<   2017年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 サバ缶の白菜煮

 寒い日のお昼ご飯にはサバ缶と白菜を煮ただけのシンプルな鍋が美味しいです。
 サバ缶は水煮を使いますが、塩味が付いているので軽く醤油を注す程度で出汁も使いません。
 今回は紅生姜を少し入れましたが一味を振っても美味しいです。
 それを石油ストーブの上に乗せてゆっくり煮ます。
 弁当のご飯が冷たくてもサバと白菜の熱々を乗せて食べたら温まりますよ~
 山小屋での生活はシンプルでも素朴で良いものです。
f0290971_18272970.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-01-12 00:03 | たかが男の料理

 八重山の思い出 ① セマルハコガメ

 写真の整理をしていたら昔の八重山の写真が見付かりました。
 以前はほとんど毎年のように石垣島や西表島など八重山へ行ったものでした。
 最近はとんとご無沙汰になってしまいましたが、定宿だったペンションからはいまだに年賀状が来ます。
 そんな八重山の思い出多き自然をシリーズで紹介したいと思います。

 今回は国の天然記念物のセマルハコガメ(ヤエヤマセマルハコガメ)です。
 イシガメの仲間なのですが陸ガメで腹甲を折り曲げて背甲との隙間を完全に閉じることが出来るところからハコガメの名前があります。
f0290971_18334678.jpg

f0290971_1834137.jpg

f0290971_18341756.jpg

f0290971_18342923.jpg

f0290971_18345063.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-01-11 00:03 | 八重山の思い出

 ノビル

 ノビルは、ヒガンバナ科ネギ亜科ネギ属の多年草です。
 春の山菜として知られていますが、実際この時期には同属のアサツキと違ってすっかり伸びています。
 今年は根雪が遅いので日当たりの良い土手のあちこちにこうした群落がみられます。
 葉を擂り潰すとネギ独特の匂いがしますが、食べる部分はと言うと球根です。
 生もしくはさっと湯通しして味噌を付けて食べるのが定番です。 
f0290971_19241629.jpg

f0290971_1924317.jpg

f0290971_19244248.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-01-10 00:03 | 山菜と木の実

 スキー場の雪造り

 今年のスキーシーズンは中部地方のスキー場も雪不足から一部滑走可能はまだ良いとしてもオープンすら出来ない所が多いようです。
 「雪が降らなければ降らせてやろう」という訳で、人口降雪の設備のある所ではフル稼働です。
 しかし、設備は有っても気温がマイナス5℃以下にならないと質の良い雪が作れず、四苦八苦しておられるようです。
 スノーマシーンはコンプレッサーで圧縮した空気と水を混ぜて空中に噴霧するだけの単純な仕組みですが、
 実際には結構難しい作業なのです。
 小寒から大寒に向け一番寒い季節を迎えているので人工雪より天然雪が降り続いてくれることを何処のスキー場も願っていることでしょう。
f0290971_18473870.jpg

f0290971_18475593.jpg

f0290971_1848610.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-01-09 00:03 | 飛騨からのあれこれ

 月齢9.2の月

 久し振りに月を撮ってみました。
 昨夜の月齢は9.2、上弦の月も私のお腹ほど膨らんで来た状態でしょうか・・・
  (ニコン・コンデジ coolpix p610で撮影)
f0290971_2041361.jpg

 ※ 一枚画像なのでサイズを大きくしてあります
[PR]
by sikisai03 | 2017-01-08 00:03 | 日々の発見

 モダマ

 以前何度も八重山へと足を運びました。
 飛騨には全く無い自然が好きで、山遊びや砂浜遊びなど毎回違った発見があって面白かったです。
 何度目かに行った時はジャングルに入って持ち主の許可を得て、
 木に登ってモダマと言う大きな豆を採ったことがありました。
 木の枝にも時々登っていると言う猛毒のヘビ、ハブを気にしながら・・・
 それでも珍しさも手伝ってバカ力で何とか蔓を手繰り寄せて豆を収穫しました。
 この豆、日本で一番の大きさになるとかで長さは1mを超えます。
 現地から宅急便で自宅に送った後、乾燥させて保存しています。
 これはこれで昔の八重山通いの思い出の一品なのです。  
f0290971_19104582.jpg

f0290971_1911143.jpg

 実際のモダマの画像があります。
 やえやまなび http://yaenavi.com/17399.html
[PR]
by sikisai03 | 2017-01-07 00:03 | 収集癖

 幻 ぶりの寿し

 富山のます寿司と言えば有名で、各地で開かれる駅弁大会でも必ずと言って良いほど出品されていますね。 
 その富山県では鱒ずしの他にぶり寿司と言うのも最近良く見かけます。
 中でも曰く付きの「幻のぶりの寿し」と言うのを頂きました。
 何が幻なのか良く分かりませんでしたが、厳選された素材を使っているとのことでぶりの身の厚みも厚く、
 裏側にまで巻いてあるのは他に知りません。
 生の笹の葉に包んであり、その香りも移っていて美味しく頂きました。
f0290971_20171451.jpg

f0290971_20175777.jpg

f0290971_20181295.jpg

f0290971_20182313.jpg

f0290971_20185495.jpg



 
[PR]
by sikisai03 | 2017-01-06 00:03 | その他

 何時もの風景 (2017年新春)

 新年の「何時もの風景」です。
 乗鞍の山裾に霧が見えるものの快晴の朝です。
 何時もなら道路脇には除雪された雪が見られるのですが、今年は暖冬でまだ根雪もありません。
 最近はクリスマス寒波も年末寒波も予想だけで実際はあまり降りません。 
 車の運転には都合が良いですが、欲しい所もたくさんあります。
 そう言った所だけ降ってくれると良いと言うのは都合が良いと言われそうですね。
f0290971_1935169.jpg

f0290971_19351246.jpg

f0290971_1935249.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-01-05 00:03 | 何時もの風景

 湯神様

 時々通る道に「湯神様」と書いた標識があります。
 気になっていたのでその場所へ降りてみたら祠があり、中に仏さまが祀ってあります。
 でも由来などを書いた看板も無く、詳しく知ることが出来ません。
 「家に帰ってネットで調べれば何か分るかも?」と思い写真だけ撮って来ました。
 しかし検索しても何もヒットせず、分からないまま記事にすることになってしまいました。
 この辺りは別に温泉が出る訳でも無いので「湯」とは何ぞやですね。
 (今後判りましたら追記することと致しましょう)
f0290971_1513688.jpg

f0290971_1515150.jpg

f0290971_152275.jpg


[PR]
by sikisai03 | 2017-01-04 00:03 | 飛騨からのあれこれ

 牡蠣雑煮

 牡蠣雑煮と言うと牡蠣の有名産地、広島の雑煮のようです。
 今年の元旦は牡蠣を入れることだけ真似て飛騨風の雑煮にしてみました。
 広島では丸餅ですが飛騨は各餅、それに合わせる具材も違いますがやはり牡蠣が入ると美味しいですね。
f0290971_14503721.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-01-03 00:03 | たかが男の料理