<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 暮れ行く2016年

 2003年から始めた四季彩日記ももう三代目となり新年を迎えるのは通算で13回目となりました。
 その度にお世話になった行く年を振り返りご挨拶をさせて頂いて来ました。
 今年もたくさんの方に訪問頂き、またコメントも数多く残して頂き本当に有難うございました。
 毎日更新がゆえにネタに行き詰ることもありますが、来年も何とか続けて行こうと思っております。
 どうか引き続きよろしくお付き合い下さいますようお願い致します。

f0290971_8493461.jpg

  先日のクリスマスリースに続き正月リースも戴いたので飾ることが出来ました。
[PR]
by sikisai03 | 2016-12-31 00:03 | ご挨拶 | Comments(14)

 和歌山むき

 素早くみかんをむく方法として最近脚光を浴びているのがみかんの本場の紀州での剥き方、
 名付けて「和歌山むき」と言うそうです。
 ネットで検索すると剥き方の動画などもありますので興味のある方はどうぞ。
 先ずヘタの無い裏の中央部分に爪を立てて半分にし、更に1/4に割ります。
 次いでヘタのある側から剥いで皮から外して食べます。
 私もやってみましたが確かに早く剥けます。
 今年のみかんは特に甘く感じますし、昔に比べて皮も薄くなったような気がしますね。 
f0290971_19583150.jpg

f0290971_19584219.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-12-30 00:03 | 捨てられない話題 | Comments(8)

 ウドの味噌漬け

 正月用のウドの味噌漬けを作りました。
 今年の5月に採って来たウドを塩漬けにして保存していましたが、それを塩抜きして改めて飛騨のこうじ味噌に漬けました。
 昔は漬物桶に塩漬けしたものですが今はペットボトルと言う便利なものがあるのでそれを使用します。
 飽和食塩水に浸しておけば軽く一年位は保存が可能です。
 使う時に水に漬けて何度か水を替えて塩抜きし、味噌とみりん、酒、砂糖などを混ぜてその中に漬けておきます。
 2~3日で食べられます。
f0290971_21241097.jpg

f0290971_21242345.jpg

f0290971_21243521.jpg

f0290971_19521582.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-12-29 00:03 | たかが男の料理 | Comments(6)

 コガタスズメバチの巣

 世の中にはしょうもない物を集める収集癖の人がいますが私もその一人です。
 大凡ガラクタと呼ばれるものでも「我楽多:」と書くと夢があるような・・・
 そろそろ写真に残しておいて実物は処分しなければと思い、ついでなので冬のネタ不足を補うために一つずつ紹介して行こうと思います。

 今回はコガタスズメバチの巣、もう十数年前に平湯峠から採って来たものです。
 栃の木の枝に掛けていたもので葉っぱも付いています。
 壊れないようにラッカーを塗ったので艶がありますが、実際の巣は艶がありません。
 ハチの巣は縁起物なので軒の庇に掛けているのを残してある家が多いですね。
f0290971_182072.jpg

f0290971_1821856.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-12-28 00:03 | 収集癖 | Comments(4)

 皮付き豚バラの角煮焼き

 皮付きの豚バラ肉で角煮を作り、更にそれを焼いてみました。
 焼くことで外はカリッと、中はジューシーになります。
 一手間余計にかかりますが、一度試してみられてはいかがでしょう?
f0290971_16475233.jpg

     ↑ 今回珍しく皮付きで売っていましたのでそれを使いました。

f0290971_1648453.jpg

     ↑ 先ずは適当な大きさに切って5~6分下茹でします。

f0290971_16481869.jpg

     ↑ 鍋に水を入れ炒めた玉ねぎと人参、ローリエ、ロズマリー、グローブ、オールスパイスなどの香辛料、
       それに塩コショウを加え、茹でておいた豚肉を入れて弱火で1時間ほど煮ます。

f0290971_16482915.jpg

     ↑ 煮上がったら肉だけを取り出して小麦粉をまぶしサラダオイルを熱して焦げ目が付く程度に焼いて美味しさを閉じ込めます。

f0290971_16484173.jpg

     ↑ 良い感じに焼けました。

f0290971_16485046.jpg

     ↑ 皿に移して適量の煮汁に同量の黒酢を入れて半分程度になるほど煮詰めたソースを掛けて出来上がりです。
[PR]
by sikisai03 | 2016-12-27 00:03 | たかが男の料理 | Comments(10)

