カテゴリ:山の幸 きのこ( 64 )

 今年のキノコ (ウラベニホテイシメジ)

 ウラベニホテイシメジは同属のクサウラベニタケやイッポンシメジなどの毒キノコと紛らわしいので気を付けなければいけませんが、
 慣れれば同定は難しくは有りません。
 とにかく太くてしっかり詰まった感じの柄が特徴で、例えるならエリンギのような感じです。
 また成長すると傘の表面に指で押したような斑紋が現れ、細かな絹状の模様が放射状に見られます。
 この特徴は毒のシメジには無いので覚えておくと良いです。
 少し苦味も感じますが、バーベキューやホイル焼きなどちょっと変わった調理法にも向きます。 
f0290971_8584299.jpg

f0290971_858527.jpg

f0290971_859462.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-10-18 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)

 今年のキノコ (チチタケ)

 高山祭りの記事を挟んだためアップが遅れてしまったキノコシリーズ、もう少しありますからまた載せたいと思います。
 そんな訳でもう終ってしまったキノコが登場しますが、チチタケもその一つです。
 このキノコは質そのものがパサついており、食感に乏しいのでこちらでは人気も無く足蹴にされますが、
 良い出汁が出るのでうどんなど汁物に重宝される地方もあります。
 チチタケの名の由来は傷を付けると乳状の液体が滲み出るところから名付けたとのことです。
 (2,3枚目の写真の傘の欠いた部分から白い液が滲み出ています)
f0290971_8251065.jpg

f0290971_825233.jpg

f0290971_8253364.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-10-17 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 今年のキノコ (カワムラフウセンタケ)

 一目でフウセンタケ科と判るような形のこのきのこ、案外毒キノコと思われて採取する人もいないのか、
 各所でたくさん腐っているのを目にします。
 傘の色が紫だったり茶褐色だったりで一定しないので不安もあるのでしょう。
 しかしクリフウセンタケと同じ仲間でこちらも安全な食茸なのです。
 適度な滑りと歯応え、それに旨味があってなかなか美味しいキノコです。
f0290971_1613244.jpg
 
f0290971_1613159.jpg

f0290971_1613252.jpg

 この日は何時も持ち歩いているカメラではなく古いカシオのデジタルカメラを使ったのでピンボケ写真が多く、
 選んでアップ出来たのはこの3枚だけでした。
[PR]
by sikisai03 | 2017-10-09 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 今年のキノコ (ホンシメジ)

 「香り松茸味しめじ」と言われるほど美味しいとされるホンシメジはやはりシメジの仲間の最高峰でしょうか・・・
 良い出汁が出るのでどんな料理にも合う万能選手、特にうどんや澄まし汁には威力を発揮します。
 松混じりの雑木林に出ることが多いので昔は里山でも簡単に採れるキノコでした。
 しかし最近は山の手入れが不十分で、笹などが生い茂った環境に変わり発生しなくなった所も多いです。
f0290971_15245847.jpg

f0290971_15251297.jpg

f0290971_15252248.jpg

f0290971_15253497.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-10-07 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(14)

 今年のキノコ (マスタケとエゾハリタケ)

 深山にマイタケを探しに出掛けた日、生憎今年は発生が悪くて見付けることが出来ませんでした。
 そのことは前回のヤマブドウの項でも記しましたが、お陰様でその代わりにマスタケとエゾハリタケの出会いがありました。
 マスタケは山中を彷徨っていれば見付かるものですが、エゾハリタケは名前からしても東北までで飛騨では稀なキノコです。
 こちらの方は同行の友人が見付けて採ってくれたもので半分頂きました。
 どちらもサルノコシカケのように硬いキノコなので食べられるようにするのに工夫が要ります。
 マスタケはまだ柔らかい部分があったので油炒めにしましたが、エゾハリタケは一旦湯でこぼして現在塩漬けにしています。
 どんな料理にするかゆっくり考えてみたいと思います。

 ※ 動画も用意してありますのでMoreからご覧になって下さい。 
f0290971_1163875.jpg

f0290971_1165659.jpg

f0290971_1171083.jpg

     ↑ 以上3枚 マスタケ

f0290971_1174890.jpg

f0290971_1175957.jpg

f0290971_1181995.jpg

     ↑ 以上3枚 エゾハリタケ
       ※ 木に生っている様子はこちらでご覧頂けます。

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-10-06 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(12)

 今年のキノコ (カバイロツルタケ)

