カテゴリ:たかが男の料理( 139 )

 新鮮なニシンはお造りに・・・

 まだ鱗が付いたピカピカのニシンが売られていたので買って来ました。
 身を押してみてもしっかりとした弾力を感じたので、もちろん聞いたら生食OKとのこと、
 以前、回るお寿司屋さんでは無い店でニシンの握り寿司を食べたことがあり、その味が美味しかったのでお刺身にすることに・・・
 ニシンはイワシなどと同じ仲間なので小骨が多く、それを上手く処理しないと喉に当たってしまいます。
 ちょっと面倒ではありましたが、ここは美味しいものに有り付くためには手間を惜しまず・・・
f0290971_9553194.jpg

 ↑ 鱗が付いたままだと本当に美しく輝きます。

f0290971_9554282.jpg

 ↑ 先ず丁寧に鱗を取ります。

f0290971_9555319.jpg

 ↑ 腹を割ってみたら数の子が出て来ました。(ラッキー!)

f0290971_95644.jpg

 ↑ 三枚に下して腹骨を剝いて中骨を毛抜きで抜きます。

f0290971_9561373.jpg

 ↑ 皮は手で剥いで、この後今回は網目模様に包丁を入れて骨切りをしました。

f0290971_9562387.jpg

 ↑ 皿に盛り付けて出来上がりです。
[PR]
by sikisai03 | 2017-04-11 00:03 | たかが男の料理 | Comments(14)

 なまこ

 そろそろ旬も終わろうかと言うなまこですが、終わるとなると名残惜しく食べておきたいと思うのも心情、
 スーパーで手頃な大きさのを見付けたので早速買って来ました。
 コリコリの食感と青臭い磯の香りが何とも言えないですが、好き嫌いもあるようです。
 内臓は「このわたの塩辛」として別に作りました。
f0290971_15261088.jpg

f0290971_15262247.jpg

f0290971_15263841.jpg

f0290971_15264851.jpg

f0290971_1526591.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-06 00:03 | たかが男の料理 | Comments(6)

 ヒラアジの手巻き寿司

 刺身用のヒラアジが売られていてこのスーパーにしては少し値段が高めでしたが、
 長さ40㎝ほどあり普通ならこの倍はするであろう魚です。
 脂がしっかり乗っていて刺身にしても良いとのお勧めだったので買って来ました。
 結局、手巻き寿司の具にしたのですが、半身で充分な量・・・
 宣伝通りちゃんと脂も乗っていて鮮度が良く、身はコリコリでとても美味しかったです。
 手巻き寿司用の海苔は特別に購入している桑名産でこれまた他に類を見ないほどの美味しい海苔です。
 他にも手巻き寿司のネタがあり、最近、ダイエットに勤しんでいるせいか、胃が小さくなったようで一部残してギブアップでした!
f0290971_18183821.jpg

f0290971_1818517.jpg

f0290971_1819152.jpg

f0290971_18191160.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-24 00:03 | たかが男の料理 | Comments(12)

 時季外れの山ウドのきんぴら

 昨年採って塩漬けにしておいた山ウドがまだたくさんあります。
 早く食べないと間も無く新物が出て来ます。
 もちろん栽培物は正月過ぎからスーパーでは売っていますが、味、香りとも山ウドには適いません。
 これは味噌漬け用にと保存しておいたのですがそんなに味噌漬けばかりも食べていられません。
 そこで今回は塩抜きをしてきんぴらにしました。
 旬の生を使うのではないので色はそれなりですが、香りの強い山ウドは塩抜きにもめげず風味を残しておいてくれました。
 お蔭で美味しく頂きました。
f0290971_8322474.jpg

f0290971_8323529.jpg

f0290971_8165664.jpg

f0290971_817522.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-22 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)

 ピーマンの醤油炒め

 先日ブログのお友達のところで見たピーマンの醤油炒め・・・
 私も好物なので時々作ります。
 何と言っても炒めて醤油を回し掛けるだけの簡単料理なので忙しい時には嬉しいです。
 ピーマンが嫌いな人でも案外食べられるほど美味しいので作ってみられてはいかがでしょう?
 ただ一つ私のこだわりは広島で作られている天然かけ醤油を使うこと、
 醤油はいくつかの種類を常備していますが、我が家ではこの醤油が一番出番が多いです。

