<   2016年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 国道471号線 楢峠 紅葉と雲海

 冬季は積雪のため閉鎖となる国道471号線の楢峠は秋季には雲海が望める隠れたポイントです。
 霧に閉ざされた古川盆地のはるか向こうに浮かんで見える御嶽山は毎年一度は見てみたい風景です。
 今年は夏が暑かったのと、秋の冷え込みが強くなかったので紅葉の美しさはイマイチでした。
  ※ 動画がMoreにありますのでご覧下さい。
f0290971_812557.jpg

f0290971_8121843.jpg

f0290971_8123166.jpg

f0290971_8124564.jpg

f0290971_8125963.jpg

f0290971_8131410.jpg



More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-10-31 00:03 | 山歩き | Comments(8)

 2016年のキノコ狩り クリタケ

 クリタケは名の通り傘の色が栗色で株立するキノコなので一旦覚えると安心して採ることが出来ます。
 広葉樹の立ち枯れや倒木、果ては腐って土に帰った地上からも発生します。
 間違って食べて中毒を起こすキノコにお馴染みのニガクリタケがありますが、傘の色が黄色なので慎重に見れば違いは歴然です。
 またニガクリタケは苦いので少し噛んでみると判ります。(少しくらい噛んだところで中りません)
 クリタケはきのこご飯や煮物、汁物など何にでも合います。
f0290971_19134820.jpg

f0290971_1914210.jpg

f0290971_19141729.jpg

f0290971_19151139.jpg

f0290971_1915382.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-30 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(8)

 2016年のキノコ狩り ハナイグチ

 長野県では「リコボウ」や「ジコボウ」の名で親しまれているハナイグチ、傘の裏面が黄色の管孔がありまるでカステラのようです。
 表面は鮮やかな紅色を帯びた褐色から柿の実のような橙色まで様々です。
 主にカラマツ林に出るのでカラマツの植林地などを目指せば結構採れます。
 ただこのキノコも出る年と出ない年の差が激しいので毎年同じようにとは行きません。
 食べ方としてはナメコの様にヌメリがあるので汁物に良いです。
f0290971_19113237.jpg

f0290971_19114630.jpg

f0290971_19115950.jpg

f0290971_19121336.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-29 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(4)

 御嶽山遠望

 これは数日前の快晴の御嶽山・・・
 御嶽山が噴火したのは2年前の2014年(平成26年)9月27日11時52分でした。
 あの日も青空が広がった秋晴れで私は裾野の山でキノコ採りに勤しんでいました。
 同行の友が「雲にしては形の変な雲・・・」と言うので振り返ったら噴煙が見えました。
 その時はあれほどの被害があろうとは想像も出来なかったです。
 今では晴れた日には御嶽山が見えると噴煙の大きさを確認してしまいます。
f0290971_9441421.jpg

f0290971_9442470.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-28 00:03 | 思い出すままに・・・ | Comments(8)

 2016年のキノコ狩り カキシメジ(毒)

 2016年のキノコ狩り カキシメジ(毒)
 カキシメジは色形とも優しい感じでまったく毒気を感じさせませんが、これも毒キノコなので注意が必要です。
 中毒症状は嘔吐から下痢と消化器系の毒成分です。 
 ただ東北などでは一旦塩漬けにして置いて改めて塩抜きして食べる風習がありますが安易にやらない方が良いでしょう。
f0290971_1984099.jpg

f0290971_1985375.jpg

f0290971_1991142.jpg

f0290971_1992443.jpg

f0290971_1993688.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-27 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 2016年のキノコ狩り シモフリシメジ

