<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 カメノテ

 昨日の記事の”道の駅あまるべ”で私が買ったのはカメノテ、
 もちろん実際の亀の手とは違いますが形はそれを連想させる貝の仲間です。
 ちょっと貝には見えませんがれっきとした甲殻類で食べる部分は貝柱のように味が濃厚です。
 ただたくさんある物では無いらしく市場にはあまり出回らないようです。
 さっと塩茹でして食べました。 
f0290971_9192544.jpg

f0290971_9212898.jpg

f0290971_1015089.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-06-30 00:03 | 小さな旅 | Comments(8)

 道の駅 あまるべ

 餘部鉄橋の下に道の駅があります。
 道の駅にはそれぞれの地の珍しい物が売られていることが多いので、
 時間さえあれば立ち寄ることにしています。
 あまるべで珍しい物・・・色々ありましたが目を引いたのはスイカ、
 最近は家族も少ない家庭が多いので大玉は人気が薄いと言いますが、
 それでもたくさん並べられていました。
f0290971_1915493.jpg

f0290971_19164914.jpg

f0290971_19175312.jpg

f0290971_19182095.jpg

f0290971_19183212.jpg

f0290971_19184860.jpg

f0290971_19192235.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-06-29 00:03 | 小さな旅 | Comments(10)

 ハマヒルガオ

 山に囲まれた飛騨では目にすることのないハマヒルガオ、ただのヒルガオは珍しくないですが、
 こちらは同じような花でありながらちょっと変わったように見られます。
 それは同じヒルガオ科のヒルガオやアサガオに比べて葉の形や質が全く違うからと思います。
 そう言えば以前に紹介したグンバイヒルガオはもっと感じが違っていましたね。
f0290971_873837.jpg

f0290971_88770.jpg

f0290971_882145.jpg

f0290971_883375.jpg

f0290971_884479.jpg


 
[PR]
by sikisai03 | 2016-06-28 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(8)

 餘部(あまるべ)鉄橋

  餘部鉄橋を訪れたのは過去に二回ありますがその時は鋼鉄の櫓でした。
  今回それが新しくなっていてまるで高速道路の高架橋のようです。
  鉄橋なのでやはり鉄の橋が似合うのですがコンクリートの方が丈夫なのでしょう。
  餘部と言えば昭和61年に橋から列車が転落して多くの死者を出した事故がありました。
  現場にはその慰霊碑も建っています。 
f0290971_18501974.jpg

f0290971_18511585.jpg

f0290971_1851267.jpg

f0290971_18513929.jpg

f0290971_18515512.jpg

f0290971_18542559.jpg

f0290971_18523065.jpg



[PR]
by sikisai03 | 2016-06-27 00:03 | 小さな旅 | Comments(8)

 鳥取浦富海岸 (鴨ヶ磯海岸)

 岩美町網代から県道155を東進すると鴨ヶ磯海岸に着きます。
 この浦富海岸界隈は風光明美な山陰海岸国立公園として夏は海水浴などで賑わうようです。
 白砂青松のリアス式海岸は「山陰の松島」とも呼ばれています。
 展望台から下への木造の階段がありましたが今回は降りることが無かったです。
 ゆっくりこの辺りを一日掛けて歩くのもまた良いでしょうね。
    ※ 案内看板の画像は大きくしてありますので文字を読むときはクリックして見て下さい。

f0290971_14584733.jpg

f0290971_14592763.jpg

f0290971_14594566.jpg

f0290971_150112.jpg

f0290971_1501899.jpg

f0290971_1503039.jpg

f0290971_1504212.jpg

f0290971_1505381.jpg

f0290971_151554.jpg



[PR]
by sikisai03 | 2016-06-26 00:03 | 小さな旅 | Comments(8)

 トビウオではんぺんを作る

 ちょうど梅雨の頃になると手頃な大きさのトビウオが安く買えますね。
 トビウオは塩焼きにしても美味しいのですが、「あごの煮干し」と言って良く出汁の出る魚です。
 ちょっと面倒ですが今回はトビウオではんぺんを作りました。
 はんぺんは蒸して作りますが、油で揚げるとさつま揚げになります。
 さつま揚げも美味しいですが油を使うのがちょっと・・・最近は揚げ物をする機会が少なくなりました。
f0290971_1427105.jpg

    ↑ 25㎝余りの大きさのトビウオが5匹で198円、税抜きで1匹40円程度ですね。

f0290971_14272378.jpg

    ↑ その日の朝に揚がったので新鮮、色も鮮やかです。

f0290971_14273747.jpg

    ↑ 鱗を取って三枚におろし、腹骨と皮を除いてミンチのように包丁で叩きます。

f0290971_14274842.jpg

    ↑ 更にそれをフードプロセッサに入れて擂り潰します。

f0290971_14275892.jpg

    ↑ 調味料や卵白、片栗粉などを入れて練ります。

f0290971_1428897.jpg

    ↑ 4個くらい出来そうなので4等分して・・・

f0290971_14281853.jpg

    ↑ 蒸すこと15分

f0290971_14282846.jpg

    ↑ はんぺんの出来上がりです。
[PR]
by sikisai03 | 2016-06-25 00:03 | たかが男の料理 | Comments(14)

