ソバナ(飛騨の方言ではアマナ)

 アマナと言うのは正式には別にあるのですが、飛騨ではこのソバナのことを「アマナ」と呼びます。
 また同属のツリガネニンジンの方も「アマナ」と言うのですが区別するためツリガネニンジンの方を「トウダイアマナ」と呼び分けます。
 荒れた山道の斜面や、苅場などで群生しているので採取は簡単なのですが、
 案外この山菜を知る人は少なく、今まで他人が手折った跡を見たことがありません。
 でもこの山菜は炒めて食べると癖の無い甘い味が口に拡がって美味しいのです。
 山菜教室では何時も紹介しているお勧めの山菜です。
 天ぷらも良いのですが今回も油炒めにしました。
f0290971_17233392.jpg

f0290971_17234528.jpg

f0290971_17235770.jpg

f0290971_1724755.jpg

f0290971_17241760.jpg


 
[PR]
by sikisai03 | 2017-06-16 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(6)
Commented by 1953-Baba at 2017-06-16 05:07
美味しそうですね!(^^)!
見るからに新鮮・柔らか・歯触りが良いなんて考えました。
私は山菜などは天ぷらよりこの様にした方が素材の?味が
あるような気がします。
天ぷらにするとぱりっと揚げるのは良いのですが味が無く
なってしまうような・・・
こちらにもあるのでしょうか??
Commented by sikisai03 at 2017-06-16 05:36
1953-Babaさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
このような葉が薄くて煮ると量が減る山菜は嵩増しに天ぷらが良いですが、
仰るようにその物の味はかなり薄れてしまいます。
「山菜を食べた」と満足するのはやはり焼き物、煮物などでしょうね。
ソバナはそちらにもありますよ。
方言では分かりませんが、秋にツリガネニンジンと同じような花が咲きます。
Commented by ねずまま at 2017-06-17 13:51 x
ツリガネニンジンの芽だしは 以前 教えていただいて
お浸しで 食べましたが ソバナ。。。これも 花が咲いたときにしか見ておりません。 春先は こんな姿なんですね。ソバナの咲いて居たところで 見てみますが たぶん わからないと 言いそうです。お浸し おいしそう!!
明日から 4日間 留守にします。
Commented by sikisai03 at 2017-06-17 16:22
ねずままさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
ソバナの新芽は採る時に茎の切り口から白い液が出るので他のものとは区別が出来ますが、
大凡の葉の形などを覚えておく必要があります。
一旦覚えると簡単に次から次と見付かるものです。
お浸しにした美味しさはツリガネニンジン以上ですよ。
4日間お出掛けなのですね、今度はどちらへ行かれるのでしょう?
また記事の方を楽しみにしています。
お気を付けてお出かけ下さい。
Commented by ねずまま at 2017-06-17 22:58 x
こんばんわ 明日から 4日間 台湾です。
気の置けない女友達と二人で 個人旅行。
博物館をゆっくり見てきたいと思っています。
あちらの天気予報 雨続きの様です。
おいしいもの食べて お喋りを楽しんできます。
Commented by sikisai03 at 2017-06-18 16:40
ねずままさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
今日から台湾ですか、良いですね。
親日家が多いので居心地も良いそうです。
八重山から近いのに私は一度も行ったことがありません。
一度行ってみたい所です。
食べ物も美味しいとのこと楽しみですね。
<<  鯛のあら炊き  自作曲 ♪ 木の葉のささやき >>