カテゴリ:山の幸 きのこ( 73 )

 雪なめこ

 今年はナメコが豊作で今回が4度目のナメコ採りでした。
 雪さえ積もらなければまだまだ新年になっても採れるのですが飛騨の山はそろそろ終わりとなります。
 先日から何度か降った雪の下で芽吹いたものがちょうど食べ頃の大きさになっていました。
 私はこれを「雪なめこ」と呼んでいますが、冷凍しても普通に食べられるほど寒さには強いので、他のキノコとは違って一旦凍っても使えます。
 雑木林にはもう雪が積もっていて枯葉と雪で滑る斜面を徘徊しながら、それでも今回も大量に採ることが出来ました。
 これで今年のキノコ狩りは終わりですが、シーズン初めに不作だったキノコが最後になって豊産で、
 「終り良ければ全て良し」だったと満足しております。
f0290971_15534480.jpg

f0290971_15544112.jpg

f0290971_15554136.jpg

f0290971_15562954.jpg

f0290971_1557472.jpg

f0290971_15594122.jpg

f0290971_1603869.jpg

f0290971_1614331.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-11-29 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(14)

 今年のキノコ (ムキタケ)

 ナメコやこのムキタケが出るようになると飛騨の秋のキノコのシーズンも終わりです。
 雪さえ積もらなければまだまだクリタケやエノキタケなど冬の間も出続けるのですが、
 飛騨のように積雪の量が半端ではない土地ではキノコも雪の下で凍えてしまいます。
 
 今年のキノコの発生は前半は極めて悪かったのですが、中盤からやゝ盛り返したと言った感じでした。
 これで「終り良ければ全て良し」となりますやら・・・
 晩秋には温かな汁物に使えるキノコが出るので鍋物などにも使えて有り難いです。 

 ※ ムキタケの動画も用意してありますのでMoreからご覧になって下さい。
f0290971_27820.jpg

f0290971_272468.jpg

f0290971_274132.jpg

f0290971_28177.jpg

f0290971_282098.jpg

f0290971_283881.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-11-08 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(14)

 今年のキノコ (ニガクリタケ) 毒

 ニガクリタケは有毒です。
 キノコの中毒で多いものはシメジに似たクサウラベニタケとムキタケや椎茸に似たツキヨタケ、
 そしてクリタケに似た本種の三つが間違いやすい毒キノコです。
 稀には死に至ることもあるので要注意ですが、冷静になって見れば判別が付く人が多いはずです。
 その場での思い込みが悲劇を招くことになるので、キノコを採りに行かれる方は日頃から毒キノコを確認することが必要と思います。
 クリタケと見比べれば誰でも違いが判ると思います。
 ニガクリタケの傘の色はこんなに黄色っぽく、クリタケは茶色なのですから・・・
f0290971_1192611.jpg

f0290971_1194214.jpg

f0290971_120318.jpg

f0290971_1201971.jpg

f0290971_1203665.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-11-04 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(16)

 今年のキノコ (天然ナメコ)

 ナメコが出るようになると秋のキノコも終盤です。
 今年は例年に比べてキノコの発生状況が悪いと何度もぼやいていましたが、
 ナメコだけは別格、今年も大量の収穫でした。
 これから寒くなるので汁物、特に味噌汁は有り難いです。
 
 ※ 動画も用意してありますのでMoreからご覧になって下さい。
f0290971_184751100.jpg

f0290971_1848445.jpg

f0290971_1848168.jpg

f0290971_18482762.jpg

f0290971_18484252.jpg

f0290971_18485723.jpg

f0290971_1849735.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-10-30 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(20)

 今年のキノコ (クリタケ)

 キノコ狩りの入門編としてクリタケはお馴染みです。
 ナラ類の枯れ木や切り株に群生するキノコで食感、味共に優れています。
 夏の終わり頃から徐々に発生しますが温かい時は虫が入りやすく、
 特にハサミムシの仲間に傘を食べられることが多いです。
 しかし寒くなって来ると虫の動きが不活発になり、きれいな状態のものを採ることが出来ます。
 勿論食べられるキノコであり、どんな料理にも使える万能選手で湯豆腐などに入れてもおいしいです。

