カテゴリ:山菜と木の実( 29 )

 天然の山葵採り

 毎年秋になると行かなくてはならなくなる山葵採り、今年も何とか行くことが出来ました。
 これもまた年中行事なのでもう何度もブログの記事にしていますからお馴染みだと思いますが、
 山葵の新芽は春に採り、根っこは秋に採ります。
 夏の間に葉で作られた辛味が根っこに集まるこの時期こそ採り頃なのです。
 刺身やお茶漬け、そしてざる蕎麦にも欠かせない薬味として重宝しますよ。
f0290971_1481748.jpg

f0290971_1482845.jpg

f0290971_1483969.jpg

f0290971_150295.jpg

f0290971_1501371.jpg

f0290971_1502417.jpg

f0290971_929579.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-11-13 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(12)

 マツブサ

 マツブドウ、ワタフジとも呼ばれるブドウのような蔓性のマツブサ、その実は可食で甘酸っぱく独特の味がします。
 脂(やに)臭いと言う意見もありますが嫌な味では無く、どこか記憶に残る味なのです。
 以前に大量に採れた時に果実酒にしましたが、とても美味しく仕上がりました。
 しかし何処にでもあると言うものではなく、たまに遭遇する程度で見付かればラッキーです。
f0290971_1495845.jpg

f0290971_1501890.jpg

f0290971_1503495.jpg

f0290971_1505032.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-11-07 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(10)

 鈴生りの天然ヤマブドウ

 深山へ今年も舞茸を求めて行きましたが不作の年に当たって収穫も無く帰る道すがら天然のヤマブドウに出喰わせました。
 ヤマブドウと言えば蔓が高所に伸びて実っているのですが、この場所は珍しく手が届く範囲に鈴生りに生っていました。
 最近は採って帰っても加工が面倒なのでどうしようか?と迷いましたが、こんなに実ってるとやはり採らずにはいられません。
 最近は人気が出て栽培もされていると言うヤマブドウですから天然物の収穫は有り難いですよね。
 ※ 動画も用意してありますのでMoreからご覧になって下さい。
f0290971_65656.jpg

f0290971_656141.jpg

f0290971_6563480.jpg

f0290971_6564651.jpg

f0290971_657033.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-10-05 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(14)

 山蕗

 前回のウワバミソウと同じで他の山菜より遅くに採る山蕗、これを採りに行く頃になるとその年の山菜ももう終わりです。
 蕗は好きな人が多く春先の柔らかくて短いものを摘んできゃらぶきにする人も多いですよね。
 少し辛めの醬油で煮込むといくらでもご飯が食べられる佃煮となります。
 私も時々はそのきゃらぶきを作りますが、美味しいと思うのはやはりこの時期の太く育った蕗です。
 ただ皮も硬くなっているので茹でて皮を剝く作業が付いて回ります。
 茹でてしまえばアクも感じられなくなり、そのまま出汁を利かした煮汁で炊きます。
 蕗の香りが強くてきゃらぶきより美味しいこと請け合いですよ。 

 ここで蕗を採る時の注意点をひとつ、
 蕗は日当たりの良い場所ほど早くに硬くなってしまいます。
 出来れば木陰の長く伸びたようなものを選んで採ることをお勧めします。
 そのような場所ではまだ柔らかくて引っ張ると途中で切れることがありますが、
 引っ張って根こそぎ採って資源を枯渇することなく、ここは山菜鎌などで切り取りましょう。
f0290971_15555396.jpg

f0290971_1556498.jpg

f0290971_15561566.jpg

f0290971_15595195.jpg

f0290971_1612734.jpg

f0290971_16142100.jpg

f0290971_1615365.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-07-14 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(10)

 終盤の山菜 ウワバミソウ

 ふきのとうから始まった今年の山菜採りももう終盤です。
 この時期ならではのウワバミソウを採りに山奥へ行って来ました。
 飛騨ではミズナの名前で親しまれており家の近くの谷川縁にもありますが、
 奥山のものは倍以上の太さがあり立派です。
 湧水が流れる小川の傍に大きな株がありその場で根を切って来ます。
 ミズナは茎を食べる山菜で、調理法はこれも身欠きにしんと一緒に炊くのが一般的です。 
 先日、飛騨でこのミズナを採りに山に入って熊に襲われた方がありました。
 奥山では特に熊に注意しなければなりません。
f0290971_3281535.jpg

f0290971_3282561.jpg

f0290971_329147.jpg

f0290971_3292059.jpg

f0290971_3554436.jpg

f0290971_3555464.jpg

f0290971_356491.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-07-08 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(8)

 ソバナ(飛騨の方言ではアマナ)

