カテゴリ:たかが男の料理( 158 )

 巨大マグロの頭

 能登へ行った帰りに巨大な本マグロの頭を買って帰りました。
 その日は行き付けのスーパーでマグロの解体ショーがあったらしく柵取りしたマグロの切り身が良い値段で売られていました。
 そこに飾ってあった頭・・・「柵よりこちら・・・」と私が飛び付いたのは言うまでもありません。

 売り物では無かったらしく聞いたら店では捌けないので売れないとのこと、
 それならば自分で捌くのでこのままで良いと直談判して結局1.000円でお買い上げ~

 帰ってから大奮闘でしたが何とか頭と頬の肉、それに目玉などの部品?を得ることが出来ました。 
 また残った骨は出汁取りに使いました。
 何と言っても本マグロですからね、無駄には出来ません。
f0290971_9474382.jpg

f0290971_9475559.jpg

f0290971_948523.jpg

f0290971_10323255.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-12-16 00:03 | たかが男の料理 | Comments(17)

 ようやくしな漬けが食べ頃になりました

 先日途中経過を記事にしたしな漬けがようやく塩味も均れて美味しくなりました。
 色も独特のピンクで発色も良く食欲が湧きます。
 ここ数年のうちでは一番良い塩梅になっており、これならもう少し多く漬ければ良かったかと、
 そんなことは食べてしまってから考えれば良いのに・・・ですね。

 赤かぶの漬物と言えばテレビドラマの「赤かぶ検事奮戦記」を思い出します。
 橋爪功さんや藤田弓子さん高田万由子さんたちと一緒に飲んで写真を撮ってもらったことが懐かしいです。
f0290971_9454065.jpg

f0290971_945508.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-12-14 00:03 | たかが男の料理 | Comments(12)

 辛子明太子の完成

 先日仕込んでおいた辛子明太子がようやく完成しました。
 発色剤など入れなった割にはまずまずの良い色に仕上がりました。
 そこで肝心の味ですが・・・
 まるで市販のものを食べているのと変わりません。
 ・・・と言うことは成功?
f0290971_1345428.jpg

f0290971_1843827.jpg

f0290971_1845151.jpg

f0290971_18522.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-12-12 00:03 | たかが男の料理 | Comments(14)

 白菜の切り漬けが食べ頃になりました

 約1週間ほど前に漬けた白菜の切り漬けがようやく美味しくなりました。
 飛騨で切り漬けと言うと何と言っても「漬物ステーキ」です。
 それが楽しみで漬けたようなものなので早速やってみますね。
 その様子はまた記事にしたいと思います。
f0290971_848138.jpg

f0290971_8481122.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-12-08 00:03 | たかが男の料理 | Comments(14)

 シマダイを刺身用に捌いてみる

 普通、スーパーの魚コーナーでも姿のまま見ることは少ないシマダイです。
 大きくなるとイシダイとも呼ばれる魚で名の通り鯛の仲間です。
 小さなものは半分にぶつ切りにして味噌汁が一般的な利用法ですが、
 これくらい大きくなると刺身でも行けます。
 今回は一応刺身用に捌いてみました。

 ※ シマダイを三枚におろす動画がMoreにありますのでご覧ください。
f0290971_92227.jpg

f0290971_9221124.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-12-06 00:03 | たかが男の料理 | Comments(12)

 しな漬けのその後

 先月の中旬に漬けた赤かぶのしな漬け、どんな様子か桶を開けてみました。
 しな漬けは他の漬物と違って塩漬けの具材を入れるので塩分の調整が難しいのです。
 特に私のように大量にきのこなど入れるとどうしても塩辛くなりやすいので途中で調整する必要があるのです。
 一切れ食べてみたらそんなに塩っぱくなくてちょうど良い塩梅です。
 もう少し熟れてくれたら尚、美味しくなるでしょう。
f0290971_10384823.jpg

f0290971_1038586.jpg

f0290971_10391757.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-12-04 00:03 | たかが男の料理 | Comments(10)

