カテゴリ:乗鞍の高山植物( 17 )

 乗鞍の高山植物 17

 シラタマノキ ミヤマハタザオ シコタンハコベ

 今回の3種は案外標高の低い場所でも見られる花たちです。
 いずれも飛騨では標高が1200m辺りの山間地でも見られることから高山植物と言うには少しおこがましいかも?
 それでも標高が2500mを超えても咲いているので一応チェックして来ました。
f0290971_16525222.jpg

f0290971_1653548.jpg

f0290971_16531563.jpg

     ↑ 以上3枚はシラタマノキ

 秋になると白いまん丸の実を付けるシラタマノキ、その実故の名前です。
 実と言っても実はガクが発達したもので完全な実ではありません。
 潰すとサロメチールの爽やかな香りがします。
 乗鞍の山麓の五色が原や御岳山麓の濁河辺りでも見ることが出来ます。
 今回はまだ蕾なので実の様子はこちらでご覧ください。

f0290971_16533614.jpg

f0290971_16535069.jpg

f0290971_1654246.jpg

     ↑ 以上3枚はミヤマハタザオ

 アブラナ科の山野草も色々ありますが、その中では標高の高い所を好みます。
 乗鞍にはこれに良く似たハタザオ類ではウメハタザオがありますが、
 そちらはスカイラインの途中の猫岳から土俵ヶ原に多く見られます。

f0290971_1655156.jpg

f0290971_16551755.jpg

f0290971_16553111.jpg

     ↑ 以上3枚はシコタンハコベです。

 多分、一番最初の四季彩日記に載せたと思いますが、その時は平湯の白谷に自生しているものでした。
 飛騨では案外珍しい北方系の植物で、他ではあまり見たことがありません。
 今回のものは桔梗ヶ原にあったものですが株も少なかったです。
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-22 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(4)

 乗鞍の高山植物 16

 イワウメ コガネイチゴ コウメバチソウ

 目ぼしい種類から順番に載せている訳でもないですが今回もちょっと地味な花の記事です。
 時には見過ごしてしまいそうな花ですが、それでも良く見ると健気に咲いてかわいいものですね。
f0290971_16485316.jpg

     ↑ 以上1枚はイワウメ

 イワウメの開花は早く、雪が解けたら直ぐにでも咲いて来ます。
 そのためこの時期ではほとんど終わっているため花の写真はこれ1枚しか撮ることが出来ませんでした。
 普通であればこの葉っぱのマット上にいくつかの花を咲かせるのですが、1輪だけと寂しかったです。

f0290971_16501258.jpg

f0290971_16502669.jpg

     ↑ 以上2枚はコガネイチゴ

 良く似た花にミツバオウレンがありますが、それより花弁が細長く、葉の数も4~5枚と多いので3枚のミツバオウレンとは区別が簡単です。
 夏の終わりには実を付けるのですが、その実はと言うと粒も少なく疎らでイチゴらしい実ではありません。
 それでもちゃんと種を持っているから強いものです。

f0290971_16505517.jpg

f0290971_1651584.jpg

f0290971_16511426.jpg

f0290971_16512556.jpg


     ↑ 以上4枚はコウメバチソウです。

 これも平地のウメバチソウの高山タイプなので背丈もせいぜい15cmほどと小さいです。
 梅鉢といえば紋所、上から花を見るとちゃんとご紋に見えますね。 
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-21 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(14)

 乗鞍の高山植物 15

 ベニバナイチゴ ゴゼンタチバナ ミヤマクロスゲ

 乗鞍の高山植物も垂直分布があって標高2000m辺りから徐々に高度を増す毎に見られる花も変わって行きます。
 森林限界を過ぎてハイマツの域になるとそこ此処に高山植物らしい顔が出揃って来て目を楽しませてくれます。
 本当は麓から歩くとその辺りが良く判るのですが、この歳になると長いアプローチは堪えます。
f0290971_16401094.jpg

f0290971_16402423.jpg

f0290971_16403499.jpg

     ↑ 以上3枚はベニバナイチゴ

 高山帯では植物は皆矮小化されると言いましたが時には例外もあるようで、
 このベニバナイチゴは里のイチゴの仲間より大きくなって丈は1mを超すのも普通に見られます。
 また花は紅褐色で地味ですが、大きな赤い実を付けます。
 里にはクマイチゴがあり、熊が好みそうですが、このベニバナイチゴの方が好きなのでしょう。
 実際この実を食べている熊に乗鞍では何度か遭遇したことがありました。

f0290971_1642275.jpg

f0290971_16421679.jpg

     ↑ 以上2枚はゴゼンタチバナ

 この花も登山者には人気なようで名前を知っている人も多いようです。
 秋には真っ赤な実を付けるのでその印象も深いのでしょう。
 ハイマツの影に隠れるように見られるところは控え目さを感じる花です。

