ハルジオン

 初夏の強い日差しの草熱れの中、ハルジオンがあちこちに見られますね。
 花を折ったり摘んだりすると貧乏になってしまうといわれ、別名が貧乏草と言うこれまた可哀想な名前もありますが、
 良く見るとキク科独特の可愛い花です。
 同じような花にヒメジョオンもありますが、それに比べてピンクの花弁も見られて、より美しくも見えます。
 区別点は皆さん良くご存知と思いますが、茎が中空かどうかで見分けます。
 ハルジオンは最後の写真のようにストロー状で中が空洞になっています。
 「あっ!花を折っちゃったので貧乏に」・・・
 元々貧乏なので平気ですが・・・(笑)
f0290971_15172848.jpg

f0290971_15174317.jpg

f0290971_15175885.jpg

f0290971_15181268.jpg

f0290971_15183368.jpg

f0290971_15184563.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-06-20 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(8)
Commented by hanarenge at 2017-06-20 00:17
以前はハルジオンもヒメジョオンも一緒くたで見ていました

最近、やっと違うと気付いた次第です

そうですか、空洞にね 勉強になります

お詳しいですね、なんでも^^

私も折ったことあるので、だからか〜〜〜貧乏なのは^^
Commented by sikisai03 at 2017-06-20 05:33
れんげそうさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
私も子供の頃は一緒くたでした。
花の形が似てるので別物とは認識し難いですよね。
でも解るとまた楽しいものがあります。
手折る度に貧乏になることも知らず・・・(笑)
Commented by Meri-koenji at 2017-06-20 08:19
ちゃんと見たことありませんでした!空心菜みたいに、ストロー状なのですね。広場では、メリーが走る度にバリバリ踏んで折ってます(笑)。そのせいで貧乏なのか...( ̄□ ̄;)!!しかも今までに折っちゃった蓄積は、すっごい数だと思います(笑)。
Commented by ひーちゃん at 2017-06-20 18:18 x
↓のニギスですが 故郷浜田ではトンコロイワシと言います。
あしがはやいので ほとんどが一夜干しに加工されます。
のどぐろの一夜干しは高くなりましたが
こちらは手ごろな値段で庶民に愛されています。
ハルジオンとヒメジオンの区別は花首が下向いているとか
上むいているとか言っていたような・・・
茎の中がからっぽ これならよくわかりますね
Commented by sikisai03 at 2017-06-20 21:20
Meri-koenjiさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
ハルジオンは茎が中空なので折れやすいのですよね。
唯でも茎の重みで花が垂れ下がっているほどです。
メリーちゃんがいくら踏ん付けても貧乏になるようなkoenji家では無いと思いますが?(^-^)
Commented by sikisai03 at 2017-06-20 21:20
ひーちゃんさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
高山のスーパーで売っている干物は半分以上が浜田産のものです。
中でも小アジとこのニギスは人気ですよ。
浜田ではトンコロイワシと言う名で呼ばれているのですね。
トビウオはアゴ、ニギスはトンコロイワシ、何となく身近に感じる名前です。

ハルジオンの花が垂れ下がるのは茎が中空で弱いからです。
見ただけで区別出来ない時はそっと茎を摘まんでみると判りますよ。
Commented by youshow882hh at 2017-06-20 23:35
こんばんは。ゆーしょーです。
仰るようにこの花はよく見かけますね。
ハルジオンという名前なのですね。
御地では、花を折ったら貧乏に、
という言い伝えがあるのですね。
Commented by sikisai03 at 2017-06-21 15:03
ゆーしょーさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
これとまったく良く似た花にヒメジョオンがあり、それも結構何処でも見られます。
両種は混同しやすいので見分け法を書きました。
手折ると貧乏になると言うのは飛騨ではあまり言いません。
私の京都の友達は良くそんなことを言っていましたが、
検索すると全国的な話だそうです。
<<  ホヤを食す  ニギスの汐煎り >>