カテゴリ:山の幸 きのこ( 73 )

 2016年のキノコ狩り コウタケ

 独特の食感と香りが特徴のコウタケ、松茸より高価なこともあるほど人気のキノコです。
 キノコは全般にそうですが、毎年同じ場所に同じ量が出ると言うことは無く、その年によって豊作、不作があります。
 今年は夏が暑かった割にはここへ来てたくさん出始めたようで、もう既に盛りとなっている所が多いようです。
 成菌は大きく直径が30㎝ほどになりますから収穫量が多く、キノコ狩りには楽しいキノコです。
 生のまま食べることは出来ませんが、一度茹でこぼしてから「コウタケご飯」や「甘辛煮」「佃煮」などにします。
 また乾燥させると更に香りも良くなり保存も利きます。
 ※ 動画も撮って来ましたのでご覧ください。(Moreにあります)
f0290971_13261166.jpg

f0290971_13262315.jpg

f0290971_1326358.jpg

f0290971_13264659.jpg

f0290971_13265834.jpg

f0290971_13271227.jpg

f0290971_13272785.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-10-06 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(8)

 2016年のキノコ狩り アカヤマドリ

 大型のイグチの仲間のアカヤマドリは晩夏から初秋に出るキノコで、黄色い傘は遠くからでも良く判ります。
 傘は開くとひび割れたような模様になるので他に紛らわしいものはありません。
 あまり育ち過ぎて傘の裏が黄色から茶褐色に変色したものは食べない方が良いので控えますが、
 傘の裏のスポンジ状の部分を取り除き、虫が入っていないことを確かめれば食べられます。
 煮物や汁物にも良いのですが、茹でると煮汁が黄色くなります。
 私はそれを利用してカレーの具として使うことが多いです。
f0290971_12122428.jpg

f0290971_12123762.jpg

f0290971_12124818.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-03 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(8)

 2016年のキノコ狩り オオムラサキアンズタケ

 キノコは味も色々ですが、食感もまたそれぞれの特徴があって面白いものです。 
 このオオムラサキアンズタケは見た目ではボソついたような感じがしますが、
 それが反対でとてもしっとりして歯ごたえもあってコリっとしたような食感のキノコです。
 癖の無い温和な味は天ぷらや煮物など万能に使える優れたキノコと言えるでしょう。
 松混じりの比較的明るい林を好みこれもまた列を作って出るので収穫量も多いのが嬉しいです。 
f0290971_1714358.jpg

f0290971_17144740.jpg

f0290971_1715073.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-01 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 2016年のキノコ狩り クサウラベニタケ(毒)

 ここのところキノコの記事が続いていますが、毎年秋には色々なキノコに出会うので、
 それを紹介したいものですからどうかお察し下さい。
 このブログでは一度に色々な種類を紹介せず一種ずつなので余計に記事数が多くなってしまいますが、
 その方が覚えられるのではないかと思うからです。

 特にキノコ狩りをされる方に是非覚えておいて頂きたいのが今回のクサウラベニタケで、
 これは毒キノコで有名で、毎年必ずと言って良いほど中毒例が各地で出ています。
 シメジの仲間なのでそれらと間違えることが多いです。
 よく似た食べられるキノコにはホンジメジやウラベニホテイシメジなどがありますが、
 違いは茎がそれらより柔らかく摘まむと中が中空になっていて柔らかいので解ります。
 また傘の裏は薄い紅が勝ったような色でウラベニホテイシメジも同じような色ですが、
 大きさが全く違っていてウラベニホテイシメジの成菌の傘の直径が15㎝~20㎝ほどもあるのに対してクサウラベニタケは約半分ほどの大きさです。
 普通、クサウラベニタケは群生していることが多く、列になって生えているのも特徴です。
f0290971_10541158.jpg

f0290971_10542587.jpg

f0290971_10543913.jpg

f0290971_10545010.jpg

f0290971_1055426.jpg

f0290971_10551816.jpg

f0290971_10553177.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-30 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)

 2016年のキノコ狩り ハイカグラテングタケ (灰神楽天狗茸)

 日本のキノコの種類は多く、食・毒の区別すらまだ完全ではなく図鑑でも「食、毒不明」と表示されているものも多いです。
 このハイカグラテングタケもその一種で以前は「食、毒不明」の一種でした。
 悪名高い「テングタケ科」なのでそれも手伝ってか、どうも「毒」のイメージが強いです。

 しかし最近のネットではキノコ好きの人にはそれが格好の標的で、
 少しずつ食べて自分で人体実験をする研究家?がいます。
 その結果、このハイカグラテングタケは「どうも毒キノコでは無い」と言う結論に達したようです。
 灰色の粉をまとった巨大なキノコはどう見ても食欲が沸かないのですが、流石ですね。

 そこで私も食べごろ?のサイズを見付けましたので一応採って来ました。
 どんな風に食べるかはまだ思案中ですがちょっとワクワクします。
f0290971_949740.jpg

f0290971_9492135.jpg

f0290971_9493432.jpg

f0290971_9494896.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-28 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(12)

