<   2017年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 白い雪

 雪が白いのは当たり前ですが毎年この時期になると黄砂が降って雪の面が黄色く汚れます。
 しかし今年は3月に入って何度も雪が降っていますが真っ白なまま・・・
 こんなところにも最近の異常気象が感じられます。
 そうそう、まだ奥飛騨ではこんなに残雪がありますよ。
 この辺りでは春は何時来るのだろうか・・・
f0290971_18351015.jpg

f0290971_18352242.jpg

f0290971_18353289.jpg

f0290971_18354290.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-25 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(0)

 ヒラアジの手巻き寿司

 刺身用のヒラアジが売られていてこのスーパーにしては少し値段が高めでしたが、
 長さ40㎝ほどあり普通ならこの倍はするであろう魚です。
 脂がしっかり乗っていて刺身にしても良いとのお勧めだったので買って来ました。
 結局、手巻き寿司の具にしたのですが、半身で充分な量・・・
 宣伝通りちゃんと脂も乗っていて鮮度が良く、身はコリコリでとても美味しかったです。
 手巻き寿司用の海苔は特別に購入している桑名産でこれまた他に類を見ないほどの美味しい海苔です。
 他にも手巻き寿司のネタがあり、最近、ダイエットに勤しんでいるせいか、胃が小さくなったようで一部残してギブアップでした!
f0290971_18183821.jpg

f0290971_1818517.jpg

f0290971_1819152.jpg

f0290971_18191160.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-24 00:03 | たかが男の料理 | Comments(10)

 ウミユリとフズリナの化石

 以前のブログでピンナと言う貝の化石やシダの化石などを紹介しましたが、
 今回は子供の頃に探し出したウミユリとフズリナの化石です。
 高山市には飛騨大鍾乳洞があり、その一帯の地質は石灰岩となっています。
 化石はその中に含まれているもので、太古の昔は海の底だったことがそれによって窺えます。
 海抜がマイナスの場所が現在は標高1,000m近くなんてちょっと信じられないですね。
f0290971_18184538.jpg

f0290971_18193053.jpg

f0290971_18194861.jpg

     ↑ 上三枚はウミユリの化石です。
      ウミユリはウィキペディアによると、
      ユリと名が付いていても植物ではなくヒトデやウニと同じ棘皮動物の仲間とあります。
   → https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9F%E3%83%A6%E3%83%AA
f0290971_18202828.jpg

f0290971_18203874.jpg

f0290971_18204857.jpg

     ↑ そしてこの3枚はフズリナの化石です。
      またフズリナは同じくウィキペディアによると、
      紡錘虫類(fusulinid)のことで原生動物有孔虫とあります。
→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%8A

 ※ ウミユリ、フズリナ共に2枚目、3枚目の写真は磨きをかけて見やすくしてあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-03-23 00:03 | 収集癖 | Comments(8)

 時季外れの山ウドのきんぴら

 昨年採って塩漬けにしておいた山ウドがまだたくさんあります。
 早く食べないと間も無く新物が出て来ます。
 もちろん栽培物は正月過ぎからスーパーでは売っていますが、味、香りとも山ウドには適いません。
 これは味噌漬け用にと保存しておいたのですがそんなに味噌漬けばかりも食べていられません。
 そこで今回は塩抜きをしてきんぴらにしました。
 旬の生を使うのではないので色はそれなりですが、香りの強い山ウドは塩抜きにもめげず風味を残しておいてくれました。
 お蔭で美味しく頂きました。
f0290971_8322474.jpg

f0290971_8323529.jpg

f0290971_8165664.jpg

f0290971_817522.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-22 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)

 つい!アマゾンで「ポチッ!」と・・・

 最近は登山らしい登山もしないのですが、山歩きは結構勤しんでいます。
 今まで着ていたウエアーが古くなったので見るとはなしにアマゾンのページを見ていたら防水・防寒のジャケットを発見!
 これって衝動買いなのでしょうね思わず「ポチッ!」と・・・
 ついでなので帽子も一緒に注文しました。
 アマゾンの商品ページって「この商品を買った人はこんな商品も・・・」などと余計な広告があります。
 そのお陰で・・・ コーディネート感覚ゼロの私、笑ってやって下さい。(笑)
f0290971_882481.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-21 00:03 | その他 | Comments(12)