 鳥取砂丘

 先週のことですが今年も鳥取へ行ったので砂丘へ寄って来ました。
 梅雨のさ中でしたが良い天気で晴れて暑く、しばし砂漠の雰囲気を味わうことが出来ました。 
 鳥取砂丘と言えばラクダが居ます。
 お客を乗せて一回りするのが仕事なのですが、以前は団体さんの記念写真の撮影場付近で客待ちしていました。
 それが今回は遠くに陣取っていました。
 お客もそこまで歩かないので暇そうでしたよ。
f0290971_1475863.jpg

f0290971_1481075.jpg

f0290971_1485184.jpg

f0290971_149591.jpg

f0290971_1492297.jpg

f0290971_1493431.jpg

f0290971_1494851.jpg

f0290971_1410073.jpg

f0290971_14101434.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-06-24 00:03 | 小さな旅 | Comments(6)

 カジカの刺身

 大きいと30㎝ほどになるニジカジカですが、
 これは20㎝ほどだったので値段も安く、7匹で200円でした。
 さてどうやって食べようかと思案しましたが、その朝揚がった鮮度抜群の状態だったので刺身なんかでどう?
 と、早速三枚におろして腹骨と皮を引いて細かな骨は毛抜きで抜きました。
 歯ごたえのある淡白でいて旨味のある味はカワハギのようで美味しく頂きました。
 また頭や中骨などアラの方は何時ものようにアラ汁で無駄なく調理しました。
 結構手間は掛かりましたがこんなものでも立派な刺身になるものです。
f0290971_18345972.jpg

f0290971_18351150.jpg

f0290971_18352241.jpg

f0290971_18353353.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-06-23 00:03 | たかが男の料理 | Comments(10)

 新潟県加茂市の駅前通り その2 (加茂シリーズ最終回)

 このアーケード街の長さは2.000mほどとかで駅前から真っ直ぐに延びています。
 駅から往復すれば健康にも良く買い物もすべて揃うと言うことなのでしょう。
 郊外の大型店舗の進出が何処でも激しく、中心街の商店街は寂れる一方で自治体も頭の痛いところです。
 これから益々高齢化して車の運転も出来ないお年寄りが多くなって行きますから、
 こんな試みも良いかも知れませんね。
f0290971_17154449.jpg

     ↑ 駅前を通過中の市営バス

f0290971_17155794.jpg

     ↑ この通りは駐車禁止ではなく白線で囲った部分は停めても良いようです。

f0290971_1716824.jpg

     ↑ 空き家の跡は公園などになっています。

f0290971_17162056.jpg

     ↑ 笹団子が名物なのですね、オブジェがぶら下がっていました。

f0290971_17164249.jpg

     ↑ 雑貨屋(荒物屋)の商品は賑やかですね。

f0290971_17165435.jpg

     ↑ 酒屋の店先も洒落ています。

f0290971_17171593.jpg

     ↑ 途中で出会いましたが結婚式でしょうか奥に新郎新婦が見えます。

f0290971_1717296.jpg

     ↑ 撮影も快く許可して頂きましたが、一応お顔にモザイクをかけさせて頂きました。
       美しい花嫁さんなので本当は見て頂きたいのですが・・・
 
f0290971_1718319.jpg

     ↑ ながいきストリートのご案内
[PR]
by sikisai03 | 2016-06-22 00:03 | 小さな旅 | Comments(10)

 山蕗

 蕗は山菜の中でも一番遅くに旬を迎えます。
 これを採る頃は山菜シーズンも終わり掛けで少し寂しく感じます。
 もっともふきのとうの発生は早く、次いで芽吹いたまだ小さな蕗を葉っぱごと佃煮風に炊くこともあるので、
 早くから利用は出来ますが、私が採るのは太く長く育ってからなのでちょうど今頃になります。
 山奥の沢伝いに入るとあちこちに群落があり、なるべく太いようなのを選んで引いて来ます。
 よく日当たりの良い道端で採っている人を見掛けますが、そのような場所は短くて硬いのですが、採る人の勝手ですね。
 反面、日陰の湿った所にある物の方が瑞々しくて柔らかいものです。
 採って来た蕗は適当な時間茹でて皮を剥き、水に晒すだけでアクが抜け、その後は切って煮物にするだけ。
 私は身欠きにしんと煮たのが好きで、やはりこれもシーズンに一度は食べないと季節が感じられないほどです。
f0290971_16501719.jpg

f0290971_16502988.jpg

f0290971_1650475.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-06-21 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(12)