乗鞍の高山植物 10

 もうこのシリーズも10回目となりましたが、まだ予定している半分程度です。
 今回は黄色い花のシナノキンバイ、人気の高いミヤマクロユリ、そして乗鞍では少ないイワベンケイに触れてみたいと思います。

f0290971_189015.jpg

f0290971_1891511.jpg

f0290971_1892620.jpg

     ↑ 以上3枚はシナノキンバイ

 前回の3種の黄色い花にこれも良く似ています。
 ミヤマキンポウゲと同じキンポウゲ科で花の大きさが倍以上あるので比べると見分けは付きますが、
 案外近くに見られる場所が少ないので判りにくいものです。
 土俵ヶ原の烏帽子岳側やエコーラインへの県境ゲート下の斜面などに群落があります。

f0290971_1894045.jpg

f0290971_18954100.jpg

f0290971_1810323.jpg

f0290971_18102833.jpg

     ↑ 以上4枚はミヤマクロユリ

 本来北海道の低地に生えるクロユリに対して本州の高山帯のものはミヤマクロユリと区別されています。
 別種とまでも行かないにせよ染色体の数も異なるとのことなので同じではないようです。
 姿の違いとしては多少例外もあるようですが、クロユリの花が一本に3個以上付けるのに対してミヤマクロユリは普通1~2個止まりで3個以上は珍しいです。
 群生地は畳平のお花畑や桔梗ヶ原でこの時期はたくさんの花を咲かせています。

f0290971_18104489.jpg

f0290971_18105738.jpg

     ↑ 以上2枚はイワベンケイです

 高山帯に多肉植物は生息が難しいように思えますが、過酷な低温にも耐えられるように進化しているのでしょう。
 もちろん芽吹くのは暖かくなってからのことですが、乗鞍のような高標高地では5月、6月でも氷点下になることがあります。
 水分が凍結しないように例えば葉や茎の水分の糖度が高くなってるのかも知れません。
 イワベンケイも花の時期が早いためもう散花していたのが残念でしたが黄色い花をたくさん咲かせます。
[PR]
by sikisai03 | 2017-08-13 18:02 | 乗鞍の高山植物 | Comments(6)
Commented by Blue Wing Olive at 2017-08-13 19:10 x
クロユリの独特の色が渋くていいですよね。
本州高山帯のものはミヤマクロユリというのですね。
今まであまり意識したことは無いのですが、氷河期が終わって分布域が分断され分化していったのですかね。
Commented by ばんば at 2017-08-13 19:10 x
イワベンケイ、全然気が付かなかった~~~
来年は絶対いろんな花を見れるように体力つけて備えますぞ~~

ミヤマクロユリの三つ子、ありましたね~~(*^^)v

Commented by hanarenge at 2017-08-13 21:30
黒百合にはいろいろな物語がありますね
この花を見ていると、そうだろうなあと思われます

黄色い花は目立ちますね

イワベンケイという名前が面白く感じます

乗鞍高山の花シリーズ楽しみにしています
Commented by sikisai03 at 2017-08-14 09:06
Blue Wing Oliveさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
クロユリの匂いは頂けませんが花の色は変わっていて面白いですね。
北海道と本州中部の高山帯にはこのような共通種が多くあります。
昔は陸続きだったと言うことを証明出来ますね。
Commented by sikisai03 at 2017-08-14 09:06
ばんばさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
スカイラインは植物相も豊かで、本当は猫岳の下辺りから歩くともっと色々な種類が見られます。
オオレイジソウとかクルマユリ、ウメハタザオなど・・・
もちろん所々にこのイワベンケイもあります。
でもその間を歩くとなると結構きついですが・・・
Commented by sikisai03 at 2017-08-14 09:07
れんげそうさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
そうそう北海道では色々な言い伝えもあるようですね。
アイヌの民話なんかにも確か出て来たような気がします。

イワベンケイはベンケイソウ科に含まれていますが、
ベンケイソウの名の由来は水分の少ない岩山などに生息する強靭さから武蔵坊弁慶になぞらえたとのことです。
<<  乗鞍岳 桔梗ヶ原~畳平のお花畑  乗鞍の高山植物 9 >>