房総半島へ 道の駅(潮風王国)

 房総半島の道の駅巡りの最後は潮風王国です。
 ここは半島でも南端部に位置して野島崎までは直ぐです。
 魅力は何と言っても海産物ですが、良い時間に訪れるととても値打ちに買い物が出来ます。
 この日は夏休みの最後の日曜と言うこともあり家族連れで賑わっており広い駐車場も空き待ち状態でした。
 まだ帰る日ではなかったので魚もたくさんは買えませんでしたが、それでも大きな鯵が3匹で500円だったので、
 刺身用に捌いて宿で食べました。
 イサキも1匹が100円の計算・・・近くにこんな店があったらな~
f0290971_18272873.jpg

f0290971_18273976.jpg

f0290971_18274975.jpg

f0290971_18275988.jpg

f0290971_1828887.jpg

f0290971_18281815.jpg

f0290971_18282737.jpg

f0290971_18283790.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-09-10 00:03 | 小さな旅 | Comments(10)
Commented by youshow882hh at 2017-09-10 00:52
こんばんは。ゆーしょーです。
イサギの獲れたて一皿500円は安いです。
スーパーで買えば、2匹で500円します。
イサギはプンと磯のにおいがしますが、私は
好きなのです。
Commented by sikisai03 at 2017-09-10 06:28
ゆーしょーさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
イサキは和歌山ではイサギと呼んでいるのですね。
場所が変わると特に魚の名前は違うことが多いです。
飛騨はもちろん海が無いので運ばれてくるため値段も高いですが、
和歌山の2匹で500円はまだ安いと思います。
こちらなら1匹300円以上はしますからなかなか買えない魚です。
新鮮だと刺身も良いし、煮ても焼いても美味しいですよね。



Commented by Blue Wing Olive at 2017-09-10 08:31 x
魚の直売所は見てるだけでも楽しいです。
興味のあるものを全部買うと食べきれないにで、何を買うか迷うことになるのですが、これがまた難しい。
イサキは刺身も焼き物もとても美味しいですね。
ダツの売り場に並んでいますね。
Commented by Meri-koenji at 2017-09-10 14:46
鯵を買うのは素人の私でもできますが、捌いてお刺身を(現地で)食べられるとは、sikisaiさんならではですね!包丁も持って行かれたのですか?キッチン付きのコンドミニアムなどに止まれば、道の駅や市場で買ったものを食べられて楽しいでしょうね(^∇^)
後ろの黒アワビの肝が気になりました(笑)。お醤油用か、ソテー用ですかね?身はどこ~??
Commented by sikisai03 at 2017-09-10 16:56
Blue Wing Oliveさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
新鮮な魚に憧れる我々にとって海辺の市場は魅力的ですよね。
自分で魚が捌けたらあれもこれも欲張ってしまいます。
この日帰るのであれば塩焼き用や煮魚に、また干物にとあれこれ買ったでしょうけど、
まだ日程を残していたものですから涙を呑んで・・・(笑)
ダツは珍しいですね。
Commented by sikisai03 at 2017-09-10 16:56
Meri-koenjiさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
私は何時、何処でも魚が捌けるように携帯用の包丁やまな板を持参しています。
水が使える所さえあれば何処でも・・・
今回はちゃんとした?宿に泊まりましたが、車中泊でもOKですよ。
アワビの肝に目が行くところ、さすがです。
食べ方として調理法が簡単に書いてありましたが、
肝心のどんな料理にとは記してなかったです。
身の方は蒸し鮑か煮鮑になったのでしょうね。
Commented by hanarenge at 2017-09-10 18:44
美味しいものいっぱい
特に海のものは新鮮さが勝負ですね
私も山育ち こんな新鮮な魚を見ると ついつい手が伸びそうです
と言ってもYyoasさんのようにはとてもとてもまいりません
ご自分で捌けるのはいいですねえ!
お酒も進みましたでしょう^^
Commented by youshow882hh at 2017-09-10 23:08
こんばんは。ゆーしょーです。
私たちがイサギと言っている魚は、
正式名がイサキなのですね。
東京でもイサギと言うそうです。
イサキ・・・知らなかったです。
Commented by sikisai03 at 2017-09-11 06:22
れんげそうさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
スーパーの魚は店で捌いてくれるので良いですが、
こうした市場では売った切りなので自分で捌くことになりますね。
塩焼きや煮物なら内臓を出すだけなので楽ですが、
切り身にするとなるとやはり面倒ですね。
房総の旅行は暑い日だったのでビールが進みましたよ。
Commented by sikisai03 at 2017-09-11 06:22
ゆーしょーさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
魚の名前は本当に地方によっていろいろです。
どれが正しいとか間違っているとかではなく流通している名前の主流が一般的ということですね。
ブリなんか成魚となるとブリですが幼魚は各地でいろいろです。
ブログなどネットでは図鑑に載っている名前で出すことが一般的のようですね。
<<  房総半島へ 勝浦のレトロな町並み  房総半島へ 道の駅(ローズマ... >>