岩魚の甘露煮と岩魚丼

 先日所用で出かけた先の近くに養魚場があり川魚専門に養殖されています。
 飛騨は水がきれいなので養殖場はいくつもあり、ここでも美味しい魚を育てておられます。
 私は時々ここへ寄って魚を買って帰ります。
 岩魚などは自分でも釣りをするのでそれを食べたりもしますが、そうそう釣りばかりに行ってられないので、
 そんな時は買って来るようにしています。
 たかが養殖物と思われがちですが、水のきれいな所で育てられるとまったく生臭味も感じられない美味しい魚になります。
 今回は刺身用に大きな岩魚と、甘露煮用に少し分けて頂きました。
 おまけに飛騨サーモンの刺身のサンプルも頂きました。
 それがまた結構美味しくて・・・貰ったから言うのではないですが養殖独特の泥臭みが無く天然物そのままのような味でした。
 最近、信州サーモンなるものが人気を得ていますが、それに負けない美味しさです。
 今度は飛騨サーモンを買って来よぅっと!
f0290971_20564450.jpg

f0290971_16113793.jpg

f0290971_1613014.jpg

f0290971_16131043.jpg

f0290971_0443332.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-07-16 00:03 | たかが男の料理 | Comments(4)
Commented at 2017-07-16 09:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sikisai03 at 2017-07-16 18:30
鍵コメさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
今一番心配されているのが外国産の養殖の銀鮭ですが水質の不安から抗生物質が使われているとか、
人体への影響は分からない部分もありますが、それに比べると日本国内で養殖されている魚は先ず大丈夫と思います。
最近ではただ短期間に大きく育てるための餌ではなく上質の身にするための餌も開発されていて先も楽しみですね。
Commented by youshow882hh at 2017-07-16 21:44
こんばんは。ゆーしょーです。
贅沢な岩魚のお料理ですね。
美味しいでしょうね。

奥飛騨という言葉は、奥飛騨慕情という歌があるように、
何かしら旅情を誘う言葉です。
家内は奥飛騨まで行き、ケーブルにも乗っていますが
私は奥飛騨へ行ったことがないのです。
平湯温泉は奥飛騨とは言わないですよね。

飛騨サーモンは正確には鮭ではなく、独自の環境と餌により
通常よりも大きく育った大マスのことなのですね。
飛騨に鮭? と思ったので調べました。
Commented by sikisai03 at 2017-07-17 01:41
ゆーしょーさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
川魚は生臭いとか言って嫌う人もいますが岩魚は淡白でそうでもありません。
特に新鮮であればまったく臭味の無い美味しい魚です。
この岩魚も食べる数時間前までは生きていたのでとても美味しく頂きました。

奥飛騨と言う言葉は演歌で有名になり、旧の上宝村のイメージが強いですが、
高山市を中心にして周りの山間部は皆奥飛騨になります。
世界遺産の白川郷もやはり奥飛騨です。
平湯温泉や新穂高温泉などは上宝の地名から新しく奥飛騨温泉郷と言う町名に変わったので、
余計にイメージが強いだけだと思います。

最近は川魚の養殖も力が入れられ新しい魚種を開発しつつありますね。
回転寿司で人気のサーモンもそうですが、
岩魚やマス、アマゴなどサケ科の魚を使って研究されています。
昔はダムが無かったので高山市までサケやマスが遡上しました。
父親なんかは良く獲りに行ったと言っていました。
<<  ヤグルマソウ  ナツツバキ >>