 シモフリシメジが出るようになると秋のキノコも終盤になります。
 シメジの中でも特に味が良いので人気も高く競争相手も多いので良い場所を見付けるのが大変、
 それだから弱い日差しが差し込む林の中で列になって出ている様子を見るのは至上の喜びです。
 数年前のような爆発的な発生ではありませんが3ケ所の山を巡ってトロ箱一杯になりました。
 シモフリシメジは年によっては全くと言って良いほど発生しない年もあるので、今年はまずまず良い年と言うことになりますね。
 動画もありますのでMoreからご覧ください。
f0290971_18392638.jpg

f0290971_18393974.jpg

f0290971_183951100.jpg

f0290971_1840564.jpg

f0290971_18402529.jpg

f0290971_18404020.jpg

f0290971_1840549.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-10-26 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 栗の渋皮煮

 知人から栗をたくさん頂いたので渋皮煮にしました。
 生からだと鬼皮を剥く作業が大変なので茹でてから剥きました。
 これなら道具も使わず指の爪を痛めることも無いので楽です。
 甘さは控えめにして・・・美味しい渋皮煮の出来上がりです。 
f0290971_17462968.jpg

f0290971_17464389.jpg

f0290971_17465464.jpg

f0290971_1747772.jpg

f0290971_17471841.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-25 00:03 | たかが男の料理 | Comments(10)

 イソヒヨドリ

 身近な鳥として知られているヒヨドリは我が家の周りにも居ますが、
 それより一回り小型で私的には珍しいイソヒヨドリに出遭うことが出来ました。
 もし最初に見たのが背中は青色で腹が赤褐色の雄であればイソヒヨドリとは気付かなかったかも知れません。
 雌はこのようにヒヨドリに似て地味な配色で全体が灰褐色です。
 海岸の岩場が住処らしくあまり他では見られない鳥のようです。
f0290971_2035936.jpg

f0290971_2041385.jpg

f0290971_2042410.jpg

f0290971_204339.jpg

f0290971_2044993.jpg

f0290971_205075.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-24 00:03 | 自然の仲間たち | Comments(6)

 吉野熊野国立公園 鬼ヶ城 2

 吉野熊野国立公園鬼ヶ城の後半です。
 大きく岩が抉られて庇の様にオーバーハングした所を千畳敷と言うそうです。
 実際に千畳あるかどうかは判りませんが結構広い空間です。
 前回はその千畳敷まで来ましたので今日はその先へ進んでみましょう。
 「奥の木戸」と書いてある所の先はまた違った風景で荒れた絶壁に沿う階段状の遊歩道が見えます。
 しかしその先は台風のため道も壊されたようで通行止めとなっていました。
 そんな訳で終点まで行くことが出来ませんでしたが、全コースは40分ほど掛かるとか・・・
 ここで引き返しましたが私にはちょうど良い距離でした。

 動画がMoreにありますのでご覧下さい。
f0290971_16353732.jpg

f0290971_16355244.jpg

f0290971_1636635.jpg

f0290971_16361754.jpg

f0290971_16363494.jpg

f0290971_16365713.jpg

f0290971_1637872.jpg

f0290971_16372029.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-10-23 00:03 | 小さな旅 | Comments(9)

 吉野熊野国立公園 鬼ヶ城 1

 年に一度は行く紀伊半島・・・今回は初めて熊野市にある鬼ヶ城へ寄ってみました。
 紀伊半島はこの鬼ヶ城から北の海岸線は柱状節理を含む断崖絶壁が続きますが、南はなだらかな浜辺が続く地形となっています。
 その変わり目にある鬼ヶ城は砂岩が風雨に浸食されて岩肌が洞窟の様にえぐられた所もあり奇岩の景勝地となっています。
 元々は鬼岩屋(おにのいわや)と呼ばれていましたが、
 大永初年(1521年)に一帯を治めていた有馬和泉守忠親がこの頂に城を築いたことから鬼ヶ城となったとか・・・
 それでは遊歩道に沿って観て参りましょう。
f0290971_721434.jpg

f0290971_722914.jpg

f0290971_725646.jpg

f0290971_73876.jpg

f0290971_732198.jpg

f0290971_8173293.jpg

f0290971_73457.jpg



[PR]
by sikisai03 | 2016-10-22 00:03 | 小さな旅 | Comments(4)