f0290971_1647090.jpg

f0290971_16471096.jpg

     ↑ 以上2枚はミヤマクロスゲです。

 ミヤマクロスゲは前に紹介したミヤマホタルイ同様の単子葉植物で花でも咲いていないと雑草?と思われます。
 スゲの仲間でパイオニア植物としては強い方で、少し湿ったような場所でも群落を作ります。
 高山チョウの中にベニヒカゲとかクモマベニヒカゲが居ますが、彼らの幼虫時代の食べ物はこれらのスゲ類です。
 もちろん乗鞍にはその両種のチョウも生息しています。
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-20 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(6)

 乗鞍の高山植物 14

 ミヤマセンキュウ ミヤマコウゾリナ チシマギキョウ

 高山植物は背丈が低いので写真を撮るのもなかなか大変です。
 立ったままでは上からのアングルしか写せないので、しゃがんだり時には寝そべったりしないと花の持つ表情の表現は難しいものです。
 そんな訳で私のデジカメは可変モニターの付いたのを使っています。
 それでも立ったり屈んだりの運動は突き出た腹が邪魔になって空気の薄い高山では特に苦しいものです。
f0290971_16352815.jpg

f0290971_1636131.jpg

f0290971_16361410.jpg

     ↑ 以上3枚はミヤマセンキュウ

 以前にセリ科のミヤマゼンコなど3種類を紹介しましたが、このミヤマセンキュウも同じ仲間で、
 花も良く似ており見間違うこともある用です。
 でもやはり葉の形が平べったくてシャクのようなので他とは区別出来ます。
 このミヤマセンキュウは畳平周辺より桔梗ヶ原やそれより標高の低い所に多く見られます。

f0290971_16371072.jpg

f0290971_163721100.jpg

f0290971_16373282.jpg

     ↑ 以上3枚はミヤマコウゾリナ

 一見、小さなタンポポ?と勘違いしそうなミヤマコウゾリナ。
 ガクが黒っぽいのが特徴で、蕾や茎には細かな棘があります。
 乗鞍では所々に見られますが、全体的にはあまり多い植物ではありません。

f0290971_1637553.jpg

f0290971_16381055.jpg

f0290971_16382027.jpg

     ↑ 以上3枚はチシマギキョウです。

 一番最初にイワギキョウを紹介しましたが、その時に後日・・・と言っていたチシマギキョウです。
 同じような紫の花でラッパ状に開いた花弁はイワギキョウに良く似ています。
 ただ全体にそれより大きいのと色も薄く、花弁の縁には細かな毛があることで区別出来ます。
 また図鑑などでは上向きに咲くのがイワギキョウで横向きに咲くのがチシマギキョウと記されていることもありますが、
 これは例外も多いので正しい見分け方とは言えません。
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-19 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(8)

 乗鞍の高山植物 13

 シナノオトギリソウ  ネバリノギラン ミヤマタンポポ

 今回も3種の紹介ですが、これらの花はあまり歩かないでも見られるものばかりです。
 でもこれが高山植物!と言うようなインパクトはありません。
 しかし立派な高山植物の一員たちなのですよ。
f0290971_1632120.jpg

f0290971_16321786.jpg

f0290971_16323223.jpg

     ↑ 以上3枚はシナノオトギリソウ

 オトギリソウの仲間はいくつかありますが今回のものはシナノオトギリソウです。
 時期的に花の時期は終わりかけていて条件の良い株を探すのに梃子摺りました。
 畳平のバスターミナルからお花畑に降りる途中や、鶴ヶ池畔の白雲荘周辺などによく見られます。

f0290971_163345.jpg

f0290971_16331878.jpg

f0290971_16333313.jpg

     ↑ 以上3枚はネバリノギラン

 花が咲いていないとショウジョウバカマ?と思われるようなロゼット状に拡がる葉っぱが特徴です。
 画像からは花ではなく実のように見えますがこれでも花なのです。
 摘んでみると名の如く粘りがあることが確認出来ますよ。

f0290971_16335931.jpg

f0290971_1634895.jpg

f0290971_1634188.jpg

     ↑ 以上3枚はミヤマタンポポ

 ご存知、春早くに身近に咲く日本タンポポの高山型です。
 タンポポと言えば最近は外来種のセイヨウタンポポが問題となっていますが、乗鞍岳も例外ではありません。
 車のタイヤなどに付いて登って来た種が根を下ろしたと言われ、数年前までは在来のミヤマタンポポを脅かす存在となっていました。
 しかしセイヨウタンポポが駆除されるようになってからは勢いが増して来たように思えます。
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-17 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(12)

