ヤマネの寝床

 山道を歩いていたら何か鳥の巣のようなものが落ちていました。
 見たことが無い人には鳥の巣にしか見えませんが、実はこれヤマネの冬眠の寝床なのです。
 秋のうちに木の皮や細枝を集めてせっせと作ったのでしょう。
 春になって眠りから覚めたので要らなくなった巣は風で樹上から落ちて来たものと思われます。
 もちろん近くにはヤマネの姿が見られませんでした。
 割ってみたらふかふかのお布団のようで、この中に可愛い顔をして寝ていたのかと思うと・・・(^-^)
 ※ ヤマネの記事のブログがありましたので紹介します。
f0290971_72003.jpg

f0290971_7201250.jpg

f0290971_7202579.jpg

f0290971_7203846.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-13 00:03 | 山歩き | Comments(6)
Commented by youshow882hh at 2017-04-13 00:14
こんばんは。ゆーしょーです。
「ヤマネ」・・・初めて聞く言葉です。
最初、山猫かなと思いましたが、
山鼠のことだったのですね。
ヤマネの巣は、樹上に作るのですね。
Commented by sikisai03 at 2017-04-13 05:43
ゆーしょーさん、おはようございます。
ヤマネは仰るように山鼠のことですが、
ネズミ目にありながらリスのような尻尾が膨らんだ動物で、
背中の一本の模様も可愛いです。
巣は地上でも安全な場所があれば造るようです。
Commented by ねずまま at 2017-04-13 20:00 x
ヤマネの巣。。。これは 私の鑑定では 鳥の巣です。
どこで ヤマネと わかるのでしょうか? ブログ見ました。
くるっと巣の中で 冬眠している姿本当に
かわいいですね。本物が見れたらなんて。。。。

本日 フクジュソウの群生地へ 午後3時過ぎに
行ってきました。いいタイミングでした。
アズマイチゲも キバナノアマナもしっかりと
鑑賞できました。ありがとうございました。
Commented by Blue Wing Olive at 2017-04-13 21:15 x
おおっ‼︎
sikisai03さんも見つけられましたね。
春の山道では色々な発見があります。
Commented by sikisai03 at 2017-04-13 23:47
ねずままさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
これが鳥の巣では無いという判断ですが、独特の抱卵の際の窪みが全くないということが第一で、
使ってある材料が杉(木)の皮を剥いだようなものであることなどからです。
それにボリュームがあることや、鳥の産毛が全く付着していないので直ぐに判りますよ。
でも以前に見付けたことが無かったら鳥の巣としてスルーしていたかも知れません。
ヤマネは夜行性なのでなかなか見られませんね。

私はお昼過ぎに行ってみました。
タイミング良く花が咲いていたのでたくさん写真も撮れました。
明日付けの記事にアップします。
Commented by sikisai03 at 2017-04-13 23:47
Blue Wing Oliveさん、こんばんは。
コメント有難うございました。
本当に山歩きは色々な物が見付かりますね。
この場所はシダの化石やヒメシャガの群落なども発見した所です。
<<  福寿草が満開になりました  マンサク >>