 ※ 動画も用意してありますのでMoreからご覧になって下さい。
f0290971_1036272.jpg

f0290971_10361513.jpg

f0290971_10362568.jpg

f0290971_10363833.jpg

f0290971_10365025.jpg

f0290971_103736.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-10-28 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 今年のキノコ (シモフリシメジ)

 山から紅葉の便りが聞かれるようになるといよいよシモフリシメジの出番です。
 これが出るようになるとキノコ狩りも終盤となります。
 とても良い出汁が出るので人気があり、キノコ狩りをする人には一番のターゲットになっているかも知れません。
 今年はなかなかキノコ狩りに行けるチャンスが無く諦めかけていましたが、
 雨上がりの日、ようやく叶ったので行って来ました。
 時期が少し遅くて傷んだものも見られましたが、キノコ類の少ない年としてはまずまずの収穫でした。
 
 ※ 動画も用意してありますのでMoreからご覧になって下さい。
f0290971_10224941.jpg

f0290971_1023015.jpg

f0290971_1023944.jpg

f0290971_1023197.jpg

f0290971_10233878.jpg

f0290971_10234829.jpg

f0290971_10235719.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-10-26 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)

 今年のキノコ (キシメジ)

 キシメジも松混じりの雑木林に良く出るキノコです。
 このような形で傘の色が黄色っぽいキノコにはハエトリシメジなど弱い毒性のあるものもありますが、
 キシメジは見るからに明るい黄色一色なので慣れれば見分けは簡単です。
 多少苦味を感じますが、それがまた好みと言う人も多いようです。
 私はさっと茹でこぼして大根おろしに和えて出汁醤油で食べるのが好きです。
f0290971_9584188.jpg

f0290971_9585181.jpg

f0290971_959047.jpg

f0290971_9591063.jpg

f0290971_18122886.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-10-24 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)

 今年のキノコ (カノシタ)

 カノシタは「鹿の舌」と言う意味だそうで、傘の裏の針状の特突起を例えたようです。
 実際私は鹿の舌を見たことが無いですが、このようにザラザラした感じなのでしょうね。
 細かな針状の突起があるキノコは他にコウタケやブナハリタケなどありますが、皆同じような食感のです。
 雑木林の中の1ケ所に数本が群生しているのでそこそこの収穫になります。 
 ただ肉質はパサ付いた感じなのでイマイチと思われる人が多いようで、狙ってまで採るキノコでは無いのかも知れません。
 油との相性が良いので天ぷらやバター炒めなどにすると案外美味しいです。
f0290971_932395.jpg

f0290971_933543.jpg

f0290971_934682.jpg

f0290971_935958.jpg

f0290971_94977.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-10-22 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(8)

 今年のキノコ (サルノコシカケ)

 キノコの中には美味しく食べられる種の他、猛毒を含む有毒のキノコ、食べられるけど美味しくないもの、
 それに硬くて食べられないキノコと色々ですが、
 このサルノコシカケのグループは硬いコルク質なので最後の食べられない仲間に入ります。
 しかし一時、癌の特効薬として脚光を浴びたことがあり今でも研究されているようです。
 何れは人類は癌を克服する日も来ることと思いますが、
 こうした何気ない自然の恵みによって生かされていることを忘れてはいけないですね。
f0290971_18413440.jpg

f0290971_18415651.jpg

f0290971_1842553.jpg

f0290971_18421560.jpg

f0290971_18422490.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-10-20 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)

 今年のキノコ (ウラベニホテイシメジ)

 ウラベニホテイシメジは同属のクサウラベニタケやイッポンシメジなどの毒キノコと紛らわしいので気を付けなければいけませんが、
 慣れれば同定は難しくは有りません。
 とにかく太くてしっかり詰まった感じの柄が特徴で、例えるならエリンギのような感じです。
 また成長すると傘の表面に指で押したような斑紋が現れ、細かな絹状の模様が放射状に見られます。
 この特徴は毒のシメジには無いので覚えておくと良いです。
 少し苦味も感じますが、バーベキューやホイル焼きなどちょっと変わった調理法にも向きます。 
f0290971_8584299.jpg

f0290971_858527.jpg

f0290971_859462.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-10-18 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)