 乗鞍の高山植物 12

 シラネニンジン ハクサンボウフウ ミヤマゼンコ

 先日良く似た黄色い花の3種を紹介しましたが、今回も同じように同定泣かせの3種です。
 いずれもせり科で細かな集合体の花なので、花だけ見ていると皆同じに見えてしまいます。
 これは里ではシシウドやアマニュウなどと同じ仲間なのですが、高山帯ではそんなに大きく育ちません。
 いずれも里に比べると矮小型の植物です。
f0290971_16252848.jpg

f0290971_16254257.jpg

f0290971_16255813.jpg

f0290971_16261412.jpg

     ↑ 以上4枚はシラネニンジン

 草丈が10~20cmとこの仲間では一番小型です。
 他の2種との区別点の一つは名の如く人参のような葉っぱで、細かな切れ込みがたくさんあります。
 気を付けて探せば乗鞍の高山帯の何処にでもあるのですが、特に畳平のお花畑には点々と確認出来ます。

f0290971_16271578.jpg

f0290971_16281125.jpg

f0290971_16273368.jpg

     ↑ 以上3枚はハクサンボウフウ

 シラネニンジンに次いで小さく次に出てくるミヤマゼンコよりやや小さめと言ったところです。
 花は饅頭型に盛るのではなく漏斗型でミヤマゼンコより花弁の色が白っぽく感じされます。
 一ヶ所に群生することが多い植物でもあります。
 
f0290971_16283017.jpg

f0290971_16285045.jpg

f0290971_1629393.jpg

     ↑ 以上3枚はミヤマゼンコです。

 乗鞍のあちこちに普通に見られる花です。
 前2種との大きな違いは大きいことも然ることながら、茎の色が多少赤ぶんで見えることです。
 このミヤマゼンコにはたくさんの昆虫が蜜を求めていることが多く、ハナアブを中心にハエやハチ、
 またピドニアと呼ばれる小型のカミキリムシまでさまざまです。
 天気が良い日には特に多く集まるので詳しく観察されるのもお勧めです。
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-16 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(16)

 乗鞍の高山植物 11

 ウサギギク ヤマハハコ モミジカラマツ

 乗鞍の高山植物の中でこの3種は畳平よりスカイラインの手前にある桔梗ヶ原の方が多く見られます。
 最近鶴ヶ池の周りでも見られるようになったウサギギクもやはり桔梗ヶ原の方がまとまって咲いているため、時間があれば足を延ばして見たい場所です。
f0290971_16195718.jpg

f0290971_16201953.jpg

f0290971_16203422.jpg

     ↑ 以上3枚はウサギギク

 ウサギギクはキク科の植物でひまわりをミニュチュアにしたような花を付けます。
 高山帯でもやはり盛夏の花で見た目も夏らしいですね。
 葉っぱの形がウサギの耳に似ているところから名づけられました。

f0290971_16211574.jpg

f0290971_16214050.jpg

f0290971_16215344.jpg

     ↑ 以上3枚はヤマハハコ

 所謂ハハコグサの高山種でミヤマハハコとも呼ばれています。
 この葉っぱを枯らしておいて揉んで繊維質だけを取り出したものは良質なもぐさになります。

f0290971_16221993.jpg

f0290971_16223334.jpg

f0290971_16224848.jpg

     ↑ 以上3枚はモミジカラマツです。

 乗鞍では亜高山帯までミヤマカラマツがあり、それ以上になるとこのモミジカラマツの世界となります。
 ミヤマカラマツより高標高を好むのですね。
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-15 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(10)

 乗鞍の高山植物 10

 もうこのシリーズも10回目となりましたが、まだ予定している半分程度です。
 今回は黄色い花のシナノキンバイ、人気の高いミヤマクロユリ、そして乗鞍では少ないイワベンケイに触れてみたいと思います。

f0290971_189015.jpg

f0290971_1891511.jpg

f0290971_1892620.jpg

     ↑ 以上3枚はシナノキンバイ

 前回の3種の黄色い花にこれも良く似ています。
 ミヤマキンポウゲと同じキンポウゲ科で花の大きさが倍以上あるので比べると見分けは付きますが、
 案外近くに見られる場所が少ないので判りにくいものです。
 土俵ヶ原の烏帽子岳側やエコーラインへの県境ゲート下の斜面などに群落があります。

