カテゴリ:小さな旅( 83 )

 野島崎灯台

 房総半島南端の野島崎にある灯台は明治2年にフランス人技師ウェルニーの設計によって造られたとのことで、
 光源であるレンズの直径は2メートル以上で人の背丈以上の大きさです。
 日本では東京湾の観音崎に次いで2番目の洋式灯台と言われています。
 私は以前にこの灯台に登ったことがあったので今回は入りませんでしたが、
 展望台からの眺めは周りが海で、弧を書く水平線にやはり地球は丸いと実感しました。
f0290971_16471112.jpg

f0290971_16472393.jpg

f0290971_16473556.jpg

f0290971_16474524.jpg

f0290971_16475616.jpg

f0290971_1648680.jpg

f0290971_16481522.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-09-17 00:03 | 小さな旅 | Comments(4)

 房総半島最南端 野島崎

 房総半島の最南端野島崎は黒潮が岩礁を洗う岬です。
 野島崎沖は太平洋から東京湾へと入る船舶には重要な航路で、その分往来も多い場所でもあります。
 岬周辺は公園となっており、石像彫刻が並べられたり、海を見下ろす岩礁には恋人スポットのベンチが備えられており、 
 散策路も充実していて立ち寄るには良い所です。
f0290971_16504375.jpg

f0290971_16505562.jpg

f0290971_1651598.jpg

f0290971_16511536.jpg

f0290971_16512446.jpg

f0290971_16513510.jpg

f0290971_16514510.jpg

f0290971_16515979.jpg



[PR]
by sikisai03 | 2015-09-15 00:03 | 小さな旅 | Comments(2)

 鋸山

 千葉県の鋸南町にある鋸山は元の名を乾坤山(けんこんざん)と言うそうですが、
 昔から山の良質な凝灰岩を切り出す石切り場として採石が行われ、
 その結果山の様子が鋸の歯のように鋭く切り取られたことで鋸山と呼ばれるようになったと言うことです。
 江戸時代から昭和にかけて切り取られた石は東京を中心とした地域に運ばれ建築材料として利用されていましたが、
 自然保護規制の強化により昭和57年を最後に採石を終了したと言われています。
 今は観光資源としてロ-プウエイや有料道路で山頂近くまで登ることが出来、多くの観光客が足を運んでいます。 
 山頂からの眺めは広く東京湾が見渡せて素晴らしいものです。
f0290971_18495684.jpg

f0290971_18501297.jpg

f0290971_18502565.jpg

f0290971_18503972.jpg

f0290971_18505378.jpg

f0290971_18511081.jpg

f0290971_18512781.jpg

     ※画像の4枚目と5枚目のサイズを大きくしてあります。


[PR]
by sikisai03 | 2015-09-13 00:03 | 小さな旅 | Comments(8)

 道の駅 きょなん

 房総半島内房にある鋸南町の道の駅、”きょなん”に立ち寄ってみました。
 切手を収集したことがある人であれば知っておられると思いますが、
 1948年に発行された「見返り美人」の記念切手は菱川師宣の浮世絵がデザインされています。
 その菱川師宣生誕の地が此処と言う訳で、見返り美人の像や切手の図案になった看板が目を引きます。
 生憎記念館が休館だったので入ることが出来なくて残念でした。
f0290971_1964274.jpg

f0290971_1965581.jpg

f0290971_197740.jpg

f0290971_1971956.jpg

f0290971_1973426.jpg

f0290971_1975031.jpg

f0290971_198437.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-09-10 00:03 | 小さな旅 | Comments(2)

 道の駅 潮風王国

 もう十数年前になりますがその時訪れた千倉の道の駅、潮風王国に久し振りに立ち寄ってみました。
 この日は台風の接近で波浪警報が出ていたので漁が出来なくて、新鮮な魚を買い求めることが出来ませんでしたが、
 それでも店内の大きな水槽には各種の魚が入れてあり、希望があれば掬って売ってもくれます。
 併設の食堂は新鮮な魚介類を使ったメニューに人気が有るようでたくさんのお客で賑わっていました。
 ちょうどお昼時だったので私も海鮮丼を注文しましたが結構なボリュームで美味しかったです。
f0290971_18281758.jpg

f0290971_18283473.jpg

f0290971_18284451.jpg

f0290971_18285498.jpg

f0290971_1829390.jpg

f0290971_18291375.jpg

f0290971_1829234.jpg

f0290971_18293479.jpg


[PR]
by sikisai03 | 2015-09-07 00:03 | 小さな旅 | Comments(2)