 新井のうどん

 以前のブログで紹介していた新井製麺所は2014年の初めに閉店したのですが、その後場所を替えて復活しています。
 新しい店は「新井こう平製麺所」と言う名前で岡本町にあります。
 以前の天満町へは何度も通った常連客の一人でしたが閉店してからはもちろん、新しい店が出来てもなかなか行く機会がありませんでした。
 しかし最近になって知人から話を聞いているうちに懐かしくなり行ってみました。
 メニューは相変わらずうどんに卵とかき揚げ天ぷらのトッピングで、湯付きとかけのどちらかなのでとてもシンプルです。
 私は以前の店の時と同じで麺が1玉、茹で卵、天ぷら入りのかけうどん(460円)を注文しました。
f0290971_1282634.jpg

f0290971_1285119.jpg

f0290971_12925.jpg

f0290971_1292116.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-20 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(6)

 氷点下の森 2017年その10

 私が会場に着いた時に宿の若主人がライトアップの点灯に出て来られ、その時に「後でシャボン玉を飛ばすから・・・」と仰って頂きました。
 楽しみにしていたら30分ほど後だったでしょうか、ライトアップをバックに何度も飛ばせて見せて下さいました。
 他に居合わせた観光客の方たちも興味深く見ておられました。
 確かにシャボン玉が氷点下の空気の中では凍るのです。
 夜間の暗闇なので良く判りませんが、動画の最後の方の逆光のシーンでは結晶がご覧になれると思います。
 ※ 尚、動画は何時ものようにMoreにあります。
f0290971_8443855.jpg

f0290971_844521.jpg

f0290971_845473.jpg

f0290971_8451620.jpg

f0290971_847482.jpg

  以上で今年の氷点下の森のシリーズは終了致します。

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-03-19 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(4)

 ピーマンの醤油炒め

 先日ブログのお友達のところで見たピーマンの醤油炒め・・・
 私も好物なので時々作ります。
 何と言っても炒めて醤油を回し掛けるだけの簡単料理なので忙しい時には嬉しいです。
 ピーマンが嫌いな人でも案外食べられるほど美味しいので作ってみられてはいかがでしょう?
 ただ一つ私のこだわりは広島で作られている天然かけ醤油を使うこと、
 醤油はいくつかの種類を常備していますが、我が家ではこの醤油が一番出番が多いです。

 ※ 私の作り方
 フライパンにサラダ油を熱し、ピーマンを炒め、醤油を回し入れてブラックペッパーを軽くふりかけ、
 最後はバターでコクを出します。
f0290971_7124926.jpg

f0290971_713433.jpg

f0290971_713179.jpg

f0290971_7132673.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-18 00:03 | たかが男の料理 | Comments(12)

 氷点下の森 2017年その9

 さて氷点下の森シリーズも大詰め、ここからは動画のアップです。
 先ずはお決まりの氷柱のライトアップ、次回はシャボン玉です。
 ※ 動画は何時ものようにMoreにあります。
f0290971_8281870.jpg

f0290971_8283133.jpg

f0290971_8284279.jpg

f0290971_8285280.jpg

f0290971_829282.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-03-17 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(2)

 何時もの風景 (春の足音が聞こえる・・・)

 前回の記事から3週間、何時もの風景にもようやく春の兆しが見えて来ました。
 乗鞍連峰の北の端からご朝日が昇ろうとしているところです。
 ここのところの好天で西向きの土手は残雪も消えてしまいました。
 まだ雪の舞う日があるので、このまま春へとは行きませんが、何となく心浮き浮きする季節です。
f0290971_19513391.jpg

f0290971_19514562.jpg

f0290971_19515512.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-16 00:03 | 何時もの風景 | Comments(6)