f0290971_1894045.jpg

f0290971_18954100.jpg

f0290971_1810323.jpg

f0290971_18102833.jpg

     ↑ 以上4枚はミヤマクロユリ

 本来北海道の低地に生えるクロユリに対して本州の高山帯のものはミヤマクロユリと区別されています。
 別種とまでも行かないにせよ染色体の数も異なるとのことなので同じではないようです。
 姿の違いとしては多少例外もあるようですが、クロユリの花が一本に3個以上付けるのに対してミヤマクロユリは普通1~2個止まりで3個以上は珍しいです。
 群生地は畳平のお花畑や桔梗ヶ原でこの時期はたくさんの花を咲かせています。

f0290971_18104489.jpg

f0290971_18105738.jpg

     ↑ 以上2枚はイワベンケイです

 高山帯に多肉植物は生息が難しいように思えますが、過酷な低温にも耐えられるように進化しているのでしょう。
 もちろん芽吹くのは暖かくなってからのことですが、乗鞍のような高標高地では5月、6月でも氷点下になることがあります。
 水分が凍結しないように例えば葉や茎の水分の糖度が高くなってるのかも知れません。
 イワベンケイも花の時期が早いためもう散花していたのが残念でしたが黄色い花をたくさん咲かせます。
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-13 18:02 | 乗鞍の高山植物 | Comments(6)

 乗鞍の高山植物 9

 下界でもそうですが、高山植物にも良く似たものがあります。
 科が違っても他人の空似のように咲く花、
 コツを掴まないと見分けられないミヤマキンバイとミヤマダイコンソウ、ミヤマキンポウゲを今日は紹介します。

f0290971_17513243.jpg

f0290971_17515518.jpg

f0290971_1752119.jpg

     ↑ 以上3枚はミヤマキンバイ

 イチゴの葉っぱのような3枚葉が特徴で、直ぐに判るようにバラ科の植物です。
 黄色い5弁の花が特徴で、乗鞍では各所に見ることが出来ます。
 花期も案外長いので夏に行かれると何処かではご覧になれる花です。

f0290971_17524451.jpg

f0290971_17525770.jpg

f0290971_1753848.jpg

f0290971_17531953.jpg

     ↑ 以上4枚はミヤマダイコンソウ

 ミヤマキンバイに似ており混同されやすいですが、こちらは葉っぱが少し大きく1枚なので区別が出来ます、
 ダイコンソウという別の種類がありますがそれとは関係が無い植物で、どうも根っこがダイコンのようなのでそう名付けられたとか・・・

f0290971_17533984.jpg

f0290971_17534962.jpg

f0290971_17535995.jpg

f0290971_17541555.jpg

     ↑ 以上4枚はミヤマキンポウゲです。

 前出の2種と違ってミヤマキンポウゲは名の通りキンポウゲ科に属します。
 やはり葉の形で区別するのですが、これはキンポウゲ科独特の切れ込みのある葉っぱです。
 里には普通のキンポウゲがありますが、それの高山型と考えて良いでしょう。
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-12 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(12)

 乗鞍の高山植物 8

 淡々と乗鞍の高山植物シリーズを続けて参ります。
 何時ものように3種類の紹介で今回はコケモモ、ハクサンイチゲ、ホソバツメクサです。

f0290971_17393468.jpg

f0290971_17395011.jpg

f0290971_1740966.jpg

f0290971_17402339.jpg

     ↑ 以上4枚はコケモモです。

 乗鞍にはライチョウが棲んでいますが、ガンコウランやこのコケモモの実は重要な食べ物となっています。
 良く「ライチョウはどの辺りに見られますか?」の質問を受けますが、やはり木の実のあるような場所へ出て来ることが多いです。
 そのことはまたライチョウの記事で詳しく触れたいと思いますが、そんな場所を知っていると遭遇出来るものです。
 秋になると赤い実を付けますよ。

f0290971_17403981.jpg

f0290971_1741898.jpg

f0290971_17412789.jpg

f0290971_17414380.jpg

     ↑ 以上4枚はハクサンイチゲです。

 ハクサンイチゲは乗鞍を代表する花と言われています。
 それは畳平のお花畑の大群落がそう印象付けているからでしょう。
 ハクサン(白山)の名が付けられているのでもちろん白山でも見られますが、規模としては乗鞍の方が広いようです。
 見頃は7月中旬なので末期でしたが、それでもたくさんの花が出迎えてくれました。

f0290971_1742026.jpg

f0290971_17421599.jpg

f0290971_17423171.jpg

     ↑ 以上3枚はホソバツメクサです。

 一見、地味な感じの花で気付かない人も多いかと思います。
 最初の頃に紹介したイワツメクサやタカネミミナグサと同じハコベの仲間ですが、株が小さくて見逃しそうになります。
 鶴ヶ池の畔に僅かですが見られるので探されると良いと思います。
 また多いのは桔梗ヶ原付近で道端に結構群生しています。
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-11 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(12)