カテゴリ:山の幸 きのこ( 47 )

 2016年のキノコ狩り マイタケ

 今年はどうもマイタケの外れの年のようで市場や産直でも入荷が少ないです。
 特に一番多いはずのチャマイタケを今年は私は一度も見ていない有様です。
 しかしシロマイタケやクロマイタケは少しながら採ることが出来ました。

 マイタケ採りは重労働で急な山肌を登ったり降りたりしながら移動です。
 以前にも書きましたが健脚は勿論ですが、灌木の枝を掴んで登ったりするので腕力も要求されます。
 しかしそれに反比例して体力は歳と共に落ちて行き、この先何時まで深山に入れるか・・・
 ミズナラの大木を何本も見て周って諦めかけた頃、「あった!!」と・・・
 本当に舞を舞いたくなるような一瞬のため今年も行って来ました。
f0290971_1011575.jpg

f0290971_1013282.jpg

f0290971_10252.jpg

f0290971_1021767.jpg

f0290971_1023077.jpg

f0290971_1024441.jpg

f0290971_103156.jpg

 そうそう、この最後の写真を撮った後で大きな熊 (体重は100㎏を軽く超えていたでしょう) に遭遇しました。
 深山の熊の領域に入ってるので当たり前のことと予期していたのであまり驚きはしませんでした。
 カメラを構えましたが藪の中だったので上手くピントが合わず写せなかったのが心残りです。


 ※ 動画はMoreにありますのでご覧下さい。

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-09-24 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(12)

 2016年のキノコ狩り (サクラシメジ)

 飛騨では「あかごけ」の地方名があるほど親しまれているキノコで、赤かぶのしな漬けには欠かせません。
 栃木県でチチタケが競って採られるように飛騨のキノコ狩りの人にとっては目が無いキノコなのです。
 サクラシメジが出る夏の終から秋の初めにかけては毎年、気温や雨量によって発生が左右されるので、
 年に寄ってはほ少ないこともあり、そんな時はスーパーでも高い値段が付きます。
 少し苦みがあるのでそれを好む人はホイル焼きなどで食べますが、漬物以外にはあまり食べないキノコです。
 フェアリングと言って環を描くように出るので1本見付けると周りにも有ることが普通です。
f0290971_991371.jpg

f0290971_918489.jpg

f0290971_919515.jpg

f0290971_9191745.jpg

f0290971_9192768.jpg

f0290971_9194075.jpg

 ※動画もありますのでご覧下さい。

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-09-23 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(8)

 2016年のキノコ狩り ハナホウキタケ(毒)

 毒キノコとの見分けで難しい物の一つにこのグループがあります。
 茎から枝分かれして箒のように見えることからホウキタケと呼ばれていて色は白や黄色そして赤までバラエティーに富んでいます。
 安心して食べられるものにホウキタケやトサカホウキタケ、ウスムラサキホウキタケなどがありますが、
 今回の赤いハナホウキタケやキホウキタケ、コガネホウキタケなどは毒とされています。
 しかし土地によっては毒とされるホウキタケを塩漬けにして置いて、塩抜きして食べる風習があり何ら中毒が無いことも知られています。
 とにかく猛毒のグループでは無いですがたくさん食べたり、お酒と一緒に食すと嘔吐や下痢などの症状が現れることがあるので注意したいです。
 ちなみにこの赤いハナホウキタケは食茸のホウキタケに似ていますが、茎が細く枝分かれしていることから見分けられます。
f0290971_713532.jpg

f0290971_714887.jpg

f0290971_72199.jpg

f0290971_721294.jpg

f0290971_722536.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-21 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(12)

 2016年のキノコ狩り 大量のシャカシメジ

 前回は出始めのシャカシメジでしたが今回は時期が「ドンピシャ!」でちょうど良かったです。
 早くに出てもう腐りかけたものから出始めのマメの状態のものまでいろいろな株が列を成していて、
 数えると12株もありました。
 昨年も違う山でたさんのシャカシメジが出ていましたがこれが最高かも知れません。
 何時ものように動画もありますのでご覧下さい。
f0290971_6131528.jpg

f0290971_6132985.jpg

f0290971_6134443.jpg

f0290971_6135682.jpg

f0290971_614854.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-09-18 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 2016年のキノコ狩り (ウスヒラタケ)

 主に春から初夏にかけて出るキノコにヒラタケがありますが、秋になると傘の厚みの薄いウスヒラタケと言うのを目にします。
 群生することはするのですが、ヒラタケに比べ数が少ないのでなかなか大収穫と言う訳には行きませんが、
 それでもヒラタケ同様に良い香りがする美味しいキノコです。 
f0290971_10533842.jpg

f0290971_10535440.jpg

f0290971_1054596.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-16 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(4)

