<   2017年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 高山祭屋台総曳き揃え その2

 今回の屋台の曳き揃えは特別なイベントなので並べられる場所がそれぞれの毎年同じの所定場所と違って、
 春の祭り区域の上二之町と秋の祭り区域である下二之町及び江名子川畔などに決められています。
 これは初日のことで2日目はまた違った場所だったのですが・・・
 そんな訳で全部の屋台を見ようと思えばからくり奉納の陣屋前広場から上、下の二之町筋を歩かなければなりません。
 結構な距離になりますが、ここは頑張って行って来ました。
 雰囲気を見てもらうためにビデオを回しながら歩きましたがこれがなかなか大変で、
 人の波を避けての行動なのでカメラがうごいてしまいアングルが定まらず、
 後で見直しても「何か、酔いそうな」気がします。
 それでも見たいと思われる方はMoreよりご覧下さい。
f0290971_18482587.jpg

f0290971_18485849.jpg

f0290971_1850142.jpg

f0290971_18505722.jpg

f0290971_18513830.jpg

f0290971_1852212.jpg

f0290971_1853314.jpg

f0290971_18534440.jpg
f0290971_18575636.jpg

f0290971_18562276.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-04-30 18:59 | 飛騨からのあれこれ | Comments(4)

 高山祭屋台総曳き揃え その1

 以前に予告しておりましたユネスコの文化遺産に高山祭の屋台行事が登録されたことを記念する屋台の総曳き揃えが昨日行われました。
 天気予報は午後ににわか雨があるとのことで引き揃えが出来るか心配でしたが朝は晴れて良い天気、
 少し早めに家を出て会場へと急ぎました。
 お蔭様で私が見ている最中は雨が降らなかったので取材もしっかり出来て写真も数多く写すことが出来ました。
 また例によって数回に分けて報告したいと思います。

 8枚の写真の内上半分の4枚は春の山王祭の屋台と秋の布袋台、下4枚は秋の八幡祭の屋台が写っています。
 中でも貴重なのは中橋を渡る布袋台の写真で、祭り区域が違うので普通は布袋台が中橋を渡ることはありません。(最初の写真)
 また陣屋前広場にはからくり人形が奉納される春祭りの屋台だけなのですが、今回は布袋台が入っていることも珍しいです。(3枚目の右端の屋台)
 ※ 中橋を渡る屋台の動画もありますのでMoreよりご覧下さい。
f0290971_1984852.jpg

f0290971_199770.jpg

f0290971_1992171.jpg

f0290971_1993533.jpg

f0290971_1995039.jpg

f0290971_1910362.jpg

f0290971_19101660.jpg

f0290971_19102939.jpg


More 動画は動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-04-30 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(12)

 蕗味噌

 先日摘んで来たふきのとうですが、予定通り蕗味噌にしました。
 よく「蕗味噌は苦い」と言われる方がありますが、多少の苦みも春の味なのでそのまま楽しまれることをお勧めします。
 苦くない蕗味噌を作るにはふきのとうを選んで採ることが大事です。
 私は雪解け直ぐのものを採って来るようにし、日当たりの良い場所で長く日に当たったものは使いません。
 また調理の時は先ず油で炒めてから味付けするようにしています。
 そのことを心掛けるだけで苦みも薄れます。
 また花の開き切った部分はなるべく使わないことも良い方法です。
f0290971_10163433.jpg

f0290971_10164468.jpg
f0290971_10275784.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-29 00:03 | たかが男の料理 | Comments(14)

 臥龍桜が満開になりました

 高山市一之宮町には樹齢1.100年余りのエドヒガンザクラがあり、龍が寝そべっている姿に似ていることから臥龍桜と呼ばれています。
 今年は何時もの年より少し開花も遅れましたが、ようやく満開となり見頃を迎えています。
 本当は青空の下で写真に収めたかったのですがなかなか行く機会が無く曇り空の日になってしまいました。
 しかし人が居ない早朝を狙って行ったので貸し切り状態でした。
f0290971_14321021.jpg

f0290971_14322772.jpg

f0290971_14324353.jpg

f0290971_14325839.jpg

f0290971_14331427.jpg

f0290971_1433269.jpg

f0290971_14334431.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-28 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(11)

 ふきのとう

 暖地ではもうすっかり終わってしまったふきのとうがこちら飛騨の山奥では今が食べ頃になっています。
 谷間の日当たりの良い林道を歩けば、雪が溶けた所からたくさん顔を覗かせています。
 それぞれに表情があって写真写りもなかなか良いですね。
 大きくて花が咲き始めたものは天ぷらには向きませんがふき味噌なら大丈夫です。
 香り高い山蕗を楽しんでみたいと少し摘んで帰りました。
f0290971_1015227.jpg

f0290971_102411.jpg

f0290971_1021757.jpg

f0290971_1023017.jpg

f0290971_1024116.jpg

f0290971_1025325.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-27 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(12)