 星ヶ畑の棚田

 棚田は日本各地にあり、よく「棚田サミット」と言う言葉さえ耳にします。
 機械化が進むほど取り残される山間の田んぼですが、風景的には古の日本を感じさせますね。
 ここ千葉県鴨川市の畑地区に”星ヶ畑の棚田”と言う所があります。
 星ヶ畑とは響きの良い名前だと思い調べたら、大昔にこの辺り一帯に沢山の星が降ったという言い伝えがあり、
 明治までは星ヶ畑という地名だったそうです。
 狭い道を車で進むと終点に駐車スペースがあって車を止めることが出来ます。
 棚田としての規模はそんなに広くは無いですがそれでも和みを感じる風景でした。
f0290971_1254856.jpg

f0290971_12542096.jpg

f0290971_12543592.jpg

f0290971_12545986.jpg

f0290971_12551399.jpg

f0290971_12552367.jpg

f0290971_12553583.jpg


[PR]
by sikisai03 | 2015-09-05 00:03 | 小さな旅 | Comments(0)

 東京湾アクアライン 海ほたる

 久し振りに房総半島へ行くことがあってアクアラインを通りました。
 アクアラインは東京湾を川崎から木更津までトンネルと橋とで結ぶ高速道で、途中にパーキングエリアの海ほたるがあります。
 長いトンネルや橋も見事なものですが、海ほたるの大きさにも驚き、大人でも何かしらワクワクしてしまいます。
 晴れていたら横浜や東京、千葉など周囲が見渡せ、スカイツリーや遠くには富士山さえも見ることが出来ます。
 この日は少し雲があったので富士山は無理でしたが、
 湾を航行する大型船や、頻繁に発着する飛行機が次から次と現れて時間の経つのも忘れるほどでした。
f0290971_17154414.jpg

f0290971_1716071.jpg

f0290971_17161441.jpg

f0290971_17162734.jpg

f0290971_1716425.jpg

f0290971_17165556.jpg

f0290971_17171033.jpg

f0290971_17172293.jpg


More 動画もあります。
[PR]
by sikisai03 | 2015-09-01 00:03 | 小さな旅 | Comments(0)

 僧ヶ岳

 富山県入善町から見た飛騨山脈の北の端の山々です。
 左から毛勝山、駒ヶ岳、僧ヶ岳、烏帽子山、鋲ヶ岳などが見えています。
 僧ヶ岳から奥はまだまだ残雪が多いですね。
f0290971_12564387.jpg

f0290971_1256577.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-05-01 00:03 | 小さな旅 | Comments(0)

 開田高原

 今日から師走、慌ただしい1ヶ月が終わると新年を迎えます。
 ここは信州の開田高原、天気の良い晴れた日は中央アルプスも観ることが出来ます。
 昔は木曽馬の肥育地として有名でしたが、
 残念なことに最近は蔬菜作りの村になったようで広大な草原も姿を変え牧歌的な風情が薄れてしまいました。
f0290971_1311383.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2014-12-01 00:03 | 小さな旅 | Comments(0)

 垂水の滝

 能登半島の輪島市と珠洲市の境にある垂水の滝(別名吹き上げの滝)に立ち寄って来ました。
 この辺りの海岸は浸食された岩の形が面白く各地に展望公園などがあります。
 ここもそんなスポットの一つで、垂水の滝は落差が15mあり、
 冬には強風によって波の花が時折滝の上部まで舞い上がります。
 この日は波も高くは無く、冬のような荒れた海では無かったです。
f0290971_4374392.jpg

f0290971_4375441.jpg

f0290971_438664.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2014-06-01 00:03 | 小さな旅 | Comments(0)