乗鞍の高山植物 16

 イワウメ コガネイチゴ コウメバチソウ

 目ぼしい種類から順番に載せている訳でもないですが今回もちょっと地味な花の記事です。
 時には見過ごしてしまいそうな花ですが、それでも良く見ると健気に咲いてかわいいものですね。
f0290971_16485316.jpg

     ↑ 以上1枚はイワウメ

 イワウメの開花は早く、雪が解けたら直ぐにでも咲いて来ます。
 そのためこの時期ではほとんど終わっているため花の写真はこれ1枚しか撮ることが出来ませんでした。
 普通であればこの葉っぱのマット上にいくつかの花を咲かせるのですが、1輪だけと寂しかったです。

f0290971_16501258.jpg

f0290971_16502669.jpg

     ↑ 以上2枚はコガネイチゴ

 良く似た花にミツバオウレンがありますが、それより花弁が細長く、葉の数も4~5枚と多いので3枚のミツバオウレンとは区別が簡単です。
 夏の終わりには実を付けるのですが、その実はと言うと粒も少なく疎らでイチゴらしい実ではありません。
 それでもちゃんと種を持っているから強いものです。

f0290971_16505517.jpg

f0290971_1651584.jpg

f0290971_16511426.jpg

f0290971_16512556.jpg


     ↑ 以上4枚はコウメバチソウです。

 これも平地のウメバチソウの高山タイプなので背丈もせいぜい15cmほどと小さいです。
 梅鉢といえば紋所、上から花を見るとちゃんとご紋に見えますね。 
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-21 00:03 | 乗鞍の高山植物 | Comments(14)
Commented by ばんば at 2017-08-21 08:50 x
おはようございます~
涼しい朝でござんす・・・今の時間帯は。ね。

前記事のミヤマクロスゲ、ばんばも撮ってはきたんだけど、没写真…
だいたいひとつの花を一枚だけというのはめったになくたくさん撮るんだけど、これに限っては一枚しか撮ってなかった~^^;
ゴゼンタチバナも可愛い花ですよね。

イワウメはNさんが実に行こうとおっしゃったけど、ワォ~~!無理!無理!いまのばんばには登れまっせん~~と~
いやぁ頑張って登ればよかったかなぁ・・・いや、やっぱ無理は禁物・・・

所で・・・雷鳥の動画、ばんば何度探しても見つけられないんです・・・
あとでもう一度探しにきます~~
最近眼の具合も少々おかしい?見落としたり、見間違えたりばっかです~(>_<)
Commented by sikisai03 at 2017-08-21 10:00
ばんばさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
乗鞍のシリーズは全て予約投稿しているのですが、そのため順序が間違ってしまいましたね。
深くお詫びすると同時に、後日記事が出て来ますので楽しみにお待ちください。
(花ばかり続くと退屈されるので時々違った話題を挟んでいます)

写真が一枚しか撮れなかったのは私もいくつかあります。
もう少し先まで行けば何とかなったでしょうけど、この日は早くに家に戻らねばならず・・・
イワウメは大黒岳の登山道を少し登った辺りで見られますが、それでも登るには多くの酸素を必要とするため呼吸が苦しくなります。
そのまま無理すると高山病に罹りますから止めて賢明だったと思います。
Commented by hanarenge at 2017-08-21 14:33
たった一輪のイワウメ よく見つけられましたね
アップありがとうございます

ウメバチソウは可憐です
御紋に見える 納得です

わたしもばんばさん同じく ライチョウとアキアカネを探し回ったクチです 笑

乗鞍シリーズはたくさんの写真があるでしょうし、記事も多くなりますもの

ゆっくりあげてください

今度も楽しみにしています(^_^)

Commented by ばんば at 2017-08-21 16:29 x
ああ~そういうことだったんですね~~よくわかりました。
ばんばも1週間分ほど予約投稿にしてて…それがついうっかりタイトルだけ載せて記事を入れてなかったりすることが…
ばんばはだんだん〇×の一途をたどっておるようであります~~

