カテゴリ:飛騨からのあれこれ( 205 )

 初冬の飛騨の里 Ⅳ

 飛騨の里の古民家には昔の郷土民具などが展示してある所があります。 
 旧新井家には機織りの道具から昔の着物などがあり、
 真綿に加工する道具もあり飛騨でも養蚕が盛んだったことが窺い知れます。
 飛騨紬や刺し子は今でも細々とですが、受け継がれている様子です。 
f0290971_764835.jpg

    ↑ 繭から真綿に加工する工程の展示です。

f0290971_771190.jpg

    ↑ 飛騨紬の説明です。(画像をクリックすると読みやすくなります)

f0290971_772669.jpg

    ↑ 飛騨の刺し子、図柄はかんじきです。

f0290971_773940.jpg

    ↑ 刺し子の説明看板です。(こちらもクリックすると読みやすくなります)

f0290971_775379.jpg

    ↑ 奥には色々な着物が展示してありました。

f0290971_78762.jpg

    ↑ 左は女性の正装、右は祭の時などに着る男性の裃です。

f0290971_781841.jpg

    ↑ 新井家の奥の座敷、裸電球が懐かしいです。
[PR]
by sikisai03 | 2015-12-13 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)

 初冬の飛騨の里 Ⅲ

 それではたくさんある古い民家を順に観て参りましょう。
 飛騨や越中五箇山の古い民家は皆合掌造りと思われている方も多いかと思いますが、
 大半は茅葺きでは無く刳(硬い木を薄く剥いだもの)で屋根を葺いた木造家屋でした。
 その建築様式もそれぞれの土地で微妙に違っていますが、この施設は飛騨一円から集められているので、
 その違いなどが良く判ります。 
f0290971_8471119.jpg

    ↑ 先ず最初は新井家で、刳葺き屋根の飛騨の典型的な古民家です。

f0290971_8563145.jpg

    ↑ 飛騨は雪が多いので柱も太くしっかりとした造りとなっています。

f0290971_8565451.jpg

f0290971_85759.jpg

    ↑ 移築前の様子の古い写真です。

f0290971_8571813.jpg

    ↑ 外国人観光客の姿が見られました。

f0290971_8572932.jpg

    ↑ この家の囲炉裏は板の間に造ってあります。

f0290971_8573967.jpg

    ↑ 新井家には機織り関係の道具などが展示してあります。
      次回はそれらの展示内容を紹介しましょう。
[PR]
by sikisai03 | 2015-12-11 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(12)

 初冬の飛騨の里 Ⅱ

 五阿弥池と駐車場の間の道沿いには雪の時は長靴の貸し出し(無料)や昔の遊び道具(竹馬やおもちゃなど)のコーナーがあります。
 懐かしさのあまり少し遊んでみますが子供の時ほど上手く出来ない。
 歳と共に運動神経も鈍って来ているようです。
 また池にはたくさんの鯉が飼われており、白鳥やカモがいて、それに偶にはアオサギも飛んで来るようになりました。
 池の稚魚を狙ってのことですが・・・
f0290971_8425759.jpg

    ↑ 五阿弥池を挟んで富田家、吉実家方面です。

f0290971_8431551.jpg

    ↑ 少し竹馬に乗ってみましたが、カメラが邪魔で上手く乗れませんでした。

f0290971_8432794.jpg

    ↑ 木のおもちゃもあります。

f0290971_8434499.jpg

    ↑ わらび粉小屋方面です。

f0290971_8435777.jpg

    ↑ 昔の荷車式の消防ポンプです。

f0290971_8441224.jpg

    ↑ 施設を見て周る順路の最初の位置に六地蔵があります。

f0290971_844244.jpg

f0290971_8443649.jpg

    ↑ 六地蔵裏の雑木林はすっかり葉を落としてしまいました。
[PR]
by sikisai03 | 2015-12-09 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(4)

 初冬の飛騨の里 Ⅰ

 時々紹介する高山市の飛騨の里は昔の飛騨の民家を集めて移築し、保存してある施設です。
 観光ルートにも入っているので多くの観光客が入場されていますが、最近は特に外国人の方が多いようです。
 しかも世界遺産の白川郷は東南アジア系の人が多いのに対しこちらは西洋人の方が多いとか、飛騨の里の管理の方が仰っていました。
 それだけ日本の古い木造家屋に外国人は興味があるようですね。 
 入り口を入って先ず目に飛び込んで来るのが大きなため池の五阿弥池、その向こうに合掌造りが鎮座するお馴染の風景です。
 今回もそこから時計回りの順路に沿って散策してみたいと思います。
 写真の数が多いので、また例によって何回かに分けて時々他の話題を差し込みながら紹介したいと思います。
f0290971_8174611.jpg

