ニギスの汐煎り

 今日はニギスの汐煎りです。
 ニギスは北陸ではメギスとも言われますが、キスに似ているところからニギス(似鱚)と呼ばれているようです。 
 深海に棲む魚なのでトロールの底引き網に掛かって時には大量に獲れるため値段が安いことがあり、
 そんな時は一皿で20匹ほど入って200円と言うようなこともあって大衆魚とも言えますね。
 ご存知で無い方は少ないと思いますが、この魚は淡白でありながら脂が乗っていて甘味もありとても美味しいです。
 塩焼きや天ぷらで食べるのが一般的ですが干物にすることも多いです。
 また骨が身から簡単に剥がれるので食べやすい魚でもありますね。
 特別変わった食べ方として北陸地方で好んで食べられるのがこの汐煎りです。
f0290971_5554639.jpg

     ↑ 今回は塩焼きで食べ切れなかった分を汐煎りにしました。

f0290971_556021.jpg

     ↑ 頭と内臓を取って少し強めの塩水に20分ほど浸しておきます。

f0290971_556184.jpg

     ↑ 鍋に魚がひたひたになる程度の3%の塩水を沸騰させてから二ギスを入れ5分ほど煮たら煮汁を捨てます。
       その後再び火を入れてくっ付かないように鍋を動かしながら炒るように水分を飛ばしたら完成です。

f0290971_5562744.jpg

     ↑ 器に盛って出来上がり。

f0290971_61975.jpg

     ↑ 食べる時に好みで醤油を少し垂らしても美味しいです。
 またこれで酒が進んでしまう・・・困っちゃうなぁ~(#^^#)
[PR]
by sikisai03 | 2017-06-19 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)
Commented by chocottie at 2017-06-19 02:02
困っちゃうなあ〜〜ですって。(笑)
Commented by Meri-koenji at 2017-06-19 12:49
困っちゃうなぁ~、なんですよ(笑)。酒飲みより
Commented by 1944-suzu at 2017-06-19 16:25
キスは知っていますが、二ギスという魚は知りません。キスに似ているのですね。
キスは刺身や天麩羅で食べますが二ギスも同じ食べ方なんですね。汐煎りという食べ方、
此方も癖のない新鮮な魚を塩ゆでして食べる事が有ります。
私はご飯がおいしくて困っちゃうな~ですよ。
野生のアヤメも素朴で良いものですね。
Commented by Blue Wing Olive at 2017-06-19 18:19 x
興味深い調理方法ですね。ニギスの柔らかい身に向いているのでしょうか。
ニギスはあっさりしていて旨味もある美味しい魚ですね。
キスとは形が似ているけども、分類上は全く別の魚。味にはそれぞれの魅力がありますね。
Commented by sikisai03 at 2017-06-20 05:28
chocottieさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
そうなんです。
呑まなければ良いのですけどねぇ~(#^^#)
Commented by sikisai03 at 2017-06-20 05:31
Meri-koenjiさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
良かった~同意される方がら居られて・・・
美味しいものは何時もそうなんですよね (^^♪
Commented by sikisai03 at 2017-06-20 05:32
1944-suzuさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
ニギスは深海魚の一種で底引き網で獲ります。
浅い海では馴染みのない魚なので何時も新鮮な魚が手に入る所では売られていないかも
知れませんね。
味は淡泊でキスに似ていますが、旨味の強い魚です。
それこそご飯にも合って困りますよ。
ニギスの干物もこちらでは普通に売られています。
山陰物が多いです。
Commented by sikisai03 at 2017-06-20 05:32
Blue Wing Oliveさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
ただの塩茹でとは違って、最後に水分を飛ばすことに意義がある料理法です。
この後、食べ残した半分を天気が良かったのでカラカラに干してみました。
益々ビールが進んで今日は二日酔いです(笑)
魚のことはさすがBlue Wing Oliveさん、詳しいですね。
<<  ハルジオン  アヤメ >>