カテゴリ:小さな旅( 92 )

 新潟県加茂市の六斎市

 六斎市とは月に6回の市が開かれるのでそう呼ばれていて古くは鎌倉時代からあったとか・・・
 全国各地で開かれているようですが、その一つの加茂市の六斎市に行って来ました。
 此処の市は大雨の日でも雪が降っても嵐でも立つと言われています。
 その日も生憎の雨模様でしたが確かに何軒もの露店が並んで農産物を主に、
 他にも海産物、衣料品、雑貨などがありました。
 加茂市の六斎市は毎月4と9の付く日にあるとかで江戸時代から続けられているそうです。
 面白いのは値段が安いことは元より、おまけが凄くて大儲けした気分になれます。
 例えば市価で300円程度のカリフラワーを買えば同じく200円程度のブロッコリーをおまけしてくれる・・・
 どうです、近くにこんな店が欲しいとは思いませんか?
f0290971_744226.jpg

f0290971_745936.jpg

f0290971_751082.jpg

f0290971_752155.jpg

f0290971_753264.jpg

f0290971_7547100.jpg



[PR]
by sikisai03 | 2015-12-02 00:03 | 小さな旅 | Comments(6)

 こだわり手打ち蕎麦 清流

 今回板取へ行った際にお昼ご飯を何処にしようかと事前に調べていました。
 口コミで良さそうだったのが手打ち蕎麦の清流だったので行ってみることに・・・
 お勧めのざるそば定食は温かなかけそばでもOKとのことだったのでそれを頼むことにして、
 テラスからの清流を眺めながら待ちます。

 しばらくしてお膳で運ばれて来た定食はかけそばに味ご飯、あまごの甘露煮と珍しい芋茎の煮物、
 更に柔らかい大根の煮物やささげ豆など色々にデザートの柿まで付いていました。
 味ご飯の具が歯応えのある肉のようで、そう言えばこの店はジビエも出すとか・・・
 聞いてみたら「鳥のキジ肉」だそうで、なるほど深い味わいがある訳です。
 全体に田舎料理のせいでしょうか、少ししょっぱい感じはありますが、この土地の味付けなのでしょう。
 甘露煮も市販品では無く店で炊いたものらしくふっくらとしており美味しく頂きました。
f0290971_1532126.jpg

f0290971_15321111.jpg

f0290971_15322317.jpg

f0290971_15323354.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-11-20 00:03 | 小さな旅 | Comments(10)

 杉原の大杉

 前記事の株杉の後、杉原の大杉も見に行きました。
 板取は杉の木が多い所、杉の生育に適しているようです。
 杉原の地は名が示す通り杉の木がたくさん見られますが、特にこの木は大きく樹齢900年とか言われています。
 樹高は40mもあり、幹周り(目通り)8.4mとのことですから相当な大木と判ります。
 この大杉には八百比丘尼の伝説があるようですが、飛騨にある美女峠の八百比丘尼伝説とも関係があるのでしょうか?
 また調べてみたいと思います。
f0290971_653192.jpg

f0290971_6531361.jpg

f0290971_6532494.jpg

f0290971_6564952.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-11-19 00:03 | 小さな旅 | Comments(10)

 株杉

 岐阜県関市板取の蕪山の麓にある21世紀の森があり、その杉林の中に異様な感じの大きな株の杉の木がたくさん見られます。
 それは根元から伐り倒さずある程度の高さの位置で伐採し、新芽を育ててまた伐ると言った作業を繰り返した結果生じた姿のようです。
 林内には散策のための周遊コースが設けられており、もちろん立ち入ることも出来ます。
 若い杉の林の中に点在するたくさんの株杉はまるでモンスターの様で、ちょっと変わった景観を呈しています。
  ※ 2枚目の説明看板の画像が読み難い時はクリックして下さい。
f0290971_1439942.jpg

f0290971_14392149.jpg

f0290971_14393179.jpg

f0290971_14394211.jpg

f0290971_14395518.jpg

f0290971_1440692.jpg

f0290971_14401867.jpg

f0290971_14403118.jpg


More 動画もご覧下さい。
[PR]
by sikisai03 | 2015-11-18 00:03 | 小さな旅 | Comments(12)

 関市板取根道神社のモネの池

 今年の夏頃から気になっていた「名前の無い美しい池」へようやく行くことが出来ました。
 場所は岐阜県関市板取にある根道神社脇の湧き水の池です。
 池の名前は無いようですが、ヒツジグサやコウホネなど水草があることから誰とも無しに「モネの池」と名付けられたようです。
 その透明感が凄く、まるで水が無いように見えるとか・・・ネット検索すると素晴らしい映像が・・・