    ↑ 第一駐車場脇にある飛騨の里の石碑。

f0290971_818463.jpg

    ↑ 館内の各施設の位置を示す看板です。

f0290971_8181674.jpg

    ↑ ここが入口で料金を払います。

f0290971_8182692.jpg

    ↑ 館内の無料、有料サービスについて。

f0290971_8183854.jpg

    ↑ 入ると直ぐに目に入る、ポスターなどになっている五阿弥池と合掌造りの風景。

f0290971_8184969.jpg

f0290971_819368.jpg

f0290971_8191337.jpg

    ↑ 五阿弥池には随分前から白鳥が棲み付いています。
[PR]
by sikisai03 | 2015-12-07 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(8)

 特選館 あじか

 高山市国府町の産直市場の”特選館 あじか”は国道41号線沿いにあるので何時もお客の絶え間の無いほど賑わっています。
 お客さんが多ければ多いほど良く売れるからでしょう、値段も市価より随分安いので私も良く利用します。
 季節の野菜の他手作りの惣菜なども人気があります。
 特にこの時期になると漬物用の大根、白菜、赤かぶなどの野菜が目立ちます。
 季節感のある市場は見ていても楽しいものですね。

 写真を撮ったのは雨の日だったのでお客さんが少なかったですが、普通はもっとたくさんの人です。
 お蔭様でゆっくり写真が撮れました。
 許可をして頂いたお店の方、有難うございました。
f0290971_1463383.jpg

f0290971_1472994.jpg

f0290971_147412.jpg

f0290971_1475435.jpg

f0290971_148539.jpg

f0290971_1481853.jpg

f0290971_1482977.jpg



[PR]
by sikisai03 | 2015-11-29 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(8)

 今年の初雪

 天気予報の通り昨日は午前から雪になりました。
 気温がやゝ高いので湿った雪ですが見る見る間に積もって真っ白に・・・
 まだまだ根雪にはならないと思いますが、今年も雪との戦いが始まりました。
f0290971_12262913.jpg
 
f0290971_12264342.jpg

f0290971_12265476.jpg

f0290971_1227519.jpg

 雪が降る映像なんて見たくない人が多いと思いますが、moreに動画を入れてあります。

More 動画はこちらに・・・
[PR]
by sikisai03 | 2015-11-28 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(14)

 山中和紙 コウゾの皮干し

 優れた手漉き和紙技術は日本の各地に残されており、
 最近その一つの岐阜県の本美濃紙はユネスコ無形文化遺産に登録されました。
 岐阜県は和紙の材料のミツマタやコウゾがたくさんあって紙漉き産業も古くから各地で興されていました。
 飛騨でも近年まで幾つもの集落で伝承されていましたが、
 今でも飛騨市河合町には山中紙という和紙製法が習い伝えられています。
 河合町は豪雪地帯として知られ、雪の上にコウゾの皮を晒す「こうぞの雪ざらし」という独特の手法が特徴です。
 秋には刈り取られたコウゾの枝から剥がされた皮が弱い秋の日に干される風景が見られます。
f0290971_18231983.jpg

f0290971_18233199.jpg

f0290971_18234333.jpg

f0290971_18235480.jpg

f0290971_18262026.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-11-15 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)

 雲海に浮かぶ御嶽山

 国道471号線は岐阜県高山市奥飛騨温泉郷から石川県羽咋市を繋いでいますが、
 その途中の飛騨市河合町の楢峠は冬季は積雪のため通行止めとなります。
 この楢峠から古川盆地の眺望は素晴らしく、特に秋には雲海が立ち込めてその向こうに御岳山が聳える様子が観られます。
 暫し足を停めて是非観て頂きたい場所と思います。
f0290971_7233274.jpg

f0290971_7234528.jpg

f0290971_7235333.jpg

f0290971_724322.jpg

f0290971_7241998.jpg


More 動画もご覧下さい。
[PR]
by sikisai03 | 2015-11-13 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(12)

 或る民宿の「きのこ尽くし」の夕食

 私たちのグループがよく利用させて頂いている高山市の民宿では郷土料理がとても美味しいのです。
 この宿は四季折々の料理が特徴で春には山菜が色々な形で出て来ます。
 特に秋のきのこは色々な種類が違った料理で楽しめ、天然の子持ち鮎を添えてあるのでとても満足感があります。
 この料理で今回は一泊二食8.400円でしたがお値打ちだと思います。
 画像はきのこの料理が良く判るように使ってあるきのこの名前を記しておきました。
 サイズを大きくしてありますので、名前が読み辛かったらクリックして見て下さい。
f0290971_7212889.jpg
 
[PR]
by sikisai03 | 2015-11-08 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(14)

 冠雪の乗鞍岳

 乗鞍岳に2度目の冠雪がありました。
 初冠雪より少し標高が下がった所まで白くなっています。
 これが3度目、4度目と回を重ねるに従って段々里へと降りて来ます。
 紅葉前線の後には初雪前線が透かさずやって来るのが飛騨なのです・・・
f0290971_1351459.jpg

f0290971_13515666.jpg

f0290971_13521013.jpg

f0290971_13522228.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-11-06 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(12)