 2016年のキノコ狩り カバイロツルタケ

 カバイロツルタケはテングタケの仲間と直ぐに判るような形のキノコです。
 テングタケと言えばタマゴテングタケやベニテングタケで知られるように毒のキノコが多いグループです。
 そのためか毒の無い本種などを採ろうとする人も少ないようでフィールドで良く目にします。
 もっともこれに良く似たツルタケやオオツルタケのように毒のツルタケもあるので安易に採らない方が賢明かと思います。
 どうしても食べてみようと思われる方は傘の表に中央が茶色のグラデーション模様があることを確かめてからにして下さい。
f0290971_1213410.jpg

f0290971_1215420.jpg

f0290971_1222012.jpg

f0290971_1223670.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-27 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(12)

 2016年のキノコ狩り マイタケ

 今年はどうもマイタケの外れの年のようで市場や産直でも入荷が少ないです。
 特に一番多いはずのチャマイタケを今年は私は一度も見ていない有様です。
 しかしシロマイタケやクロマイタケは少しながら採ることが出来ました。

 マイタケ採りは重労働で急な山肌を登ったり降りたりしながら移動です。
 以前にも書きましたが健脚は勿論ですが、灌木の枝を掴んで登ったりするので腕力も要求されます。
 しかしそれに反比例して体力は歳と共に落ちて行き、この先何時まで深山に入れるか・・・
 ミズナラの大木を何本も見て周って諦めかけた頃、「あった!!」と・・・
 本当に舞を舞いたくなるような一瞬のため今年も行って来ました。
f0290971_1011575.jpg

f0290971_1013282.jpg

f0290971_10252.jpg

f0290971_1021767.jpg

f0290971_1023077.jpg

f0290971_1024441.jpg

f0290971_103156.jpg

 そうそう、この最後の写真を撮った後で大きな熊 (体重は100㎏を軽く超えていたでしょう) に遭遇しました。
 深山の熊の領域に入ってるので当たり前のことと予期していたのであまり驚きはしませんでした。
 カメラを構えましたが藪の中だったので上手くピントが合わず写せなかったのが心残りです。


 ※ 動画はMoreにありますのでご覧下さい。

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-09-24 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(12)

 2016年のキノコ狩り (サクラシメジ)

 飛騨では「あかごけ」の地方名があるほど親しまれているキノコで、赤かぶのしな漬けには欠かせません。
 栃木県でチチタケが競って採られるように飛騨のキノコ狩りの人にとっては目が無いキノコなのです。
 サクラシメジが出る夏の終から秋の初めにかけては毎年、気温や雨量によって発生が左右されるので、
 年に寄ってはほ少ないこともあり、そんな時はスーパーでも高い値段が付きます。
 少し苦みがあるのでそれを好む人はホイル焼きなどで食べますが、漬物以外にはあまり食べないキノコです。
 フェアリングと言って環を描くように出るので1本見付けると周りにも有ることが普通です。
f0290971_991371.jpg

f0290971_918489.jpg

f0290971_919515.jpg

f0290971_9191745.jpg

f0290971_9192768.jpg

f0290971_9194075.jpg

 ※動画もありますのでご覧下さい。

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-09-23 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(8)

 2016年のキノコ狩り ハナホウキタケ(毒)

 毒キノコとの見分けで難しい物の一つにこのグループがあります。
 茎から枝分かれして箒のように見えることからホウキタケと呼ばれていて色は白や黄色そして赤までバラエティーに富んでいます。
 安心して食べられるものにホウキタケやトサカホウキタケ、ウスムラサキホウキタケなどがありますが、
 今回の赤いハナホウキタケやキホウキタケ、コガネホウキタケなどは毒とされています。
 しかし土地によっては毒とされるホウキタケを塩漬けにして置いて、塩抜きして食べる風習があり何ら中毒が無いことも知られています。
 とにかく猛毒のグループでは無いですがたくさん食べたり、お酒と一緒に食すと嘔吐や下痢などの症状が現れることがあるので注意したいです。
 ちなみにこの赤いハナホウキタケは食茸のホウキタケに似ていますが、茎が細く枝分かれしていることから見分けられます。
f0290971_713532.jpg

f0290971_714887.jpg

f0290971_72199.jpg

f0290971_721294.jpg

f0290971_722536.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-21 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(12)

 2016年のキノコ狩り 大量のシャカシメジ

 前回は出始めのシャカシメジでしたが今回は時期が「ドンピシャ!」でちょうど良かったです。
 早くに出てもう腐りかけたものから出始めのマメの状態のものまでいろいろな株が列を成していて、
 数えると12株もありました。
 昨年も違う山でたさんのシャカシメジが出ていましたがこれが最高かも知れません。
 何時ものように動画もありますのでご覧下さい。
f0290971_6131528.jpg

f0290971_6132985.jpg

f0290971_6134443.jpg

f0290971_6135682.jpg

f0290971_614854.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-09-18 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)