蕎麦の花のある風景

 高山市の隣の飛騨古川・・・
 私が良く通る道にこんな家があります。
 以前にも記事にしていると思うのでご存知の方も居られるかと思いますが、何処か気品のある、それでいて鄙びた感じの茅葺屋根、
 今回は手前に蕎麦の花がたくさん咲いていました。
 そして屋根下にはなめした熊の毛皮が数枚干してありました。
 玄関脇の道端には真っ赤な彼岸花も彩って居ました。
 一体此処はどんな家なのでしょう・・・ 
f0290971_12394034.jpg

f0290971_12395565.jpg

f0290971_1240775.jpg

f0290971_12401728.jpg

f0290971_12403253.jpg

f0290971_1605328.jpg

f0290971_12404435.jpg

[PR]
# by sikisai03 | 2017-10-19 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(12)

 今年のキノコ (ウラベニホテイシメジ)

 ウラベニホテイシメジは同属のクサウラベニタケやイッポンシメジなどの毒キノコと紛らわしいので気を付けなければいけませんが、
 慣れれば同定は難しくは有りません。
 とにかく太くてしっかり詰まった感じの柄が特徴で、例えるならエリンギのような感じです。
 また成長すると傘の表面に指で押したような斑紋が現れ、細かな絹状の模様が放射状に見られます。
 この特徴は毒のシメジには無いので覚えておくと良いです。
 少し苦味も感じますが、バーベキューやホイル焼きなどちょっと変わった調理法にも向きます。 
f0290971_8584299.jpg

f0290971_858527.jpg

f0290971_859462.jpg

[PR]
# by sikisai03 | 2017-10-18 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(6)

 今年のキノコ (チチタケ)

 高山祭りの記事を挟んだためアップが遅れてしまったキノコシリーズ、もう少しありますからまた載せたいと思います。
 そんな訳でもう終ってしまったキノコが登場しますが、チチタケもその一つです。
 このキノコは質そのものがパサついており、食感に乏しいのでこちらでは人気も無く足蹴にされますが、
 良い出汁が出るのでうどんなど汁物に重宝される地方もあります。
 チチタケの名の由来は傷を付けると乳状の液体が滲み出るところから名付けたとのことです。
 (2,3枚目の写真の傘の欠いた部分から白い液が滲み出ています)
f0290971_8251065.jpg

f0290971_825233.jpg

f0290971_8253364.jpg

[PR]
# by sikisai03 | 2017-10-17 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)