 2016年のキノコ狩り シロオニタケ (猛毒)

 毒キノコの中毒を避けるためには先ず毒と思われるキノコは採って来ないことですが、最初はどれが毒なのか見分けられないですね。
 そこで一般に猛毒と言われている命に係わるキノコを特に覚えることが先ず必要で、
 次に症状が軽く下痢や腹痛で済むものも覚えておきましょう。
 キノコの種類は数え切れないほどあり、そのほとんどは美味しくも無く毒でも無いと言うキノコが大半です。
 致命傷になるようなキノコは少ないので、キノコ狩りをしようと思われる人は覚えておかれると良いと思います。

 そこで、今日のキノコは毒ですから要注意!
 このシロオニタケは胃腸などの消化器系の中毒症状や神経系の異常を来す毒があるようです。
 見分けるポイントは傘の表面にあるイボイボと柄の下にあるツボの有無です。
 この両方があって色が白かったら採って来ないようにして下さい。
f0290971_10201480.jpg

f0290971_10203042.jpg

f0290971_10204126.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-13 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(8)

 2016年のキノコ狩り (シャカシメジ)

 シャカシメジは別名をセンボンシメジと言うほど一つの株からたくさんの傘が出て来ます。
 他に見間違う種類は無いので安心して食べられるきのこの一つです。
 今回の山は昨年も同時期に採って来た所ですがやはり少雨のためか今年の出は悪いようです。
 もう少し気温が下がって雨があれば良いのですが・・・
f0290971_15182526.jpg

f0290971_1524248.jpg

f0290971_15241596.jpg

f0290971_15242691.jpg

f0290971_15243862.jpg

f0290971_15245468.jpg

f0290971_1525979.jpg

 動画も撮りましたのでMoreからご覧ください。

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-09-10 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)

 2016年のキノコ狩り (ウスムラサキホウキタケ)

 今年の夏は暑く、飛騨では雨も少なかったのでキノコの発生状況も悪いと思い、キノコ狩りも躊躇していましたが、
 先日の台風10号の影響で少し雨が降ったのと気温も下がったので久しぶりに山に入ってみました。
 まだあれもこれもとは出ていませんでしたが初期のウスムラサキホウキタケに遭遇・・・
 何時も採る大きさにはまだほど遠いですが、「採るか、採らないか」思案の大きさです。
 置いて来ようかと思いましたが、しばらく雨も望めそうにないで干からびる前に採って来ました。
 いよいよ秋のキノコのシーズン到来です。
f0290971_14273724.jpg

f0290971_14275121.jpg
 
f0290971_1428331.jpg
 
f0290971_14281431.jpg

f0290971_14282923.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-09-03 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(2)

 トガリアミガサタケ

 アミガサタケの仲間はちょっとグロテスクな感じのキノコで見た目では「毒」と思うようなキノコですが、
 シャグマアミガサタケ以外は毒も無く、
 特にアミガサタケやトガリアミガサタケはヨーロッパではモリーユと呼ばれ珍重される美味しいキノコなのです。
 最近は日本でも栽培されていてスーパーでも売られているようです。
 春に出るキノコは少ないので貴重な食茸と言えますね。
f0290971_5475363.jpg

f0290971_54884.jpg

f0290971_5521537.jpg

f0290971_5482379.jpg
 
[PR]
by sikisai03 | 2016-05-20 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 今年のキノコ狩り ナメコ

 晩秋になるとキノコも種類が限られて来ます。
 飛騨で11月に入るとエノキタケかムキタケ、後はナメコ位しかありません。
 ナメコは誰でも知っているキノコで味噌汁の具材にもなったりしているのでお馴染ですね。
 実はそのナメコも勿論天然にたくさんあります。
 しかしスーパーで売っているナメコは蕾の状態のもので傘が開いた物は無いですね。
 実際に山に入ると傘の開いたものが多く「これがナメコ?」と思うほどですが、
 エノキタケ同様に実際に山にあるキノコは姿形や味も実にワイルドなのです。
f0290971_7211649.jpg

f0290971_7212899.jpg

f0290971_7213832.jpg

f0290971_7214991.jpg

f0290971_7215940.jpg

f0290971_7221189.jpg

f0290971_1035957.jpg


More 動画もご覧下さい。
[PR]
by sikisai03 | 2015-11-14 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(8)