 しかしなかなか忙しくて行けないうちにテレビなどマスコミで紹介されて結構な人出となっているとか、
 それならウイークデーにと、何時ものブロ友さん達と一週間前に訪れました。
 期待していた池は前日までの雨のため、土手を多くの人が雨の中歩いたことで泥水も混入したのでしょう。
 残念ながら少し濁っていました。
 それでも「美しい池」の片鱗は垣間見たような気がしました。
 それにしても平日だったのにも関わらずたくさんの人でビックリしました。
 少し静かになってからまた行って見たいと思いますが、やはりヒツジグサが咲く季節が良いようです。
f0290971_14102100.jpg

f0290971_14101632.jpg

f0290971_14102753.jpg

f0290971_14103914.jpg

f0290971_14105710.jpg

f0290971_1411976.jpg

f0290971_14113288.jpg

f0290971_14114722.jpg


More 一応動画も撮って来ましたのでご覧下さい。
[PR]
by sikisai03 | 2015-11-17 00:03 | 小さな旅 | Comments(16)

 熊野古道

 せっかく紀伊半島まで行ったのだから少し熊野古道も・・・と、一部ですが歩いてみました。
 熊野市二木島から甫峠の間ですが、狭い山道にしっかり階段状に石が敷いてありました。
 昔の人がここを歩いたのだな・・・と思うと何だか感慨深いものがありました。
 しかしそれにしても険しい山道でした。
f0290971_1172359.jpg

f0290971_1173956.jpg

f0290971_117506.jpg

f0290971_118269.jpg

f0290971_1181342.jpg

f0290971_1182589.jpg

f0290971_1183637.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-10-30 00:03 | 小さな旅 | Comments(10)

 朝の七里御浜

 七里御浜のちょうど真ん中位に阿田和の道の駅”パーク七里御浜”があります。
 朝が早かったのでまだ開店前だったので中の様子はお伝え出来ませんが、 以前行った時は何度か入ってみました。
 ここの道の駅の特徴は半分がスーパーで地元の人も多く買い物に来ます。
 道の駅にしてはちょっと珍しいと思います。
 大きな歩道橋があり海岸へも近く、少し浜辺で散歩するにも良い所です。 
f0290971_9132882.jpg

f0290971_9135251.jpg

f0290971_914376.jpg

f0290971_9141313.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-10-28 00:03 | 小さな旅 | Comments(10)

 まれの道 のと里山海道

 今年5回目の能登へ行って来ました。
 以前の能登有料道路は現在無料化され「のと里山海道」となっています。
 前回通った時に気付いたのですが、 
 別所岳パーキングエリアを過ぎて坂を下る途中でNHK朝の連続ドラマ「まれ」の主題歌が聴こえる区間があります。
 その時は急に鳴り出したので撮影の間が無く通り過ぎましたが、今回夜中でしたがちゃんとビデオに撮って来ました。
 Moreにリンクしてありますのでご覧下さい。
 何でも特殊なアスファルト舗装を施してタイヤとの摩擦によって音を発生させる仕組みだそうで、
 このような「おとのみち」は各地にあるようです。
f0290971_6271645.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2015-09-25 00:03 | 小さな旅 | Comments(6)

 この先太平洋

 何時も私が行く海は日本海のことが多く、太平洋は久し振りです。
 房総半島の南端から望む海は特に広くずーっと先まで続くと思うと本当に雄大な感じがします。
 山国に住む者はたまには広々とした海を見るのも新鮮で良いものですね。
 この日は台風が近付いていたので少々波が高かったです。
f0290971_2023713.jpg

f0290971_2025157.jpg

f0290971_203210.jpg

f0290971_2031383.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-09-19 00:03 | 小さな旅 | Comments(6)

 野島崎灯台

 房総半島南端の野島崎にある灯台は明治2年にフランス人技師ウェルニーの設計によって造られたとのことで、
 光源であるレンズの直径は2メートル以上で人の背丈以上の大きさです。
 日本では東京湾の観音崎に次いで2番目の洋式灯台と言われています。
 私は以前にこの灯台に登ったことがあったので今回は入りませんでしたが、
 展望台からの眺めは周りが海で、弧を書く水平線にやはり地球は丸いと実感しました。
f0290971_16471112.jpg

f0290971_16472393.jpg

f0290971_16473556.jpg

f0290971_16474524.jpg

f0290971_16475616.jpg

f0290971_1648680.jpg

f0290971_16481522.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-09-17 00:03 | 小さな旅 | Comments(4)