乗鞍の高山植物 17

 シラタマノキ ミヤマハタザオ シコタンハコベ

 今回の3種は案外標高の低い場所でも見られる花たちです。
 いずれも飛騨では標高が1200m辺りの山間地でも見られることから高山植物と言うには少しおこがましいかも?
 それでも標高が2500mを超えても咲いているので一応チェックして来ました。
f0290971_16525222.jpg

f0290971_1653548.jpg

f0290971_16531563.jpg

     ↑ 以上3枚はシラタマノキ

 秋になると白いまん丸の実を付けるシラタマノキ、その実故の名前です。
 実と言っても実はガクが発達したもので完全な実ではありません。
 潰すとサロメチールの爽やかな香りがします。
 乗鞍の山麓の五色が原や御岳山麓の濁河辺りでも見ることが出来ます。
 今回はまだ蕾なので実の様子はこちらでご覧ください。

f0290971_16533614.jpg

f0290971_16535069.jpg

f0290971_1654246.jpg

     ↑ 以上3枚はミヤマハタザオ

 アブラナ科の山野草も色々ありますが、その中では標高の高い所を好みます。
 乗鞍にはこれに良く似たハタザオ類ではウメハタザオがありますが、
 そちらはスカイラインの途中の猫岳から土俵ヶ原に多く見られます。

f0290971_1655156.jpg

f0290971_16551755.jpg

f0290971_16553111.jpg

     ↑ 以上3枚はシコタンハコベです。

 多分、一番最初の四季彩日記に載せたと思いますが、その時は平湯の白谷に自生しているものでした。
 飛騨では案外珍しい北方系の植物で、他ではあまり見たことがありません。
 今回のものは桔梗ヶ原にあったものですが株も少なかったです。
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-22 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(6)
Commented by Blue Wing Olive at 2017-08-22 04:09 x
ハコベの仲間も色々ありますね。
どれも小さな白い花で、私だったら、面倒臭いから、全部まとめて高山性のハコベにしてしまいそうです。
Commented by sikisai03 at 2017-08-22 04:20
Blue Wing Oliveさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
ハコベは広くはナデシコ科なので色々な花の形態が楽しめますね。
高山性のハコベの仲間は乗鞍だけでも7~8種はありますから、
全国では結構あるのでしょう。
ある意味分類の難しいグループでもありますね。
Commented by hanarenge at 2017-08-22 19:42
シラタマノキのサロメチールですか
いわゆる湿布の匂い?なんか学生時代の病棟を思い出しました。夕の処置で湿布薬を塗布するのが学生の仕事でした ^^
実もしっかり見せてもらいました
ミヤマハタザオやシコタンハコベ 可憐ですねえってこればっかり。。。すみません
学術的なお話を聞けて喜んでいます。

最初の四季彩日記。。。。懐かしい!

四季彩のネーミング素敵です
その名の通り いろいろな季節の彩と横顔 いいですねー
Commented by ばんば at 2017-08-22 20:14 x
シコタンハコベ!
いや~~会いたかったです~~~
来年はsikisai03さんについて行きたい!と思うくらいです~
でも、もちろんそれは体力的に無理なので諦めませう~(>_<)
Commented by sikisai03 at 2017-08-23 06:10
れんげそうさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
サロメチールの匂いって簡単に言うと昔からあるあの湿布のスーッとする匂いですね。
好き嫌いの分かれる香りですが、私は嫌いではなく一度シラタマの実を果実酒にしたことがありました。
何度も漬けて飲みたいとは思いませんが、しっかりとあの味は覚えていますからインパクトはありますね。

初期の四季彩日記にたくさんのコメントを頂いていましたが、
閉鎖後の管理が出来ないためコメント欄を消してあります。
10年以上前になりましたが懐かしいですね。
Commented by sikisai03 at 2017-08-23 06:11
ばんばさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
シコタンハコベも桔梗ヶ原で見られますから来年は計画されると良いと思います。
少しは落差があるものの山登りでは無いので簡単に行けますよ。
<<  ライチョウの親子  乗鞍の高山植物 16 >>