カテゴリ:収集癖( 5 )

 ウミユリとフズリナの化石

 以前のブログでピンナと言う貝の化石やシダの化石などを紹介しましたが、
 今回は子供の頃に探し出したウミユリとフズリナの化石です。
 高山市には飛騨大鍾乳洞があり、その一帯の地質は石灰岩となっています。
 化石はその中に含まれているもので、太古の昔は海の底だったことがそれによって窺えます。
 海抜がマイナスの場所が現在は標高1,000m近くなんてちょっと信じられないですね。
f0290971_18184538.jpg

f0290971_18193053.jpg

f0290971_18194861.jpg

     ↑ 上三枚はウミユリの化石です。
      ウミユリはウィキペディアによると、
      ユリと名が付いていても植物ではなくヒトデやウニと同じ棘皮動物の仲間とあります。
   → https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9F%E3%83%A6%E3%83%AA
f0290971_18202828.jpg

f0290971_18203874.jpg

f0290971_18204857.jpg

     ↑ そしてこの3枚はフズリナの化石です。
      またフズリナは同じくウィキペディアによると、
      紡錘虫類(fusulinid)のことで原生動物有孔虫とあります。
→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%8A

 ※ ウミユリ、フズリナ共に2枚目、3枚目の写真は磨きをかけて見やすくしてあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-03-23 00:03 | 収集癖 | Comments(8)

 ヒスイ

 中学生の時地学クラブに入っていたことものあり、地質や岩石が好きで良く水晶や瑪瑙、それにヒスイなどを探しに行きました。
 幸い飛騨はあちこちにそれらが見られる場所があるので友人と競って集めたものでした。
 ヒスイは高山市のある渓で発見されてからしばらく掘り出されていましたが、今ではその鉱山は廃坑となっております。
 それでも近くの谷川ではその欠片など拾うことが出来ます。
 また富山から新潟にかけては海岸へ流れ着いており、最近でも探しに訪れる人は多いようです。
 ヒスイと言えば碧の済んだ色と思われがちですが白いや紫など色々あります。
f0290971_15243384.jpg

f0290971_15244428.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-02-12 00:03 | 収集癖 | Comments(6)

 岩石 (石英)

 鋼鉄と擦り合わせることで火花を発する石を火打石(ひうちいし)と言い、昔、火を熾すのに使われました。
 いくつかある種類の中で石英が一般的に知られています。
 昔からこのグループの石が好きで見付けたら持って帰っています。
 今回お見せするのがその中で一番大く高さが50㎝以上あります。
 質的には少し濁っていますが、硬い石英の特徴は備えており、ずっしり重いです。
 これを見付けたのは林道はるか下の谷川で、苦労して道まで運び上げたことを今更に思い出します。
 取って置いても何も使うことは無いのですが、捨てる気にもならないのが収集癖なのですね。
f0290971_1528224.jpg

f0290971_15283442.jpg

f0290971_15284515.jpg

f0290971_15285539.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-01-23 00:03 | 収集癖 | Comments(8)

 モダマ

 以前何度も八重山へと足を運びました。
 飛騨には全く無い自然が好きで、山遊びや砂浜遊びなど毎回違った発見があって面白かったです。
 何度目かに行った時はジャングルに入って持ち主の許可を得て、
 木に登ってモダマと言う大きな豆を採ったことがありました。
 木の枝にも時々登っていると言う猛毒のヘビ、ハブを気にしながら・・・
 それでも珍しさも手伝ってバカ力で何とか蔓を手繰り寄せて豆を収穫しました。
 この豆、日本で一番の大きさになるとかで長さは1mを超えます。
 現地から宅急便で自宅に送った後、乾燥させて保存しています。
 これはこれで昔の八重山通いの思い出の一品なのです。  
f0290971_19104582.jpg

f0290971_1911143.jpg

 実際のモダマの画像があります。
 やえやまなび http://yaenavi.com/17399.html
[PR]
by sikisai03 | 2017-01-07 00:03 | 収集癖 | Comments(8)

 コガタスズメバチの巣

 世の中にはしょうもない物を集める収集癖の人がいますが私もその一人です。
 大凡ガラクタと呼ばれるものでも「我楽多:」と書くと夢があるような・・・
 そろそろ写真に残しておいて実物は処分しなければと思い、ついでなので冬のネタ不足を補うために一つずつ紹介して行こうと思います。

 今回はコガタスズメバチの巣、もう十数年前に平湯峠から採って来たものです。
 栃の木の枝に掛けていたもので葉っぱも付いています。
 壊れないようにラッカーを塗ったので艶がありますが、実際の巣は艶がありません。
 ハチの巣は縁起物なので軒の庇に掛けているのを残してある家が多いですね。
f0290971_182072.jpg

f0290971_1821856.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-12-28 00:03 | 収集癖 | Comments(4)