね。
 それにしてもさすがAmazon・・・ネットで頼んだらもう翌日には手元に着きました。
f0290971_855793.jpg
 
[PR]
by sikisai03 | 2017-05-17 00:03 | 山歩き | Comments(10)

 ヒトリシズカ

 何処となく奥ゆかしい古風な名前ですがそれが何故かしっくりするような気がします。
 日本ならではの命名でしょうか・・・
 この時期、少し山手の湿った林道など歩いていると数本が株になったのがあちこち目に付きます。
 そう言えば同じセンリョウ科 チャラン属で似た名前の花にフタリシズカと言うのもあります。
 以前のブログで確かアップしていたと思って検索しましたがヒットせずで、
 これはまだ記事にしていなかったのかも知れません。
 今年は早々に写真に撮って来なければ・・・
f0290971_7102879.jpg
 
f0290971_7104476.jpg

f0290971_7105746.jpg

f0290971_71182.jpg

f0290971_7111980.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-05-16 00:03 | 山野草 | Comments(12)

 釣って来た岩魚は美味しく・・・

 先日釣って来た5匹の岩魚は美味しく頂きました。
 型も大きめで揃っていましたが、やゝ大きいのを2匹刺身にして頭や中骨はお吸い物に、
 他の2匹は塩焼きと小さめの1匹は・・・もちろん岩魚と言えば骨酒ですね~
 骨酒だけ写真を撮るのを忘れました。
 そうです、早く飲みたかったからです(笑)
f0290971_9542731.jpg

f0290971_9544080.jpg
f0290971_9562849.jpg

f0290971_9564076.jpg

 刺身だけ何枚も載せて済みません、写真が少なかったものですから・・・(^-^;
[PR]
by sikisai03 | 2017-05-15 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)

 常泉寺川の枝垂れ桜

 少し遅くなりましたが大祭の取材をした日、神社の前を流れる常泉寺川の枝垂れ桜があまりにも美しかったので写真に撮って来ました。
 常泉寺川は以前記事にしましたが、バイカモが見られる貴重な川です。
 今は上流で工事が進められており多少濁ってはいたものの普段は美しい清流なのです。
 土手にはまだ樹齢は若いもののたくさんの桜が並木になっており、ちょうど満開で大祭に訪れた人たちを出迎えてくれていました。
 この桜並木も後世になって名所となることを期待したいですね。
f0290971_16414141.jpg

f0290971_16415617.jpg

f0290971_1642813.jpg

f0290971_16421973.jpg

f0290971_16423442.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-05-14 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(6)