カテゴリ:山野草・木の花( 78 )

 アキノギンリョウソウ

 以前のブログでアキノギンリョウソウの花は一度紹介していますが実の方は初めてです。
 花や実はキノコ狩りに行くと山中で良く見ることがありますが、目的が違うので何時もスルーすることが多いです。
 今回は実の状態が良かったのでしっかり写真を撮って来ました。
 土筆の茎の先にあるような実は少し硬く、イワナシの皮を剥いたような形です。
f0290971_2091213.jpg

f0290971_209268.jpg

f0290971_2094075.jpg

f0290971_2095169.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-10-25 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(6)

 ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)

 紀伊半島で見たことも無い植物に出会いました。
 ピンクの金平糖のような形の花がビッシリと絨毯を敷いたように一面に咲く蔓性で背の低い植物。
 花と葉の様子からタデ科は判るのですが何分にも今まで見たことの無い植物でした。
 写真を撮り、帰ってから検索してみたらヒマラヤ原産のヒメツルソバと判明!
 明治時代の中期に園芸用として渡来した外来種であちこちでそれが野生化しているとのこと。
 紀伊半島の海岸線には一昨年に紹介したバクチノキを始め色々見たことの無い植物が多く興味のある場所です。
f0290971_2415162.jpg

f0290971_242695.jpg

f0290971_2421825.jpg

f0290971_2423012.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-10-24 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(6)

 シラタマノキ

 同じツツジ科小灌木のアカモノの赤い実に対し、このシラタマノキの白い実はシロモノ呼ばれています。
 実と言っても萼が肥大したものであり普通の実とは違います。
 この実を採取して25度の焼酎に漬けて果実酒を作り、
 それを水割り、炭酸水で割って飲むとサルチル酸メチルの様な香りがして美味しいです。
 以前山のガイドの時私が漬けたお酒を持参し、皆さんにふるまったことがありましたが結構人気でした。
 薬用の効能もあり、疲労回復を始め不眠、イライラ、疲労回復などに効くそうです。
f0290971_11311862.jpg

f0290971_11313869.jpg

f0290971_11315571.jpg

f0290971_1132570.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-10-21 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(10)

 ゴゼンタチバナ 真っ赤な実

 夏に4弁の白い花を咲かせるゴゼンタチバナも秋には真っ赤な美しい実を付けます。
 亜高山帯から高山にかけて見られる花なので里では会うことがありませんが、
 秋の山歩きの時など群がって生っている実に出くわすことがあり、見付けたらカメラを向けたくなるものです。
f0290971_19113654.jpg

f0290971_1912473.jpg

f0290971_1913025.jpg

f0290971_19131263.jpg

f0290971_19132348.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-10-17 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(4)

 ゴマナ

 山野草の中でも種類が多いキク科雑草は皆良く似ていて、中には咄嗟に名前が出て来ないものもあるほど・・・
 特にこの小さな菊状の花を付けるものはヨメナやノコンギク、シラヤマギクなど多いです。
 でも案外ゴマナは簡単に名前が出て来ます。
 草丈が大きいからでしょうか、遠くからでも本種と直ぐに判ります。
f0290971_16431525.jpg

f0290971_16433111.jpg

f0290971_16434224.jpg

f0290971_16435122.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-10-07 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(10)

 アキノキリンソウ

 アキノキリンソウが目に付く季節になりました。
 別名をアワダチソウとも言いますが、泡が立つように咲くと言う意味から来ています。
 アワダチソウと言えば外来のセイタカアワダチソウが思い浮かばれる方も多いでしょう。
 どちらも花が良く似ていて同属と言うのも解りますね。
 アキノキリンソウの高山型はミヤマアキノキリンソウで、こちらはコガネギクとも言います。 
f0290971_1127050.jpg

f0290971_11271392.jpg

f0290971_1127275.jpg

f0290971_11274640.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-10-03 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(8)

 マツムシソウ

 今は何処も高原の花が昔から比べて減って来たように思います。
 夏から秋にかけて咲くワレモコウやクガイソウ、ヤナギランなど貴重な存在となって来ております。
 このマツムシソウもその一つ、牛馬の餌となる草原の減少で見られる所も少なくなりました。
 でも飛騨ではここ御嶽山麓で纏まってたくさんの株が咲く所があります。
 昨年同様季節も他より少し遅れましたが今満開となっていました。
f0290971_1946681.jpg

f0290971_19462240.jpg

f0290971_19463115.jpg

f0290971_19464210.jpg

f0290971_19465420.jpg

f0290971_1947590.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-09-23 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(6)

 ラセイタソウ

 ラセイタソウはイラクサ科の多年草で北海道の南部から紀伊半島にかけての太平洋岸の海岸近くの岩場に生えています。
 ラセイタとはポルトガル語で羅紗(らしゃ)に似た毛織物のこと、葉の質感がそれに良く似ていることから付けられた名前です。
 同じイラクサ科のヤブマオやカラムシに良く似ていますが葉が分厚いことで区別が付きます。
f0290971_1454044.jpg

f0290971_14541440.jpg

f0290971_14542623.jpg

f0290971_14543877.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-09-14 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(2)

 ハマナデシコ

 このハマナデシコも先日のネコノシタ同様に海辺の植物です。
 花を良く見るとお判りのようにナデシコの仲間ですね。
 分布はネコノシタより少しは寒さに強いらしく本州から南となっています。
 ナデシコより色が濃く花数も多い物が目立って存在感のある花です。
f0290971_1714682.jpg

f0290971_1715756.jpg

f0290971_1721336.jpg

f0290971_1723023.jpg

f0290971_1724131.jpg

f0290971_1725142.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-09-08 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(2)

 ネコノシタ 

 葉っぱがザラザラした猫の舌のような感触があることからネコノシタと呼ばれるハマグルマ属の一種で、
 東北、北海道を除く関東および北陸以西の本州から琉球に分布するやや温かな海岸線の岩場や砂地に自生すろキク科の植物です。
 これは房総半島で見かけたものですが紀伊半島でも以前見たことがあります。
 花だけを見ていると高山植物のウサギギクに似てますね。
f0290971_16591528.jpg

f0290971_16593138.jpg

f0290971_16595050.jpg

f0290971_17039.jpg

f0290971_1701512.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-09-06 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(2)