 アマナと言うのは正式には別にあるのですが、飛騨ではこのソバナのことを「アマナ」と呼びます。
 また同属のツリガネニンジンの方も「アマナ」と言うのですが区別するためツリガネニンジンの方を「トウダイアマナ」と呼び分けます。
 荒れた山道の斜面や、苅場などで群生しているので採取は簡単なのですが、
 案外この山菜を知る人は少なく、今まで他人が手折った跡を見たことがありません。
 でもこの山菜は炒めて食べると癖の無い甘い味が口に拡がって美味しいのです。
 山菜教室では何時も紹介しているお勧めの山菜です。
 天ぷらも良いのですが今回も油炒めにしました。
f0290971_17233392.jpg

f0290971_17234528.jpg

f0290971_17235770.jpg

f0290971_1724755.jpg

f0290971_17241760.jpg


 
[PR]
by sikisai03 | 2017-06-16 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(6)

 オオナルコユリ

 わらびもうども終盤となったこの時期、山のアスパラと呼ばれるオオナルコユリを採って来ました。
 これはユリ科の植物で他にも似ているナルコユリやアマドコロ、ユキザサなどは食べられます。
 しかし同じ仲間のチゴユリやタケシマラン、ホウチャクソウは毒なので気を付けなければいけません。
 採る時は良く特徴を確かめてからにしないと中毒の元になります。
 概ね簡単な見分け方は食べられるものは茎が一本で、毒のものは先で枝分かれしています。
 食べ方はアスパラ同様で良いですが、シンプルにマヨネーズで食べるのが私は好きです。
f0290971_176337.jpg

f0290971_1761873.jpg

f0290971_176293.jpg

f0290971_1764219.jpg

f0290971_1765249.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-06-14 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(6)

 山菜採りも佳境に・・・

 飛騨では5月の下旬になると山菜のオンパレードとなります。
 もう既に出ているコゴミやわらび、ゼンマイを初め、うどや蕗が顔を出すのもこの季節です。
 他にもわさびやモミジガサ他、余り知られていないところではツリガネニンジンやソバナ、
 オオナルコユリなどまだまだたくさんあります。
 天気の良い日は弁当を持って美味しい空気を吸いに出かけるのも楽しみです。
  ※ Moreに動画がありますのでご覧下さい。
f0290971_8455871.jpg

     ↑ 山菜の宝庫

f0290971_8534471.jpg

     ↑ この時期にまだふきのとう

f0290971_8462558.jpg

     ↑ ふきのとう

f0290971_8464070.jpg

     ↑ 伸びてしまったコゴミ

f0290971_8465394.jpg

     ↑ モミジガサ

f0290971_847719.jpg

     ↑ モミジガサ

f0290971_8472189.jpg

     ↑ ソバナ

f0290971_847361.jpg

     ↑ ソバナ

f0290971_8475214.jpg

     ↑ わさびがある渓の源流

f0290971_848894.jpg

     ↑ 天然のわさび

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-05-24 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(6)

 アズキナの油炒め (ナンテンハギ)

 アズキナは同じマメ科であっても小豆とは関係の無い植物で正式名はナンテンハギのことです。
 昔から飛騨高山では他の山菜より重宝がられて、市民であれば先ずその名を知らない人はいないほど、
 春には若葉を摘む人があちこちの土手に見られます。
 同じ飛騨でも食べない所が多いので本当に狭地性の嗜好と言うことになります。
 もちろん今では栽培もされてスーパーにも時期になると並ぶようになりました。
 食べ方としては天ぷらのタネにするのが一般的ですが油炒めも甘くて美味しいです。
 今回はたくさん採れたので油炒めにしました。 
f0290971_654431.jpg

f0290971_6541617.jpg

f0290971_6542990.jpg

f0290971_6544052.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-05-20 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(8)

 春の山菜 コゴミ

 雪溶けの後、清流沿いに群生して芽吹くお馴染みのコゴミは正式にはクサソテツと言います。
 アクが少なく茹でるだけで食べられる重宝さが人気で最近の山菜ブームも手伝ってか、
 旬の前に栽培されたものがスーパーでも売られていますね。
 あまり伸びたものは採りませんが、逆に芽吹いたばかりの短いものも採りません。
 丁度良い長さのを選んで採るのですが、全部折らないで1株で2本ほどは残しておきます。
 そうすることで来年も再来年も楽しむことが出来るのです。
 それが山菜採りの大切なマナーの一つなのです。
f0290971_6391876.jpg

f0290971_6395348.jpg

f0290971_64356.jpg

f0290971_643453.jpg

f0290971_6442668.jpg

f0290971_6503168.jpg

f0290971_6511583.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-05-08 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(14)