 カバイロツルタケは可食ですが毒のあるテングタケの仲間なので同定には注意が必要です。
 特徴は傘の色がかば色であることと縁には放射状に線状の模様があることですが、
 同じく可食のツルタケ、毒のあるオオツルタケにもその特徴が見られます。
 オオツルタケはより大きく傘の色がやや灰色が勝っており、慣れれば見分けは簡単です。
 同属の毒キノコのベニテングタケは良い味がするとのことですが、
 このカバイロツルタケもご多分に漏れず美味しいキノコです。
f0290971_109561.jpg

f0290971_1093249.jpg

f0290971_1094524.jpg

f0290971_1095425.jpg

f0290971_1010534.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-10-04 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(12)

 今年のキノコ (コウタケ) 

 今年の秋のキノコ狩も中盤となって来ました。
 年中で一番キノコが出揃う季節です。
 今回は毎年恒例のコウタケ採りです。
 一つが大きいキノコなので群生地を一ヶ所見付けると収穫量も多いです。
 全体にまだ少し若いかな?とは思いましたが、これ位の方が弾力もあって美味しいです。
 傘の表面のイボイボは他のキノコには類が無く見分けも簡単、
 ただ傘の色と模様が枯れ葉に似ているので見付けるのは案外難しいですが・・・
 
 ※ 動画も用意してありますのでMoreからご覧になって下さい。
f0290971_10441388.jpg

f0290971_10442633.jpg

f0290971_10443834.jpg

f0290971_10445169.jpg

f0290971_1045294.jpg

f0290971_10451342.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-10-03 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(12)

 今年のキノコ (いろいろなホウキタケ)

 種類が多く同定がやゝ難しいホウキタケの仲間です。
 珊瑚や樹木のように先が枝分かれしていてそれを箒に例えたのでその名があります。
 形状や色が微妙に違うので完全に覚えないと間違って毒キノコを採取することもあるため注意が必要です。
 今回は4種8枚の写真を掲載しましたが、上からネズミタケ(食)、ホウキタケ(食)、ハナホウキタケ(毒)、キホウキタケ(毒)です。

 ただ一般的にこの種の毒キノコの毒性は致命的なものではなく、消化器系に影響を及ぼすので腹痛や下痢は起こしますが滅多に死に至ることはありません。
 地方の食文化で塩漬けしてから食べると言う風習もありますが、安全と言うことは無いので避けたいグループです。
f0290971_6173776.jpg

f0290971_6174936.jpg

     ↑ 以上2枚はネズミタケ(食)

f0290971_618042.jpg

f0290971_6181186.jpg

     ↑ 以上2枚はホウキタケ(食)

f0290971_6182260.jpg

f0290971_6183548.jpg

     ↑ 以上2枚はハナホウキタケ(毒)

f0290971_618478.jpg

f0290971_6185621.jpg

     ↑ 以上2枚はキホウキタケ(毒)
[PR]
by sikisai03 | 2017-10-01 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 今年のキノコ (ショウゲンジ) 

 産直や道の駅の山採りのキノコのコーナーに必ずといって良いほど見られるのがこのショウゲンジです。
 フウセンタケ科のキノコで癖が無く歯ざわりも良いので人気があります。
 松茸が出なくなった山に良く出ると言われ、発生する時は一ヶ所で何本も収穫出来るので籠一杯になったりします。
 鍋物に入れるのが一般的ですが、炊き込みご飯や焼き物として使うケースもあると聞きました。
f0290971_1534297.jpg

f0290971_154193.jpg

f0290971_155455.jpg

f0290971_1514204.jpg

f0290971_15143475.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-09-30 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)

 今年のキノコ (ツノシメジ)

 キノコの図鑑はたくさん出ていますが、古いものにはほとんど記載が無かったこのツノシメジ、
 どうも新しく認識されて来た種類のように思えます。

 傘も柄も毛羽立っていて見るからに異色のキノコで、そのためか当初は毒キノコ扱いにされ、
 その後は食毒不明種となっていましたが、
 最近は食べたと言う記事があり毒ではないことが判明されたようです。
 それに依ると味は★2つとのことでした。
 
 ただ、何となく食欲の湧かない色形なので(個人的見解)私はまだ食してはいませんが、
 美味しいと報告があれば一度経験してみるのも悪くはなさそうです。
f0290971_5511624.jpg

f0290971_554849.jpg

f0290971_5542249.jpg

f0290971_5544072.jpg

f0290971_5545411.jpg

f0290971_5551631.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-09-28 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)