カテゴリ:山の幸 きのこ( 72 )

 今年のキノコ (スミゾメシメジ)

 スミゾメシメジは数本が株立ちして一見ホンシメジに似ていますが、傘の感じが皮質のように少し違って居ます。
 また傘の裏を見ると薄墨を引いたような斑紋が見られるキノコです。
 似たものにカクミノシメジがありますが、根際に白い細かな菌糸がある方がスミゾメ、ない方がカクミノです。
 このキノコは安全で極めて美味しいのですが、熱を通すと黒変してしまうので見た目はイマイチ、
 今回はそんな訳で調理の画像はありませんが油炒めにしました。
 流石「味シメジ」のグループですね、印象に残る味と食感でした。
f0290971_18141242.jpg

f0290971_18142220.jpg

f0290971_18143528.jpg

f0290971_18144615.jpg

f0290971_18145668.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-09-22 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 今年のキノコ (シャカシメジ)

 今年のキノコの発生は前にも申し上げた通り不作です。
 ただそれでも条件の良い場所では少しは出ています。
 シャカシメジも同様で昨年に比べると数分の一ですが、幼菌から成菌までが一ヶ所で見られました。
 大きさが揃わないのも不作の年の特徴です。
 ※ 動画も用意してありますのでMoreからご覧になって下さい。
f0290971_791840.jpg

f0290971_792917.jpg

f0290971_794283.jpg

f0290971_795331.jpg

f0290971_710690.jpg

f0290971_7102186.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-09-20 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(4)

 今年のキノコ (ハナビラタケ)

 今年もハナビラタケに出会うことが出来ました。
 夏の終わりには出るキノコなのでその時期に山に入らなければ見つけられず、
 私のように9月の声を聞いてから重い腰を上げる者には得られることは稀です。
 雑木林の赤松の根際に出ることが多く、大きくて白いので遠くからでも良く判ります。
 舞茸に似ていますが質的には違っていて、キクラゲなどの仲間のキノコなので独特の味と言ったものはありませんが、
 食感的には美味しくて酢の物や汁物、炒め物に向きます。 
f0290971_1625588.jpg

f0290971_16251954.jpg

f0290971_1625309.jpg

f0290971_16254884.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-09-18 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(8)

 今年のキノコ (オオムラサキアンズタケとそれを使った焼きとり)

 松が混じる雑木林に発生するオオムラサキアンズタケは知らない人が多くあまり利用されていないようです。
 もっともこの時期だとそのような場所は松茸が生えるので”与太ごけ”には目もくれないのでしょう。
 しかしこのキノコは見た目の紫色の毒々しさに反して、キノコでは珍しいコリコリとした食感があって案外美味しいのです。
 
 今年も出会えたことに感謝しながら、鶏のレバーと一緒に照り焼きのたれを作ってフライパンで焼きました。
 名付けて「なんちゃって鶏レバーとオオムラサキアンズタケの焼き鳥」です。
 鶏肉を使わなかったのは、キノコで代用のつもりです。

 ※ 動画もありますのでご覧下さい。
f0290971_1613920.jpg

f0290971_16133073.jpg

f0290971_16135647.jpg


f0290971_16141965.jpg

f0290971_16143630.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-09-16 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(8)

 今年のキノコ (ウスムラサキホウキタケ)

 今年も昨年同様、9月に入ってキノコの様子を見に行きました。
 8月に雨が少なかったせいか、どうも発生が順調ではなく少ない気がします。
 それでも恒例のウスムラサキホウキタケには取り敢えず出会うことが出来ました。

 まだ幼菌が多かったので残して置き、昨日回収に行きました。
 まずまずの収穫でしたが、聞くところによると松茸もようやく出始めとのこと、
 やはり昨年よりは遅れているようで、こんな年は案外不作なものですから先が思いやられます。
f0290971_12255886.jpg

f0290971_12261087.jpg

f0290971_12262170.jpg

f0290971_12263162.jpg

f0290971_1226441.jpg

f0290971_12265722.jpg

f0290971_1227766.jpg






 
[PR]
by sikisai03 | 2017-09-14 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(16)

