アヤメ

 「何れがアヤメかカキツバタ」のアヤメです。
 区別点は以前にも述べているので判っている方が多いと思いますが、カキツバタは花弁に一本の線があるのに対し、
 アヤメの方は同じ場所が網目模様になっています。
 菖蒲やカキツバタも在来種ですが、アヤメは同じ野生種でも草原などに良く見られます。
 カキツバタは丈が高く均整の取れた花形に比べアヤメの方はどうも少し小柄に見え、色も薄紫で何処となくひ弱ささえ感じます。
 しかしそれがまた自然な感じで若葉から深い緑に変わろうとしている背景に良く似合います。
f0290971_145735100.jpg

f0290971_14575516.jpg

f0290971_14581655.jpg

f0290971_14582952.jpg

f0290971_14584242.jpg

f0290971_1458546.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-06-18 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(12)
Commented by ねずまま at 2017-06-18 08:28 x
アヤメ この地方では 雑草の中にたくましく
開花しているのが多いようで けなげですね。
この季節になるとアヤメ カキツバタ 花しょうぶの
識別を 確認する日々です。これから留守にします。返信コメント 不要です。
Commented by ばんば at 2017-06-18 08:32 x
カキツバタよりアヤメの方が好きかも~~
クサッパラの中に群生してるの見ると涼しげでいいです~
Commented by hanarenge at 2017-06-18 10:39
懐かしい
私の分校にも、このアヤメが季節になると咲乱れました

笹百合とアヤメは分校を彩る花です

この紫がとても好きです

カキツバタは一本、アヤメは房状

よく覚えておきます^^
Commented by youshow882hh at 2017-06-18 11:15
こんにちは。ゆーしょーです。
自生しているアヤメなのですね。
アヤメといえばもう少し濃い色かと
思ってましたが、
このようなアヤメもあるのですね。
最後のアヤメは、花ショウブに似ています。
Commented by sikisai03 at 2017-06-18 16:40
ねずままさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
飛騨ではあちこちにアヤメが見られますね。
ため池周りにでも咲いていると絵になります。
アヤメ、カキツバタ、ハナショウブの違いは花弁の一点だけなのでそこを見るだけで判ります。
アヤメは網目模様、カキツは一本の白い線、ハナショウブは線が黄色いです。

今頃はもう飛行機の中でしょうか?
お気を付けてお出かけ下さい。
Commented by sikisai03 at 2017-06-18 16:41
ばんばさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
品所改良が進んだカキツバタやハナショウブに比べて素朴な感じのアヤメですね。
何処となくホッとする花で、草原の中で咲く様子はちょっと誇らし気でもあります。
Commented by sikisai03 at 2017-06-18 16:41
れんげそうさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
昔は田舎へ行くと何処でもこの花がたくさんあったような気がします。
そうそうササユリもまたこの季節の花ですね。
共に最近では少なくなってしまい寂しい感じがします。
記憶の中にだけ何時までも咲き続けている花ですね。
Commented by sikisai03 at 2017-06-18 16:41
ゆーしょーさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
確かにもう少し濃い色を想像しますね。
私もそう思ったので検索してみたらこの色の方が多いようです。
地質の違いからでも色が変わるのかも知れませんね。
ハナショウブの花弁には黄色い線があるのでこの網目模様とは違います。
カキツバタの方にやや似ている程度です。

Commented by ひーちゃん at 2017-06-18 17:15 x
↓ レシピお借りします
こちらはアヤメの自生地が多いのですか
やはり野に咲く花は美しいです
カキツバタの白い線も美しいけれど
文目の模様もよいですね~
優しい色が優しい緑と溶け合ってなかなかいい感じです
Commented by sikisai03 at 2017-06-18 17:31
ひーちゃんさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
レシピ、どうそ使い下さい。
きっと料理上手なひーちゃんは美味しいあら炊きが出来るでしょう。
ひーちゃんのブログでは山野草がたくさん出て来ますが、
アヤメも咲いてるのですね。
そう言えば中国地方に湿地が乾いたような低草草原が多いようです。
そんな場所にはアヤメが咲いてるのが眼に浮かびます。
Commented by Meri-koenji at 2017-06-19 12:48
sikisai図鑑、またページが増えていきますね♪自然にこんな群生するもになんですか?sikisaiさんのブログを拝見していると、本当に自分は切り花しか見てきてないんだな...と思います(笑)。身近に良い環境がないから仕方ないですが、こうして自生した状態を見ることで、大切に思ったり維持を意識したりするんだなと感じました。フィールド授業は大事ですねぇ。
Commented by sikisai03 at 2017-06-20 05:30
Meri-koenjiさん、おはようございます。
大変アカデミックなコメント有難うございました。
確かに仰る通りですね。
私の周りにある自然が豊かなのでそれが当たり前になってしまいますが、
あながち当たり前で無い人も多いのですね。
もっと、もっと四季彩図鑑のページを増やさなくてはいけませんね。
<<  ニギスの汐煎り  鯛のあら炊き >>