鯛のあら炊き

 とても大きな鯛のあらを買うことが出来たので定番のあら炊きにしました。
 最初の下準備と調味料の加減さえ間違わなければ美味しく作れます。 
 鯛は身を取っただけの骨付きの頭だったので頭を外し左右半分に割ることと、
 親骨を切るのも大変でしたが、出刃包丁のお影で何とか切り離すことが出来ました。

 下準備として鯛のあらを沸騰前のお湯に潜らせて血合いの部分や鱗などをきれいに取ります。
 鍋に生姜(薄切りにしたもの)、昆布(出汁昆布を10㎝四角に切ったもの)を入れて水600cc、酒400cc、で煮て行きます。
 沸騰したら丁寧にアクを取り、落し蓋をして5分ほど煮ます。
 砂糖80gに醤油100ccを加えて中火にし、再び5分ほど煮たら落し蓋を取り、煮汁を杓子で浸かっていない部分万遍に掛けます。
 煮汁が半分ほどになったら出来上がりです。
f0290971_16532597.jpg

f0290971_16533798.jpg

f0290971_16534783.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-06-17 00:03 | たかが男の料理 | Comments(8)
Commented by Meri-koenji at 2017-06-17 11:30
美味しそう~!sikisaiさんクラスなら出刃もお持ちだし、鯛の兜も割れますよね(^∇^)以前は新橋「ととや」という店の、かぶと煮の味が好きでした。sikisaiさんの煮た美味しそうな色を拝見していると、お店に行きたくなったり、思い出したりします。家庭の料理レベルじゃないからでしょうね。このお写真は目の毒です...(笑)。
Commented by ねずまま at 2017-06-17 14:04 x
鯛は 何回かさばいたことありますが 必ず
 ひれの棘で指先を けがしました。
ので もう10年以上 さばいて居ません。
と言うより 自分で やらなくなって もっぱら 
魚屋さんだのみ プロの主婦なら 出刃包丁ぐらいは
持っていて 錆だらけにしていないでしょうが 
我が家の 出刃は 出番を失って 錆だらけ。

家族の人数が減って 高齢になると 手の込んだことをやらなくなりますねぇ。料理を作ること好きだったのですがsikisaiさんの男の料理を見ては 感心して 反省をしています。
Commented by youshow882hh at 2017-06-17 16:11
こんにちは。ゆーしょーです。
お酒をたっぷり入れるのですね。
これだけ入れると美味しい鯛の
アラ煮が出来るでしょう。
私は子どもの頃から、魚の目の周囲にある
ゼラチンが好きでした。
DHAやコラーゲンが多く含まれているのですね。
Commented by sikisai03 at 2017-06-17 16:21
Meri-koenjiさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
出刃包丁は大きな魚を捌くのには必需品ですから2本持っています。
1本は和包丁で、他方は洋包丁です。
最近は洋包丁を使うことの方が多いです。
鯛のあら炊きも煮付けの要領ですからこれと言って細かな技は使わなくても美味しく出来ます。
後は調味料の加減ですが、しょっぱくなくて美味しく作るには何度かやってみる必要がありますが、
慣れたら家庭でも充分に料亭の味が出せますよ。

Commented by sikisai03 at 2017-06-17 16:24
ねずままさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
鯛の骨は硬いので注意が必要ですね。
私も以前は何度も骨を刺しました。
最近は何処にどんな骨があるか分かったので上手くやってますが・・・
普通ならスーパで調理済みを買うのですが、今回は市場だったのでザックリとしたもので、
どうしても細かく切らなければならないので出刃の出番でした。
出刃包丁は今度の出番のためにきちんと手入れして仕舞いました。

我が家も小人数ですから簡単に済ませたいですが、根っからの料理好きなので・・・(笑)
Commented by sikisai03 at 2017-06-17 16:25
ゆーしょーさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
たっぷりのお酒を使うのが美味しくするコツですね。
私は料理酒で済ませることが多いですが今回はちゃんとした日本酒を使いました。
あら煮は仰るようにコラーゲンたっぷりですね。
私も目の奥のどろどろとした部分は好きです。
Commented by ひーちゃん at 2017-06-18 17:10 x
鯛の兜煮 プロの技ですね
私も大好きで 祖母から教わった調理法で
よく作ります。
落し蓋をとって煮汁をかけながら仕上げるのは
同じです。
お酒の分量が多いようですが今度このレシピで
やってみます。
出刃も立派なのを持っていますが何分 非力ですから
Commented by sikisai03 at 2017-06-18 17:30
ひーちゃんさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
煮魚って出汁を使わないでその物の味で勝負しなければなりません。
そのためには日本酒は欠かせませんね。
使えば使うほど美味しくなると言うものでは無いですが、
多めに使うと確かに味がアップしますよ。
鯛の頭は割ったことがある人であれば解ると思いますが結構硬いですね。
力が必要なのですが怪我もしやすいので注意が必要ですね。
<<  アヤメ  ソバナ(飛騨の方言ではアマナ) >>