蕗味噌

 先日摘んで来たふきのとうですが、予定通り蕗味噌にしました。
 よく「蕗味噌は苦い」と言われる方がありますが、多少の苦みも春の味なのでそのまま楽しまれることをお勧めします。
 苦くない蕗味噌を作るにはふきのとうを選んで採ることが大事です。
 私は雪解け直ぐのものを採って来るようにし、日当たりの良い場所で長く日に当たったものは使いません。
 また調理の時は先ず油で炒めてから味付けするようにしています。
 そのことを心掛けるだけで苦みも薄れます。
 また花の開き切った部分はなるべく使わないことも良い方法です。
f0290971_10163433.jpg

f0290971_10164468.jpg
f0290971_10275784.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-29 00:03 | たかが男の料理 | Comments(14)
Commented by youshow882hh at 2017-04-29 00:50
こんばんは。ゆーしょーです。
フキノトウを美味しく頂こうと思えば、
色んな注意をしなければならないのですね。
一般常識ですが、それを守れば美味しく
頂くことができるのですね。
ある程度の苦味を感じないと、春の感じがしませんね。
Commented by 1953-Baba at 2017-04-29 05:08
美味しいでしょうね!!
残念ながら私は今年は作れませんでした(^_^;)
今の時期フキノトウが手に入らなくなってから・・・
写真を見ると食べたくなります。
Commented by chocottie at 2017-04-29 05:47
おはようございます。うーん、美味しそう。開いてないフキノトウ、溶けてきた氷化した雪の下の枯れ草の間から綺麗な緑が覗いてますね。美味しいんですよねえ、このくらいのが。汚れてないし。山に暮らす者の特権ですね。
Commented by sikisai03 at 2017-04-29 05:57
ゆーしょーさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
口に入る物は同じ食べるのなら美味しく食べられるように拘りたいですね。
私の作り方は試行錯誤もありますが、軽く茹でてから炒め煮にする方法もあります。
蕗味噌は何度も食べたいとは思いませんが、
味わってみたい旬の味ではないでしょうか・・・

Commented by sikisai03 at 2017-04-29 05:59
1953-Babaさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
今年は旬の蕗味噌が食べられなかったのですね。
春は一斉に芽吹き、一斉に伸び切ってしまうので、
思い立ったら採って来ないと時期を逃してしまいます。
標高を稼ぐと言う手もありますが、日光なら男体山の奥まで行かないと無いでしょうかね。
Commented by sikisai03 at 2017-04-29 06:00
chocottieさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
ふきのとうは芽吹いてからはどんどん伸びてしまうので採り頃が難しいですね。
山道を歩いていて日陰になった所が狙いで、雪がまだ少し残る所の物を採って来ます。
そんな場所が近くにあると言うことが有難いです。
Commented by Meri-koenji at 2017-04-29 07:34
きゅっと丸まって可愛いですね。東京ではもちろん生えていませんが、お店で見ます。でもsikisaiさんのは色が違うなぁ。こんなに鮮やかなんですね(^∇^)日に当たったのはダメなんですか?普通の野菜類とは逆なんですね。苦味ということは、ケンフェロールとか抗がん作用もあるかもしれませんね♪このお味噌、お酒も熱々ごはんも進みそう!
Commented by ばんば at 2017-04-29 07:57 x
おはようございます。
あ~~そうなんですね~
日向のは苦味が強い?
来年(?)採ることがあったらそのようにしてみます。
でも、あのほろ苦さがいいんですけどね~~~
Commented by 1944-suzu at 2017-04-29 08:41
蕗味噌大好きです。
此方ではまだ寒い1月末に出てきます。
少しの苦みは春の味として美味しく食べますよ。
Commented by satuki1414 at 2017-04-29 11:06
おいしそう!
こんなに沢山採れて 
やっぱり宝の山であるのだと思いました
昔から春の薬味として伝わった食べ物 
ほろ苦さも体にいいのでしょうね
Commented by sikisai03 at 2017-04-29 15:25
Meri-koenjiさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
日が当たると色濃くなるのですがその反面アクが強くなり苦くなります。
苦みも春先は特に季節の味として珍しいですが、あまり苦いとかえって口に残ります。
さらっとした苦味が蕗独特の香りも引き出してくれますよ。

私の考えとしては熊など冬眠する動物は冬の間に胃袋に溜まった毒素を強いアクで抜く必要があるので、
かなりアクの強い植物を食べています。
(例えばシシウドなどを好んで・・・)

人間も同じ哺乳類ですが、現代食はそんなに毒素のある物は食べていないので、
少しのアクで良いと思うのです。
春先になって特に新鮮な野菜が食べたいと思うのは身体が欲しているからなのでしょうね。
Commented by sikisai03 at 2017-04-29 15:25
ばんばさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
本当は出来れば雪を割って出て来るような黄色が勝ったものが一番良いのですが、
なかなかそんなのは多くは無いです。
芽吹いて数日で緑に変わるので早いですが、目安は残雪の近くと言うことになりますね。
苦味を消すには油を使うことで、天ぷらにすると食べやすいのはそのためです。
ほろ苦味が残る程度に調理すると良いですね。
Commented by sikisai03 at 2017-04-29 15:26
1944-suzuさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
そうですね九州の人のブログを拝見しているとこちらの寒中にもう・・・
何時も本当に羨ましく思うのです。
山菜はアクが強く、そのアクを上手に適度に抜くことが美味しく食べるコツで、
抜き過ぎては元も子も無いですね。

Commented by sikisai03 at 2017-04-29 15:27
satuki1414さん、こんにちは。
コメント有難うございました。
春の野に毒草もありますが、食べられる山菜もまた多いです。
自然が豊かであれば色々な恩恵に預かれますね。
野生の動物は春の草を食べることで冬に溜まった身体の中の毒を排出しています。
それも自然の理にかなったことだと思います。
それが身体に良いと思えることではないでしょうか・・・
<<  高山祭屋台総曳き揃え その1  臥龍桜が満開になりました >>