 辛子明太子の仕込み

 大粒の新鮮な生たらこが手に入ったので今回は辛子明太子を作ります。
 最近は外国産の色鮮やかなものも売られていて、特売では298円も出せば買って来ることが出来ますが添加物の多い食品と聞きます。
 ここは一つ無添加で作ればどのようになるかと言うことで実験です。
 もちろん初めて作りますよ~

 色々ググッてみたら結構手間隙の掛かるものなのですね、仕上がりまでには一週間以上も費やします。
 色々なレシピの良いとこ採りで自分流にアレンジしてみました。
f0290971_1833519.jpg

     ↑ 生のスケソウダラの卵

f0290971_1834266.jpg

     ↑ 軽く塩をして冷蔵庫で1時間ほど置き水分を拭き取ります 

f0290971_1834144.jpg

     ↑ その後日本酒に浸して一晩下漬けします

f0290971_18342825.jpg

     ↑ 余分な水分を拭き取って整形して再び冷蔵庫で半日置きます

f0290971_18344654.jpg

     ↑ 本漬けのタレは日本酒に昆布とかつお節を入れ沸騰させてから漉して、絞ったゆずと唐辛子粉を加えて冷まします

f0290971_18345786.jpg

     ↑ ジップロックに本漬け用のタレとたらこを入れて冷蔵庫で一週間熟成させます。
       (今回はここまでです)
[PR]
by sikisai03 | 2017-12-02 00:03 | たかが男の料理 | Comments(10)

 白菜の切り漬け

 11月30日 19:40 追記
 記事をアップした時に時間が無かったので説明も何も無く乗せてしまいました。
 改めて少し書いておきたいと思います。

 この前、赤かぶのしな漬けを漬けたのですが、今年は量を減らして桶も一つ余ったので急に白菜漬けが思い浮かんで来ました。
 本格的な白菜漬けは半分か四半分に切って漬けるのですが、ここは男の漬物なので”なんちゃって漬け”と言うことで切り漬けにしました。
 3個分の白菜の他、味を良くするために柚子と切り昆布、鷹の爪も入れました。
 数日から一週間も漬ければ食べられるようになるはずです。
f0290971_18393622.jpg

f0290971_18394642.jpg

f0290971_1840720.jpg

f0290971_18402069.jpg

f0290971_18403274.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-11-30 00:03 | たかが男の料理 | Comments(16)

 山ぶどうゼリー

 今年も何度か山ぶどうを採って来ました。
 昔はよく果実酒を造ったものですが最近はあまり飲まないので今年はジュースにしていました。
 そのジュースを使ってゼリーで固めたおやつです。
 酸味が程好く効いていてすっきりとした美味しさに仕上がりました。
 これで紅茶を・・・
f0290971_1044524.jpg

f0290971_1045346.jpg

f0290971_10451290.jpg

 レシピ(覚書)
  水 130cc
  粉寒天 3g
  山ぶどうジュース 500cc
  砂糖 大さじ1
  塩 一つまみ
[PR]
by sikisai03 | 2017-11-28 00:03 | たかが男の料理 | Comments(10)

 しな漬け

 今年も赤かぶのしな漬けを漬ける時期となりました。
 これも飛騨の風物詩で私としても年中行事となっています。
 そのために秋のキノコ狩りに勤しむのであって、今年も何とか天然のキノコがたくさん入ったしな漬けを仕込むことが出来ました。
 昨年は大小の二つの樽に10kg.ほど漬けましたが少し余ったので、今年は大きな樽の方で6kgだけにしました。
 入れるのはもちろん主役の赤かぶとキノコが数種、みょうが、きゅうり、それに菊芋です。
 順調に漬かれば来月の中頃から食べられるようになるでしょう。
f0290971_10441376.jpg

f0290971_10442379.jpg

f0290971_10443660.jpg

f0290971_10444967.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-11-26 00:03 | たかが男の料理 | Comments(10)