何時もの風景 (若葉燃ゆ)

 久し振りの何時もの風景となりました。
 前回はまだ春浅い山里の風景でしたが、ようやく緑の梢が拡がって良い季節の到来です。
 手前の畑はまだ何も植えられていないようですがそろそろ農作業も始まるようです。
 先日の15日には乗鞍スカイラインも開通しました。
 乗鞍にはまだ雪がたくさん残っています。
 登山バスも雪の壁を縫って登っているでしょうね。 
 (※ 2枚目はクリックすると画像が大きくなります)
f0290971_199326.jpg
f0290971_19101311.jpg

f0290971_19104360.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-05-19 00:03 | 何時もの風景 | Comments(10)
Commented by chocottie at 2017-05-19 10:41
いいとこに住んでますね。富山に住んでいるころ、山って目印になるんだと感動したのを思い出しました。私の実家のあるここは、平野で平野で平野で!なんの目印も起伏もなくてなかなか味わいがないのです。
Commented by Meri-koenji at 2017-05-19 13:43
奥に見える部分が連峰だと、しばらく眺めてから気づきました!あんな高さで連なっているんですね。壁みたいで驚きました。これは日本海の向こうから飛んでくる嫌なものも、遮ってくれるでしょうね(^∇^)
Commented by satuki1414 at 2017-05-19 15:42
こんにちは
冬の画像を思い緑に変わってきてきれいな山々 
通いなれた道ですね
遠くの連邦は標高たかいのがわかります
今は雪が綺麗に見えますね
Commented by sikisai03 at 2017-05-19 16:39
chocottieさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
冬の寒さが半端でないですがそれを除けば良い環境です。
富山市は立山や剣が屏風のように連なって素晴らしい眺めですね。
残雪の量も多く、まだこの季節は冬山のようですね。
山が近いと四季感が濃く、自然の営みも間近に見えます。
そんな所が人が住むには良いのかな~

Commented by sikisai03 at 2017-05-19 16:39
Meri-koenjiさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
写真を撮っている場所は標高850m位、乗鞍の山頂は3.027mですからその差2.200mほど、
確かに屏風のように飛騨山脈がありますね。
遮ってしまうとこの辺りに漂ってしまうので困ります (~_~)
でも季節風は強く、こんな山などひとっ飛びですよ。
Commented by sikisai03 at 2017-05-19 16:40
satuki1414さん、こんにちは。
コメント有難うございました。
標高の高い山にはまだ雪が残っていて、乗鞍の登山バスも雪の回廊を縫って登ります。
里には一足先に春が来ましたが、山頂は未だ冬です。
北海道も大雪山系など同じような光景でしょうね。
居ながらにして雪山が望めるのは有難いです。
Commented by ねずまま at 2017-05-19 20:38 x
定点撮影の画像って いいですね。
季節の移り変わりが よくわかります。まだ乗鞍には
雪が ありますね。明日 平湯まで この景色の
中を走ります。新緑のドライブ 助手席に 
誰もいない一人運転が ちょっと寂しい。。。
昨年までは 孫連れだったのですが。
もう 婆離れに なってしまいました。
Commented by youshow882hh at 2017-05-19 21:57
こんばんは。ゆーしょーです。
さすがに寒い飛騨でも5月に入ると
きれいに雪が消えてますね。
乗鞍スカイラインは4月中旬に
開通したのですね。
これから秋まで大勢の人が訪れますね。
Commented by sikisai03 at 2017-05-20 05:56
ねずままさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
この風景はブログの記事としてもう何度も掲載していますが、
二枚と同じものは無く季節の移り変りも良く判る場所です。
今日は平湯行きなのですね。
ニリンソウも咲いているので目の保養もして来て下さい。
子も孫も何時かは離れて行くものです。
寂しいですが仕方が無いですね。
そんな時はかえって一人を楽しみましょう。
Commented by sikisai03 at 2017-05-20 05:57
ゆーしょーさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
今現在、雪を見よとすれば標高1.000m以上の日陰まで登らなければなりません。
スカイラインは1.500m以上を通りますのでまだまだたくさん残っています。
15日に開通したのですが、山頂付近はまだたっぷりと残っていて観光客も大喜びだとか・・・
大勢訪れて下さると良いですね。
<<  アズキナの油炒め (ナンテンハギ)  毒草!注意! (ハシリドコロ) >>