キンキマメザクラ

 少し前ですが富山の里山を歩いていたらキンキマメザクラが咲いていました。
 里山ではマメザクラやチョウジザクラなどの野生種がソメイヨシノに先立って咲きます。
 これらの桜は大木にはならず樹高が低い灌木のようなものなので迫力には欠けますが、それだけに奥ゆかしい感じがします。
 キンキマメザクラとオクチョウジザクラは混生している所もあり、
 しっかり見極めないと間違った情報を流してしまうことになるので注意が必要です。

 最後の写真に花のアップを載せましたが、オクチョウジザクラは花柄や萼筒に毛がありますが、
 キンキマメザクラは写真のように全く無いか、あっても極僅かなので同定のポイントになります。
f0290971_9392367.jpg

f0290971_9394154.jpg

f0290971_9395420.jpg

f0290971_940629.jpg

f0290971_9401695.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-21 00:03 | 山野草 | Comments(10)
Commented by ばんば at 2017-04-21 10:22 x
はなやかな大木の桜はそりゃぁ~~素敵だけど、こういう楚々とした桜もとても魅力的ですよね。
Commented by Meri-koenji at 2017-04-21 14:39
こういう種類もあるんですね。ソメイヨシノくらいしか見ないこちらと違い、野生種を見られてありがたいです(^∇^)最後の写真を見て、こういう視点から桜を撮った写真は珍しいんじゃないかと思いました。萼の色も、花びらの付き方もよくわかります。さすがsikisai図鑑ならでは、ですね♪
Commented by sikisai03 at 2017-04-21 17:25
ばんばさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
山歩きの魅力に一つに山野草などの花に出会うことがありますが、
春先にこんな桜が見られるのも楽しみですね。
敷物を敷いて花見を楽しむほどでは無いですが、嬉しくなります。(^-^)
Commented by sikisai03 at 2017-04-21 17:25
Meri-koenjiさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
野生種の桜はいくつか種類がありますが、これも山桜の一種です。
背丈は低いですがそれなりに花もたくさん付けて咲いてくれるので時期に行くと出遭いも

楽しみです。
最後の写真は特徴のある部分をカットしたのですが、
オクチョウジザクラの部分写真もあると良かったですね。
Commented by youshow882hh at 2017-04-21 20:11
こんばんは。ゆーしょーです。
この可愛い桜をキンキマメザクラ と言うのですね。
キンキと頭に付いていますが、北陸の方でも咲くのですね。
Commented by 1944-suzu at 2017-04-21 21:06
春の高山祭リありがとうございました。
そろそろそちらでも桜の花が咲きだしたのですね。
可愛いヤマザクラ、キンキマメザクラというのですね。
春になり山野草も咲きだし山歩きも楽しみですね。
私も楽しみに見せてもらいます。
Commented by sikisai03 at 2017-04-21 23:21
ゆーしょーさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
キンキマメザクラは主に西日本の日本海側に多いですが、
オクチョウジザクラとの分布域の分かれは富山県とされています。
両方見られるのが富山県という訳なのです。
Commented by sikisai03 at 2017-04-21 23:22
1944-suzuさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
ようやく飛騨でも桜の季節が到来しましたが、もうそちらでは葉桜でしょうね。
山桜も一般的にはオオヤマザクラなど大木になる種もありますが、
このように背丈の低い桜もあります。
今からは梅や桜、桃など一斉に咲き出します。
山歩きも楽しみな季節がやって来ました。
Commented by Hsrolayqq at 2017-04-23 13:57
こんにちわ
ソメイヨシノと梅と菜の花が一緒に見れるなんて贅沢です。此方では順序よく咲くから、見れないです。
咲いたら見せて下さい
Commented by sikisai03 at 2017-04-23 17:32
理恵さん、こんばんは。
コメント有難うございました。
遅れて咲き出した分だけ一緒に見られると言う訳ですが、
その分同時に散ってしまって直ぐに緑の葉っぱばかりになります。
もう少しゆっくり咲いてくれると良いのですがね。
同時に咲いた写真は今日付けの記事にしてありますのでまた見て下さい。
<<  猪肉のジャーキー  2017年 春の高山祭り その六 >>