カテゴリ:山菜と木の実( 24 )

 モミジガサ

 山菜の中で私が一番好きなのはこのモミジガサかも知れません。
 しかしこの山菜はかなりの山奥にしか無く足場も悪いので採りに行くのも大変です。
 東北などでは道の駅や産直で売られていますから馴染の人もあるかも知れませんね。
 キク科の山菜独特のアクがありそれが濃厚な旨味となっています。
 食べるのは単純におひたしが宜しいかと・・・
f0290971_358448.jpg

f0290971_359028.jpg

f0290971_3591267.jpg

f0290971_3592770.jpg

f0290971_3594276.jpg

f0290971_359533.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-05-05 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(12)

 コゴミ (山菜)

 早春の雪融けを待って出て来るコゴミは和名はクサソテツと言います。
 ゼンマイなどの羊歯の仲間でアクが少ないのでさっと湯がいて食べます。
 昔からの食べ方としてはお浸しにするか和え物が良く、シャキッとした歯触りと胡瓜のような香りが独特です。
 先日、Facebookに載せたら、ご覧になった方から「生姜の出汁醤油」とか「漬物にして・・・」とか教えて頂きました。
 皆さん色々工夫をされて食べておられるのですね。
f0290971_19435733.jpg

f0290971_19441426.jpg

f0290971_19443152.jpg

f0290971_19444381.jpg

f0290971_19445434.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-04-25 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(10)

 深山の雪解けとふきのとう

 標高1.600mの山奥は例年であればこの時期はまだスッポリと雪の中ですが、
 今年は積雪が少なく最近の高温で随分雪解けが進んでもう地面が顔を覗かせている所もあります。
 そんな場所でふきのとうがいくつか芽を出していました。
 中には既に花開こうとしているのも見られます。
 飛騨の山奥でも、もう春の息吹が感じられる頃となりました。
f0290971_1846574.jpg

f0290971_18471128.jpg

f0290971_18472340.jpg

f0290971_18473532.jpg

f0290971_18474590.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-03-09 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(10)

 冬の赤い実

 葉が落ちた明るい林内を歩くと赤い木の実が目立ちます。
 花の季節には花を、花の無い季節には木の実や木の芽を見て歩くのも山歩きの楽しみです。
 他にもオオカメノキやガマズミなども赤い実ですね。
f0290971_937546.jpg

    ↑ ゴゼンタチバナの紅葉と赤い実

f0290971_9372551.jpg

    ↑ 渓流とナナカマド

f0290971_9373615.jpg

    ↑ 地上に落ちたナナカマドの実

f0290971_9374886.jpg

    ↑ フユイチゴの実
[PR]
by sikisai03 | 2015-11-26 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(8)