乗鞍の高山植物 14

 ミヤマセンキュウ ミヤマコウゾリナ チシマギキョウ

 高山植物は背丈が低いので写真を撮るのもなかなか大変です。
 立ったままでは上からのアングルしか写せないので、しゃがんだり時には寝そべったりしないと花の持つ表情の表現は難しいものです。
 そんな訳で私のデジカメは可変モニターの付いたのを使っています。
 それでも立ったり屈んだりの運動は突き出た腹が邪魔になって空気の薄い高山では特に苦しいものです。
f0290971_16352815.jpg

f0290971_1636131.jpg

f0290971_16361410.jpg

     ↑ 以上3枚はミヤマセンキュウ

 以前にセリ科のミヤマゼンコなど3種類を紹介しましたが、このミヤマセンキュウも同じ仲間で、
 花も良く似ており見間違うこともある用です。
 でもやはり葉の形が平べったくてシャクのようなので他とは区別出来ます。
 このミヤマセンキュウは畳平周辺より桔梗ヶ原やそれより標高の低い所に多く見られます。

f0290971_16371072.jpg

f0290971_163721100.jpg

f0290971_16373282.jpg

     ↑ 以上3枚はミヤマコウゾリナ

 一見、小さなタンポポ?と勘違いしそうなミヤマコウゾリナ。
 ガクが黒っぽいのが特徴で、蕾や茎には細かな棘があります。
 乗鞍では所々に見られますが、全体的にはあまり多い植物ではありません。

f0290971_1637553.jpg

f0290971_16381055.jpg

f0290971_16382027.jpg

     ↑ 以上3枚はチシマギキョウです。

 一番最初にイワギキョウを紹介しましたが、その時に後日・・・と言っていたチシマギキョウです。
 同じような紫の花でラッパ状に開いた花弁はイワギキョウに良く似ています。
 ただ全体にそれより大きいのと色も薄く、花弁の縁には細かな毛があることで区別出来ます。
 また図鑑などでは上向きに咲くのがイワギキョウで横向きに咲くのがチシマギキョウと記されていることもありますが、
 これは例外も多いので正しい見分け方とは言えません。
[PR]
# by sikisai03 | 2017-08-19 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(1)

 乗鞍岳 畳平のお花畑~不消ヶ池

 前回の一休みに続いて今度は畳平から先へ行ってみましょう。
 畳平のお花畑から不消ヶ池経由で登る登山道は急で急ぐと苦しいですが、
 横手道まで登り切ると雪渓が滑り込んだ池ではエメラルド色のいかにも涼しい景色が待っています。
 これもまた乗鞍の良さの一つですね。
 
 ※ 動画をMoreに用意してありますのでご覧下さい。
f0290971_9455843.jpg

f0290971_9461281.jpg

f0290971_9462283.jpg

f0290971_9463297.jpg

f0290971_9465544.jpg

f0290971_947423.jpg

f0290971_9471488.jpg

f0290971_9472261.jpg


More 動画はこちらにあります。
[PR]
# by sikisai03 | 2017-08-18 00:03 | 山歩き | Comments(8)

 乗鞍の高山植物 13

 シナノオトギリソウ  ネバリノギラン ミヤマタンポポ

 今回も3種の紹介ですが、これらの花はあまり歩かないでも見られるものばかりです。
 でもこれが高山植物!と言うようなインパクトはありません。
 しかし立派な高山植物の一員たちなのですよ。
f0290971_1632120.jpg

f0290971_16321786.jpg

f0290971_16323223.jpg

     ↑ 以上3枚はシナノオトギリソウ

 オトギリソウの仲間はいくつかありますが今回のものはシナノオトギリソウです。
 時期的に花の時期は終わりかけていて条件の良い株を探すのに梃子摺りました。
 畳平のバスターミナルからお花畑に降りる途中や、鶴ヶ池畔の白雲荘周辺などによく見られます。

f0290971_163345.jpg

f0290971_16331878.jpg

f0290971_16333313.jpg

     ↑ 以上3枚はネバリノギラン

 花が咲いていないとショウジョウバカマ?と思われるようなロゼット状に拡がる葉っぱが特徴です。
 画像からは花ではなく実のように見えますがこれでも花なのです。
 摘んでみると名の如く粘りがあることが確認出来ますよ。

f0290971_16335931.jpg

f0290971_1634895.jpg

f0290971_1634188.jpg

     ↑ 以上3枚はミヤマタンポポ

 ご存知、春早くに身近に咲く日本タンポポの高山型です。
 タンポポと言えば最近は外来種のセイヨウタンポポが問題となっていますが、乗鞍岳も例外ではありません。
 車のタイヤなどに付いて登って来た種が根を下ろしたと言われ、数年前までは在来のミヤマタンポポを脅かす存在となっていました。
 しかしセイヨウタンポポが駆除されるようになってからは勢いが増して来たように思えます。
[PR]
# by sikisai03 | 2017-08-17 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(12)