カテゴリ:飛騨からのあれこれ( 205 )

 (予告)高山祭屋台の総曳き揃え

 昨年の暮れに高山祭の屋台行事がユネスコの無形文化遺産に登録されたことを祝い、
 4月の29、30日の両日に春と秋の祭り屋台が一堂に引き揃えられることになりました。
 普通は春祭りの12台、秋祭りの11台はそれぞれの祭りでしか見られませんが、
 何か大きな行事の時、たまに総曳き揃えが行われます。
 今年は55年ぶりと言うことです。
 天気が気になりますが、どうか晴れて欲しいです。
 晴れて時間が取れたら行ってみたいと思います。
f0290971_5104777.jpg

f0290971_511213.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-31 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)

 飛騨大鍾乳洞 3 

 ヘリクタイトと呼ばれる鍾乳石の形があるようで、斜めに曲がったリねじれたりして下がっています。
 無風の洞内なので通常は真っ直ぐ氷柱状になるのですが、珍しいものです。
 これは飛騨大鍾乳洞に特に多いと言うことです。

 また水を湛えた場所があり、そこは広く異空間のような感じでこれもまた見どころの一つでしょう。
f0290971_19513799.jpg

f0290971_19515216.jpg

f0290971_1952289.jpg

f0290971_19521542.jpg

f0290971_19522892.jpg

f0290971_19524087.jpg

f0290971_19525151.jpg

f0290971_1953319.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-30 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(4)

 飛騨大鍾乳洞 2

 洞内へ入ると少し「ヒヤッ!」としましたが夏場程では無く快適な気温でした。
 洞窟は気温が年中一定しているので冬は温かく夏は涼しいです。
 入って間も無く先日の記事の化石の見られる所がありました。
 写真はウミユリの化石ですが、他にフズリナの化石も洞の奥の方にありました。
 鍾乳洞は何処でも色々な色のライトアップがされていますが、
 これは白色色だと光合成でコケが生えて変色するためそれを防ぐためのようです。
 事実、一部白色光を使用されている所ではやはり苔生した鍾乳石が見られました。
 (写真は時々フラッシュを焚いています)
f0290971_19464324.jpg

f0290971_19465746.jpg

f0290971_1947977.jpg

f0290971_19471939.jpg

f0290971_19473371.jpg

f0290971_19474370.jpg

f0290971_19475811.jpg

f0290971_194884.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-28 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(6)

 正宗寺の福寿草

 高山市丹生川町の福寿草の自生地はまだ雪の下(最後の写真)ですが、
 対岸にあるお寺(正宗寺)のはもう盛りをやゝ過ぎた感じです。
 ここは日当たりがよう土手なので今年は1月にもう蕾が開きかけていたとか・・・
 その後の大雪の布団を掛けられ眠っていたのでしょう。
 今月になって溶けたのでようやく開花を迎えたようです。
f0290971_1957358.jpg

f0290971_19575011.jpg

f0290971_1958041.jpg

f0290971_1958111.jpg

f0290971_19582383.jpg

f0290971_19583854.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-27 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(8)

 飛騨大鍾乳洞 1

 飛騨大鍾乳洞は岐阜県高山市丹生川町日面の国道158号線から急な坂を1㎞ほど登った所にあります。
 鍾乳洞は2~3億年も前の海底に堆積した生物の死骸が石灰岩となり、雨水でそれが浸食されて出来た洞窟で日本各地にあります。
 しかしここは標高が900mもあって昔海底だったとは信じられない場所です。
 そのため他の鍾乳洞では見られない特徴もあります。
 以前にもブログで紹介していますが、久しぶりに訪れてみたのでまた記事にしたいと思います。
 例によって数回に分けての投稿となりますが暇がありましたらご覧下さい。
f0290971_16522675.jpg

f0290971_1652388.jpg

f0290971_16525111.jpg

f0290971_1653024.jpg

f0290971_1653101.jpg

f0290971_16531935.jpg

f0290971_16533088.jpg

f0290971_16533911.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-26 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(6)

 白い雪

 雪が白いのは当たり前ですが毎年この時期になると黄砂が降って雪の面が黄色く汚れます。
 しかし今年は3月に入って何度も雪が降っていますが真っ白なまま・・・
 こんなところにも最近の異常気象が感じられます。
 そうそう、まだ奥飛騨ではこんなに残雪がありますよ。
 この辺りでは春は何時来るのだろうか・・・
f0290971_18351015.jpg

f0290971_18352242.jpg

f0290971_18353289.jpg

f0290971_18354290.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-25 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(2)

 新井のうどん

 以前のブログで紹介していた新井製麺所は2014年の初めに閉店したのですが、その後場所を替えて復活しています。
 新しい店は「新井こう平製麺所」と言う名前で岡本町にあります。
 以前の天満町へは何度も通った常連客の一人でしたが閉店してからはもちろん、新しい店が出来てもなかなか行く機会がありませんでした。
 しかし最近になって知人から話を聞いているうちに懐かしくなり行ってみました。
 メニューは相変わらずうどんに卵とかき揚げ天ぷらのトッピングで、湯付きとかけのどちらかなのでとてもシンプルです。
 私は以前の店の時と同じで麺が1玉、茹で卵、天ぷら入りのかけうどん(460円)を注文しました。
f0290971_1282634.jpg

f0290971_1285119.jpg

f0290971_12925.jpg

f0290971_1292116.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-20 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(6)

 氷点下の森 2017年その10

 私が会場に着いた時に宿の若主人がライトアップの点灯に出て来られ、その時に「後でシャボン玉を飛ばすから・・・」と仰って頂きました。
 楽しみにしていたら30分ほど後だったでしょうか、ライトアップをバックに何度も飛ばせて見せて下さいました。
 他に居合わせた観光客の方たちも興味深く見ておられました。
 確かにシャボン玉が氷点下の空気の中では凍るのです。
 夜間の暗闇なので良く判りませんが、動画の最後の方の逆光のシーンでは結晶がご覧になれると思います。
 ※ 尚、動画は何時ものようにMoreにあります。
f0290971_8443855.jpg

f0290971_844521.jpg

f0290971_845473.jpg

f0290971_8451620.jpg

f0290971_847482.jpg

  以上で今年の氷点下の森のシリーズは終了致します。

More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-03-19 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(4)

 氷点下の森 2017年その9

 さて氷点下の森シリーズも大詰め、ここからは動画のアップです。
 先ずはお決まりの氷柱のライトアップ、次回はシャボン玉です。
 ※ 動画は何時ものようにMoreにあります。
f0290971_8281870.jpg

f0290971_8283133.jpg

f0290971_8284279.jpg

f0290971_8285280.jpg

f0290971_829282.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
by sikisai03 | 2017-03-17 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(2)

 氷点下の森 2017年その8

 ライトアップの写真にはあまり人影が写っていませんが、それは人が居ないのではなく避けて撮っているからです。
 しかし遠くに人影がシルエットのように見られる写真もまた良いものと思います。
 暗いので顔も判らず個人を特定出来ないのでプライバシーの問題も無いですしね。
 園内は時々人の声も聞こえますが静寂な中にオルゴールの音だけが流れていて余計に静かな感じがします。
f0290971_80127.jpg

f0290971_802417.jpg

f0290971_804432.jpg

f0290971_805973.jpg

f0290971_811255.jpg

f0290971_81236.jpg

f0290971_813443.jpg

f0290971_814667.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-03-15 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(6)