ぜんまい

 山菜は”こごみ”や”うるい”など一部を除いてアクが強く、そのため手間が掛かるものが多いですが、
 ゼンマイもその一つで、そのままでは苦くて食べられません。
 ワラビの保存と同じように茹でて天日乾燥しなければならなくて、
 しかも干している時は数回手で揉んで柔らかくもしなければなりません。
 でも油でで炒め煮にした一品は美味しくて、その手間も惜しんでは居られません。
 今年も見付けたら少しずつ採って干しておくことにしましょう・・・
f0290971_8305975.jpg

f0290971_8311034.jpg

f0290971_8312282.jpg

f0290971_8313284.jpg

f0290971_8314363.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-25 00:03 | 山菜と木の実 | Comments(12)
Commented by 1944-suzu at 2017-04-25 07:25
三月に野焼きがされた阿蘇の草原
その黒い地面からゼンマイやワラビが
一番に芽を出します。
ワラビはもう二度ほど採りに行きました。
ゼンマイは干すのに手がいるのですぐ生で食べられるワラビを採ってきます。
乾燥のゼンマイは美味しいですね。
Commented by 1953-Baba at 2017-04-25 09:35
ゼンマイ美味しいですよね!(^^)!
昨年山形の方に出かけた時に買ってきた干しゼンマイと干し
ワラビがあるのでゼンマイを煮てみようかと出してみました
袋に貼ってある値段を見て良いお値段でした(ё_ё)
100㌘1728円だった~~
遊びに出かけたときにしか買えない値段ですがこれだけに
するのには大変な手間がかかりますよね^^;
昔祖母や母が採ってきて茹でて干してと大変なんだと思い
ながら見ていました。
Commented by youshow882hh at 2017-04-25 16:39
こんにちは。ゆーしょーです。
春の山菜の中で一番最初に覚えたのが、ゼンマイとわらびです。
田舎で住んでいた頃、山や池の土手に生えていたので覚えました。
そのころ食べたことがありましたが、ほろ苦かったのを
かすかに覚えています。
Commented by sikisai03 at 2017-04-25 17:12
1944-suzuさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
何時も阿蘇から早いワラビの便り、羨ましく拝見しています。
そうですか、ゼンマイも一緒に採れる場所なのですね。
確かに軽くアク抜きをして食べるワラビと違ってゼンマイは手間が掛かります。
でも戻して油で炒めて煮るのは美味しいですね。

Commented by sikisai03 at 2017-04-25 17:12
1953-Babaさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
そうそう、ゼンマイは値段が高いですね。
茹でたものがパックして売ってもありますが、外国産は怖い気がします。
国産はちょっと惣菜にと言うには考えてしまいます。
私も自分で採らなかったら買ってまでは食べませんね~
干すにも何度か揉むことが必要で、結構手間が掛かりますね。
Commented by sikisai03 at 2017-04-25 17:12
ゆーしょーさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
ゼンマイやワラビは山菜の中でもポピュラーですね。
一番食べたことがある山菜と思います。
ワラビもゼンマイも上手にアクを抜かないと苦いですね。
もっとも抜きすぎるとかえって柔らかくなってしまい味も美味しくないですが・・・
Commented by ばんば at 2017-04-25 21:07 x
なぜか・・・
5年ほど前からばんばんちの裏庭にゼンマイの株が・・・
最初の年には食べられるゼンマイばかりだったのに、採らずにいたからか(10本くらいあったって、ねぇ…)男ゼンマイばかりになってしまってます(>_<)
もう撤去しようにも根っこが・・・
気付いたらまた別のところにも出かけました・・・もう・・・
Commented by satuki1414 at 2017-04-25 22:29
こんばんは~
いよいよ山菜の季節ですね
山菜は食べるまでに手間がかかり 好きでなければできない事あく抜きなど解らないでいます 
貰って食べていますが 春の味ですね 側に蕗が沢山出ていて
軟らかく美味しいだろうなあと見ていました
Commented by sikisai03 at 2017-04-26 05:00
ばんばさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
ゼンマイは胞子で増えるので植えた覚えのない所にも出て来ますね。
私はあまり男ゼンマイばかりの株と言うのは見たことが無いです。
どちらかと言うと女ゼンマイ多数の中に男が2本程度のハーレム状態ですが・・・(笑)
Commented by sikisai03 at 2017-04-26 05:00
satuki1414さん、おはようございます。
コメント有難うございました。
飛騨もようやく春になって色々な山菜が出て来ます。
これから6月までは野菜を買わなくて良いかも?
それは冗談ですが、それほど色々使えるので有難いです。
でもさっと食べられるのは一部で、ほとんどが手間が掛かりますね。
まあ~それも楽しみの一つなのですが・・・
出始めの蕗は葉っぱごと佃煮に出来ますね。
Commented by chocottie at 2017-04-26 10:15
男ゼンマイと女ゼンマイ?面白いですね。山菜についても素人なのでお話聞いてるだけでも楽しいです。手間暇かける下処理って結構楽しいですよね。ゼンマイの下処理してみたいっ!(笑)
Commented by sikisai03 at 2017-04-26 16:25
chocottieさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
男と女、面白いでしょう?
何でも例えで男・女がありますが、この場合は一つの株の雄雌なので実際は男も女も無いのです。
しかし男ゼンマイは胞子を撒く方なので茎が硬くて敬遠されます。
他方、女ゼンマイは栄養葉なので柔らかくて美味しいという訳です。
植物の世界でも女は男より上ですよ (^-^;

ゼンマイは熱湯で茹でる時間が大切で、茹で過ぎると元も子も無くなってしまいます。
また時間が足らないと揉む時に折れてしまいます。
でもその加減がまた楽しいですね。

<<  マフグ1匹をコースに・・・  カタクリの花 >>