雷鳥の動画、首を長~~くして楽しみにまっとります~~

Commented by Hsrolayqq at 2017-08-21 17:23
こんばんわ
珍しい高山植物見させていただきました。
お詳しいですね。図鑑を見ているようです。
こちらでは見れないお花たちです。
Commented by Meri-koenji at 2017-08-21 17:57
イワウメは肉厚の葉っぱが丸くて、本当に可愛らしいですね。コガネイチゴも...おしゃれなお店のエントランスやテラス席にありそう(^m^)東京では限界がありますが、こういう植物に魅せられた方が、近いお庭を再現しようとする気持ちも、少しだけわかります。南国風の庭、北欧風の庭も然りですね。
Commented by Blue Wing Olive at 2017-08-21 20:39 x
キイチゴ属の植物には興味があるのですが、コガネイチゴというのは知りませんでした。高くは伸びず地を這うような感じなんでしょうか?
Commented by ひーちゃん at 2017-08-21 21:05 x
イワウメはお初にお目にかかります
1輪でも咲いていてくれてよかったです
コガネイチゴは確かにバイカオウレンに似ています
バイカオウレンは大野のベニマンサク湖のほとりに咲きます
ウメバチソウはこれからですね
吾妻山の麓の草原にたくさん咲きますよ
吾妻山のウメバチは深入山の麓のウメバチと違うでしょうか
背丈など比べてみましょう
Commented by sikisai03 at 2017-08-22 04:14
れんげそうさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
イワウメは雪解け直ぐに咲いて来る花なので何処にあるかが分かってるので探すのは簡単なのですが、
見る株、見る株に花は無くてようやく一輪を見付けた!と言う感じでした。
それでも花が見られて良かったです。

乗鞍の花シリーズは今回は約60種をまとめましたので全部で21回になります。
後5回ほど残していますが、お付き合い頂けると嬉しいです ^_^;

Commented by sikisai03 at 2017-08-22 04:14
ばんばさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
最初花だけで書き上げてアップしてその後他の記事を挟んだりしたので間違えました。
同じような記事を書いていくのってなかなか大変ですね。
差し替えをする時は充分注意しないと・・・

ライチョウの記事は明日(23日)だったと思います。
Commented by sikisai03 at 2017-08-22 04:15
理恵さん、おはようございます。
コメント有難うございました。
乗鞍では仕事をしていた関係上、植物の名前などはほとんど知っているつもりです。
緯度や経度、それに標高差によって色々な植物がありますが、
その点日本は種類が多いですね。
逆にこちらではまったく見られない植物が房総に有ったりするので面白いです。
Commented by sikisai03 at 2017-08-22 04:15
Meri-koenjiさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
イワウメの葉は面白いですよ。
葉と言うか根茎が密生していて厚みを持ったスポンジのような弾力があります。
もし隙間無くあってその上を歩いたら足の感触は??なんて思います。
私の彫刻の修行時代だった頃師匠が庭好きで他では見ないような造りをされており、
随分手伝わされました。
拘るって奥が深いことですね。
Commented by sikisai03 at 2017-08-22 04:15
Blue Wing Oliveさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
コガネイチゴが多分日本で一番小さなイチゴの木と思います。
フユイチゴのように蔓になるのではなく1本立ちです。
実の方はフユイチゴのように粒が少なく疎らです。
これまた食べてみたことは無いですが、そんなに不味くは無さそうです。
Commented by sikisai03 at 2017-08-22 04:15
ひーちゃんさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
イワウメは本州、北海道の高山帯に自生すると言いますからひょとしたら大山にはあるかも知れませんね。
でも岩場の植物なのでかなり高い所と思います。
バイカオウレンやウメバチソウは亜高山帯に多いので標高の低い所でも見られますね。
そうした植物も3.000m近くになると丈が小さくなってしまいます。
環境に合った生き方をしているので、詳しく観察すると面白いですね。
<<  乗鞍の高山植物 17  乗鞍の高山植物 15 >>