カテゴリ:山の幸 きのこ( 47 )

 雪なめこ

 飛騨の降雪地でのキノコ狩りは雪が積もるまで楽しめますが、晩秋の葉の落ちた森でのターゲットはムキタケやエノキタケ、そして今回のナメコなどです。
 夜中に雨から雪に変わり少しですが積もった朝、山へナメコ採りに行って来ました。
 立ち枯れのミズナラの樹肌にたくさん出ていて見るだけでも楽しくなります。
 手の届く範囲だけしか採れませんがそれでも結構な収穫量で、少しですが時季外れのクリタケも採ることが出来ました。
 これで奥山が根雪になると今年のキノコ採りはもう終わりです。
f0290971_6502060.jpg

f0290971_6504013.jpg

f0290971_650529.jpg

f0290971_651751.jpg

f0290971_6512111.jpg

f0290971_6513419.jpg

f0290971_6514645.jpg

 何時ものようにMoreに動画がありますのでご覧下さい。

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-12-11 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)

 2016年のキノコ狩り サンゴハリタケ

 奥山はもう初雪を迎える季節となってしまいましたが、まだキノコの時期が終わった訳ではありません。
 先日天気の良い日に出掛けた先は何時ものサンゴハリタケの場所、
 このキノコのある場所へ行くにはどうしても11月になってからなので何時も時期を逸してしまいます。
 今年もほとんどが収穫時期を過ぎた株ばかりでしたがいくつかセ-フの状態の物もありました。
 独特の繊維質の食感なので料理法も限られますが、これはこれで美味しいキノコです。
 さて今回はどうやって食べようかな?
f0290971_516113.jpg

f0290971_5165377.jpg

f0290971_517336.jpg

f0290971_5171653.jpg




 
[PR]
by sikisai03 | 2016-11-08 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(2)

 ヌメリツバタケモドキ

 秋遅くにブナなどの倒木や立ち枯れに発生するキノコにヌメリツバタケがあります。
 これはそれによく似たヌメリツバタケモドキの方で、傘の裏の襞が波打っているのでそれで見分けます。
 どちらも触れると柔らかくて脆い感じで滑りを伴っており、
 小型で頼りないようなキノコですがちょっと変わった食感の食べられるキノコです。
 あまり味の濃いキノコではないので私はお吸い物などにしています。
f0290971_8154679.jpg

f0290971_8155893.jpg

f0290971_8161265.jpg

f0290971_8162465.jpg

f0290971_8164194.jpg

f0290971_8302429.jpg

f0290971_830365.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-11-02 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)

 2016年のキノコ狩り ムキタケ

 ムキタケも晩秋に出て来るキノコです。
 立ち枯れや倒木に重なるように発生し一ヶ所で収穫量が多いのが嬉しいキノコでもちろん食べられます。
 紛らわしい毒キノコにツキヨタケがありますが、この季節になるともうツキヨタケは無いので安心です。
 傘の薄皮を剥いて食べることから「剥き茸」の名がありますが剥かなくても大丈夫です。
 表面のゼラチン質のようなヌメリが特徴で美味しいキノコです。
f0290971_19172833.jpg

f0290971_19174098.jpg

f0290971_815789.jpg

f0290971_821317.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-11-01 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(4)

 2016年のキノコ狩り クリタケ

 クリタケは名の通り傘の色が栗色で株立するキノコなので一旦覚えると安心して採ることが出来ます。
 広葉樹の立ち枯れや倒木、果ては腐って土に帰った地上からも発生します。
 間違って食べて中毒を起こすキノコにお馴染みのニガクリタケがありますが、傘の色が黄色なので慎重に見れば違いは歴然です。
 またニガクリタケは苦いので少し噛んでみると判ります。(少しくらい噛んだところで中りません)
 クリタケはきのこご飯や煮物、汁物など何にでも合います。
f0290971_19134820.jpg

f0290971_1914210.jpg

f0290971_19141729.jpg

f0290971_19151139.jpg

f0290971_1915382.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-30 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(8)

 2016年のキノコ狩り ハナイグチ

 長野県では「リコボウ」や「ジコボウ」の名で親しまれているハナイグチ、傘の裏面が黄色の管孔がありまるでカステラのようです。
 表面は鮮やかな紅色を帯びた褐色から柿の実のような橙色まで様々です。
 主にカラマツ林に出るのでカラマツの植林地などを目指せば結構採れます。
 ただこのキノコも出る年と出ない年の差が激しいので毎年同じようにとは行きません。
 食べ方としてはナメコの様にヌメリがあるので汁物に良いです。
f0290971_19113237.jpg

f0290971_19114630.jpg

f0290971_19115950.jpg

f0290971_19121336.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-29 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(4)

 2016年のキノコ狩り カキシメジ(毒)

 2016年のキノコ狩り カキシメジ(毒)
 カキシメジは色形とも優しい感じでまったく毒気を感じさせませんが、これも毒キノコなので注意が必要です。
 中毒症状は嘔吐から下痢と消化器系の毒成分です。 
 ただ東北などでは一旦塩漬けにして置いて改めて塩抜きして食べる風習がありますが安易にやらない方が良いでしょう。
f0290971_1984099.jpg

f0290971_1985375.jpg

f0290971_1991142.jpg

f0290971_1992443.jpg

f0290971_1993688.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-27 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 2016年のキノコ狩り シモフリシメジ

 シモフリシメジが出るようになると秋のキノコも終盤になります。
 シメジの中でも特に味が良いので人気も高く競争相手も多いので良い場所を見付けるのが大変、
 それだから弱い日差しが差し込む林の中で列になって出ている様子を見るのは至上の喜びです。
 数年前のような爆発的な発生ではありませんが3ケ所の山を巡ってトロ箱一杯になりました。
 シモフリシメジは年によっては全くと言って良いほど発生しない年もあるので、今年はまずまず良い年と言うことになりますね。
 動画もありますのでMoreからご覧ください。
f0290971_18392638.jpg

f0290971_18393974.jpg

f0290971_183951100.jpg

f0290971_1840564.jpg

f0290971_18402529.jpg

f0290971_18404020.jpg

f0290971_1840549.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-10-26 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 2016年のキノコ狩り ホンシメジ

 シメジの代表格と言えばやはりホンシメジでしょうね。
 松混じりの雑木林に出ることが多く、いくつかの株が連続しているのは見ても楽しいものです。
 ホンシメジもマイタケの様に早くに出るものほど傘の色が白く、遅いものは灰褐色が濃いです。
  ※ Moreに動画がありますのでご覧下さい。
f0290971_8194970.jpg

f0290971_8204185.jpg

f0290971_8212386.jpg

f0290971_822181.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2016-10-17 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)

 2016年のキノコ狩り ホウキタケ2種

 今年もいくつかのホウキタケの仲間を紹介して来ましたが、一番美味しいのはホウキタケでサンゴ状に枝分かれした先端部は美しいピンク色です。
 (写真上3枚)
 味区分もAランクに格付けされるほどで、さっと茹でて薄く切り、刺身としてわさび醤油でも食べられます。
 そして黄色いトサカホウキタケ、こちらは少し苦みがあるので茹でこぼしてから一旦塩漬けしてから使います。
 煮物や漬物として使うのが一般的です。
 (写真下3枚)
f0290971_1363772.jpg

f0290971_1365850.jpg

f0290971_1371542.jpg

f0290971_1372789.jpg

f0290971_1374235.jpg

f0290971_1375466.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-10-12 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(2)