 枯れたツルアジサイ

 アジサイの花が枯れても尚、花形を留めるようにツルアジサイもまるでドライフラワーのように残ります。
 高木にしがみついて伸びて行くので近くで観察は難しいですが、良く見るとアジサイの仲間と言うことが判りますね。
f0290971_634678.jpg

f0290971_661725.jpg

f0290971_66318.jpg

f0290971_664492.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-12-26 00:03 | 山歩き | Comments(7)

 自作曲 ♪ ひとつの願いごと

 私のブログは他にもいくつかありますが、自作の曲を紹介しているのに「四季彩日記PARTⅢ」と言うのがあります。
 しかしブラウザによっては曲が聴けないということで、是非この四季彩日記で紹介して下さいとの声がありました。
 元々エキサイトブログでは音声ファイルの埋め込みが出来ないのでダイレクトに入れられず、
 例えばユーチューブなどに一旦アップしてリンクで・・・と言う形になります。

 そこで新たに自作曲のカテゴリを増やしましたので折に触れ一曲ずつ紹介して行きたいと思います。
 今回は「ひとつの願いごと」と言う曲で2001年に作った曲です。
 ※ 曲はMoreのリンク先のYouTube動画をご覧下さい。
f0290971_19483640.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-12-25 00:03 | 自作曲 | Comments(12)

 鶏皮ごぼう

 ごぼうと相性の良い鶏肉、今回は鶏の皮を使った一品です。
 何処のご家庭でもおかずとして作られていると思いますのでレシピも不要と思いますが、忘備録にと思い添えておきます。

 材料 
 ごぼう   1本
 鶏皮   150gほど
 こんにゃく 1枚
 めんつゆ 50cc
 みりん   50cc
 醤油   大匙1
 サラダ油 適量
 ごま油  適量

 作り方
 ごぼうは洗って皮を剥いて乱切りに、鶏皮は食べやすい大きさに切り、こんにゃくは短冊に切ってそれぞれ湯通ししておきます。
 深さのあるフライパンにごぼう、鶏皮、こんにゃくをサラダ油を敷いて炒めます。
 その後調味料を加えて中火で煮汁が無くなるまで煮たら最後にごま油を少々回し入れて火を止めて出来上がりです。 
f0290971_13314656.jpg

f0290971_13315898.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-12-24 00:03 | たかが男の料理 | Comments(6)

 クリスマス・リース

 さていよいよ明晩はクリスマス・イブですね。
 イブにはツリーやリースを飾ってケーキを食べるのが習慣の方も多いかと思います。
 我が家でも以前はそうでしたが最近は何もしないまま終わることが多かったです。
 でも今年は手作りの素晴らしいリースを頂いたので、玄関に飾りました。
 お蔭様でクリスマスの華やいだ気分に浸ることが出来ます。
f0290971_192995.jpg
 
[PR]
by sikisai03 | 2016-12-23 00:03 | その他 | Comments(10)

 丸鶏の燻製 後半

 ソミュール液に浸して2日、湯煎した後に乾燥させて燻すので3日以上を要する鶏の燻製、
 簡単に作る方法もありますが、やはり丁寧に時間をかけると美味しくなります。
 今回は燻製作りの後半です。 
f0290971_8122658.jpg

     ↑ 湯煎した鶏肉は日陰の風通しの良い所に吊るして丸一日乾かします。

f0290971_17351719.jpg

     ↑ そしていよいよ燻煙に掛けます。今回は桜のチップを使いました。

f0290971_841548.jpg

     ↑ 70℃で約1時間ほど燻して出来上がり。
[PR]
by sikisai03 | 2016-12-22 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)