 マフグ1匹をコースに・・・

 1匹336円(消費税別)で売られていたマフグを富山のスーパーから買って来ました。
 この日の朝、氷見漁港で揚がったので新鮮そのものです。
 マフグもトラフグ同様に毒があるので素人は捌けません。
 これは調理済みで身欠きの状態でしたので安心して調理出来ます。
 これでフグのコース料理を作りたいと思います。
f0290971_19463287.jpg

     ↑ このマフグの長さは25㎝ほどで200g以上あります。

f0290971_18245884.jpg

f0290971_18251364.jpg

     ↑ 三枚におろして余計な身の部分を切り取り薄皮を剥きました。

f0290971_18252370.jpg

     ↑ 他の作業が終わるまで身の部分はキッチンペーパーに包んで冷蔵庫で休んでもらいます。

f0290971_1825338.jpg

     ↑ アラの部分はふぐのお吸い物に・・・

f0290971_18254616.jpg

     ↑ 身皮は湯通ししてふぐ雑炊にする予定です。

f0290971_18255815.jpg

     ↑ 一通り出来上がりましたので実食へ・・・(笑)

f0290971_1826852.jpg

     ↑ 生憎、ふぐ引き包丁が我が家には無いので極薄という訳には行きませんが、柳葉包丁を使って何とかてっさの形だけは・・・(汗)
       でも味や食感はプロの捌きと大して違いなく美味しかったです。

      これも魚が新鮮が故ですね。
[PR]
by sikisai03 | 2017-04-26 00:03 | たかが男の料理 | Comments(12)

 ぜんまい

 山菜は”こごみ”や”うるい”など一部を除いてアクが強く、そのため手間が掛かるものが多いですが、
 ゼンマイもその一つで、そのままでは苦くて食べられません。
 ワラビの保存と同じように茹でて天日乾燥しなければならなくて、
 しかも干している時は数回手で揉んで柔らかくもしなければなりません。
 でも油でで炒め煮にした一品は美味しくて、その手間も惜しんでは居られません。
 今年も見付けたら少しずつ採って干しておくことにしましょう・・・
f0290971_8305975.jpg

f0290971_8311034.jpg

f0290971_8312282.jpg

f0290971_8313284.jpg

f0290971_8314363.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-25 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(12)

 カタクリの花

 根雪が溶けて土手からも草花が芽吹くと気持ちも昂まって来ます。
 中でもこのカタクリの花が咲くともう春爛漫の気分になりますね。
 マスコミでもスプリングエフェメラルの代表種として春は何時も話題に上ります。
 もっとたくさん咲く群生地も知っていますがそこはまだこれからなので、
 先ずは数株でもいち早く・・・
 しかしこの花、日向と日陰では写真の趣が随分違うものですね。
f0290971_814470.jpg

f0290971_8131641.jpg

f0290971_813286.jpg

f0290971_8134076.jpg

f0290971_8135176.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-24 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(10)

 ようやく飛騨の桜も開花しました

 もうほとんどの所では散ってしまったソメイヨシノザクラが飛騨ではこれからが見頃となります。
 此処は今まで何度か記事にした場所ですが、国道端にある桜と梅が見られる場所です。
 飛騨は梅と桜が同時に開花するとさえ言われているほど梅の開花も遅れます。
 若干は梅の方が早いのですが、こうして両種が同時に見られる場所もあります。
 他に菜花や椿までも・・・
 いよいよ飛騨も本格的な春です。
f0290971_16322637.jpg

f0290971_16331324.jpg

f0290971_16563460.jpg

f0290971_16565025.jpg

f0290971_1657828.jpg

f0290971_16572325.jpg

f0290971_1657342.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-23 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(12)

 猪肉のジャーキー

 冷凍庫に保管してあった猪の肉でジャーキーを作りました。
 ジャーキーは牛肉ではお馴染みの保存食ですがジビエの鹿や猪の肉でも作れます。
 燻製に似ていますが乾燥して水分をほとんど飛ばすのでしっかりとした歯ごたえに旨味が凝縮された感じで美味しいです。
 解凍した肉は薄く削いで調味料に一日浸して風乾、その後軽く温燻にします。
 これはご飯のお供と言うより酒の肴、それもウイスキーには良く合いますよ。
f0290971_1613389.jpg

f0290971_16131559.jpg

f0290971_16132659.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-22 00:03 | たかが男の料理 | Comments(6)