 雪なめこ

 飛騨の降雪地でのキノコ狩りは雪が積もるまで楽しめますが、晩秋の葉の落ちた森でのターゲットはムキタケやエノキタケ、そして今回のナメコなどです。
 夜中に雨から雪に変わり少しですが積もった朝、山へナメコ採りに行って来ました。
 立ち枯れのミズナラの樹肌にたくさん出ていて見るだけでも楽しくなります。
 手の届く範囲だけしか採れませんがそれでも結構な収穫量で、少しですが時季外れのクリタケも採ることが出来ました。
 これで奥山が根雪になると今年のキノコ採りはもう終わりです。
f0290971_6502060.jpg

f0290971_6504013.jpg

f0290971_650529.jpg

f0290971_651751.jpg

f0290971_6512111.jpg

f0290971_6513419.jpg

f0290971_6514645.jpg

 何時ものようにMoreに動画がありますのでご覧下さい。

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-12-11 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)

 2016年のキノコ狩り サンゴハリタケ

 奥山はもう初雪を迎える季節となってしまいましたが、まだキノコの時期が終わった訳ではありません。
 先日天気の良い日に出掛けた先は何時ものサンゴハリタケの場所、
 このキノコのある場所へ行くにはどうしても11月になってからなので何時も時期を逸してしまいます。
 今年もほとんどが収穫時期を過ぎた株ばかりでしたがいくつかセ-フの状態の物もありました。
 独特の繊維質の食感なので料理法も限られますが、これはこれで美味しいキノコです。
 さて今回はどうやって食べようかな?
f0290971_516113.jpg

f0290971_5165377.jpg

f0290971_517336.jpg

f0290971_5171653.jpg




 
[PR]
by sikisai03 | 2016-11-08 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(2)

 ヌメリツバタケモドキ

 秋遅くにブナなどの倒木や立ち枯れに発生するキノコにヌメリツバタケがあります。
 これはそれによく似たヌメリツバタケモドキの方で、傘の裏の襞が波打っているのでそれで見分けます。
 どちらも触れると柔らかくて脆い感じで滑りを伴っており、
 小型で頼りないようなキノコですがちょっと変わった食感の食べられるキノコです。
 あまり味の濃いキノコではないので私はお吸い物などにしています。
f0290971_8154679.jpg

f0290971_8155893.jpg

f0290971_8161265.jpg

f0290971_8162465.jpg

f0290971_8164194.jpg

f0290971_8302429.jpg

f0290971_830365.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-11-02 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)

 2016年のキノコ狩り ムキタケ

 ムキタケも晩秋に出て来るキノコです。
 立ち枯れや倒木に重なるように発生し一ヶ所で収穫量が多いのが嬉しいキノコでもちろん食べられます。
 紛らわしい毒キノコにツキヨタケがありますが、この季節になるともうツキヨタケは無いので安心です。
 傘の薄皮を剥いて食べることから「剥き茸」の名がありますが剥かなくても大丈夫です。
 表面のゼラチン質のようなヌメリが特徴で美味しいキノコです。
f0290971_19172833.jpg

f0290971_19174098.jpg

f0290971_815789.jpg

f0290971_821317.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-11-01 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(4)

 2016年のキノコ狩り クリタケ

 クリタケは名の通り傘の色が栗色で株立するキノコなので一旦覚えると安心して採ることが出来ます。
 広葉樹の立ち枯れや倒木、果ては腐って土に帰った地上からも発生します。
 間違って食べて中毒を起こすキノコにお馴染みのニガクリタケがありますが、傘の色が黄色なので慎重に見れば違いは歴然です。
 またニガクリタケは苦いので少し噛んでみると判ります。(少しくらい噛んだところで中りません)
 クリタケはきのこご飯や煮物、汁物など何にでも合います。
f0290971_19134820.jpg

f0290971_1914210.jpg

f0290971_19141729.jpg

f0290971_19151139.jpg

f0290971_1915382.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-30 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(8)