 ※ 私の作り方
 フライパンにサラダ油を熱し、ピーマンを炒め、醤油を回し入れてブラックペッパーを軽くふりかけ、
 最後はバターでコクを出します。
f0290971_7124926.jpg

f0290971_713433.jpg

f0290971_713179.jpg

f0290971_7132673.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-18 00:03 | たかが男の料理 | Comments(12)

 ノドグロ

 キンキ、金目鯛と並ぶ高級魚の赤い魚の三羽烏のうちに入るノドグロ、
 アカムツとも言いますが、今回の大きさの物で通常は1.000円ほどするのでなかなか買うことが出来ません。
 しかし良く行くスーパーでは時折そのような高級魚でも手頃な価格で売られています。
 そんな時は迷わず「買い」ですね。
 買ってから食べ方を考えますが、刺身、塩焼き、煮付け・・・何でももちろん美味しいです。
 色々迷った挙句、身の方は湯引き、アラはアラ汁にしました。
 思ったより脂が乗っていて美味しかったです。
f0290971_15253576.jpg

f0290971_15254436.jpg

f0290971_15255467.jpg

f0290971_18532484.jpg

f0290971_19383441.jpg

f0290971_19384649.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-14 00:03 | たかが男の料理 | Comments(12)

 これからが旬のホタルイカ

 少し前からスーパーにホタルイカが並ぶようになりました。
 昔は3月の終わりからでしたが今は鳥取産などが入荷するので旬もズレた感じです。
 しかし今回の鳥取産はまだ小さくて時期の富山産のように大きくプリプリではありません。
 でも珍しさも手伝って一パック買って来ました。
 目玉と骨を取って・・・さてどのようにして食べましょう・・・?
f0290971_18391998.jpg

f0290971_18393191.jpg

f0290971_18394446.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-12 00:03 | たかが男の料理 | Comments(10)

 おり菜とホタテのバター炒め

 おり菜とは飛騨の菜の花です。
 詳しく言うと菜の花はアブラナ科アブラナ属の花の総称のことで、地方によって色々な種類があります。
 飛騨では昔から若葉と花の蕾を食べるためだけに品種改良されたのが栽培されています。
 まだ畑には雪があるので今出回っている物はハウスで育てられたものですが、
 他の地方の菜の花に比べて茎も太いのに柔らかくて風味も強いです。
 今回はホタテと合わせてバター炒めにしました。
f0290971_1832269.jpg

f0290971_18321581.jpg

f0290971_18323178.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-10 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)

 ゴマサバで作る〆鯖

 〆鯖用の新鮮なゴマサバが売られていたので買って来ました。
 釣り鯖で首を折って活きジメをしてあります。
 鯖の酢〆はマサバよりゴマサバの方が美味しいと一般に言われています。
 本当はもう少し脂の乗った時期であればもっと美味しいだろうと魚屋では仰いましたが、
 捌いていて包丁に脂が付くほど脂の乗りも良かったです。
 今回は山かけにして天然わさびを擂りました。
f0290971_1321187.jpg

f0290971_1323540.jpg

f0290971_1324786.jpg

f0290971_133710.jpg

f0290971_1332310.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-06 00:03 | たかが男の料理 | Comments(6)

 もつ煮

 とんちゃん、ホルモンなどの内臓料理はたまに食べます。
 私的にはホルモンは牛、トンチャンは豚、そしてケイチャンは鶏と思っているのですが皆さんはどうでしょう?
 昔はマイナーな料理で食べる人も少なく、特に女性には見向きもされなかったようですが、
 最近はコラーゲンが多いので美容にも良いとかでモツ鍋など若い女性の御用達のお店も多くあるようですね。
 モツは既に味付けした袋入りが何処のスーパーでも売っているのでそれを買って来て焼けば簡単なのですが、それでは記事になりません。
 今回は豚のタンとハツ、それにコブクロを単体で買って来て自分で味付けしたもつ煮です。
 食べやすい大きさに切って味噌などで味付けします。
 今回は豆の田舎味噌にコチュジャン、日本酒、みりん、砂糖、にんにく、しょうが、りんごなどその場の好みで仕上げました。
 また焼き肉のたれに漬け込んで焼くのも簡単で良いですよ。
f0290971_684938.jpg

f0290971_69254.jpg

f0290971_691473.jpg

f0290971_69256.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-03 00:03 | たかが男の料理 | Comments(6)