マンサク

 早春に咲く灌木の花にはキブシやトサミズキなど黄色いものが多くマンサクもその一つです。
 殺風景な谷筋を歩いていて見付けた1本のマンサクにしばし佇んでしまいました。
 マンサクを見ていつも思い出すのは合掌造りの柱を束ねるのに使っていると言うことです。
 白川郷などでは「ねそ」と呼ばれていますが、
 柔軟な細枝は蔓のように自在に扱えて釘を使わない合掌造りには欠かせない材料と言うことです。
 春まだ早く寒い環境で開花する強さが材質にも似通っているのですね。
f0290971_1241372.jpg

f0290971_12411369.jpg

f0290971_1241254.jpg

f0290971_12413617.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2017-04-12 00:03 | 山歩き | Comments(8)
Commented by 1944-suzu at 2017-04-12 05:50
合掌造りの柱を束ねるのに使われるのですね。
花を眺めるだけで知りませんでした。
昨年の地震は自然界にも多くの被害が出ています。
先月登った友人から、毎年空いっぱいに咲いていたマンサクの木が地震のき裂で枯れていたそうです。
マンサク咲いて春が来ましたね。
Commented by sikisai03 at 2017-04-12 07:08
1944-suzuさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
昔の人は身近に有る物の特性を良く知っていてそれに合った使い方を工夫していたのですね。
今は金属や石油製品などを使いますが、自然に優しい天然素材の方が安心と思います。
熊本の地震は思わぬところへも被害を及ぼしているのですね。
先日のクララの件と言い、植物までにとは驚きです。
Commented by ばんば at 2017-04-12 15:39 x
今までこの花は山へ行かないと見れないと思い込んでいました。
ところが!
先日家の横の崖のところから下を見たら・・・なんかヒョロヒョロとした黄色が・・・
カメラ持ってきてズームしてみてみたらマンサクでした~~
いちおう撮っては見たけど、粗い・・・
この時にキブシもすぐ近くに・・・
ってことは・・・?
ばんばんち、山ん中なんだ~~~~
今頃気づきました^^;
Commented by sikisai03 at 2017-04-12 16:19
ばんばさん、こんにちは。
コメント有難うございました。
マンサクは里山のなだらかな丘陵にも自生していますが、案外崖っぷちなどの環境も好みます。
ばんばさんのお住まいの町は多いですね。
でもあまり奥山には無いのでご安心を・・・(^-^)
キブシやアブラチャン、クロモジなど木の花が咲く季節になりましたね。
Commented by Meri-koenji at 2017-04-12 21:44
マンサク、マンサク・・・何の本か忘れてしまいましたが、薬の木だとか、湿布にするという記述をどこかで見た気がします。こういう小さな可愛らしい房なのですね!湿布というから、大きなペタンと貼り付くようなのを想像してました(笑)。思い込みでしたf(^_^;
Commented at 2017-04-13 00:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sikisai03 at 2017-04-13 05:43
Meri-koenjiさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
マンサクの薬功をググってみたら、(有効成分は、葉にタンニン・ハマメリタンニンを含み、
乾燥した葉は、収斂(しゅうれん)、止血、止瀉(ししゃ)薬として赤痢、内臓器官の出血、痔疾などに効き目がある)とのことでした。
漢方ではたくさんの野生種が使われていて大概の植物は該当しそうです。
中には猛毒もありますが、猛毒こそ使い方によっては良薬になりますね。(^^)v
Commented by sikisai03 at 2017-04-13 05:44
鍵コメさん、おはようございます。
コメント有難うございました。
マンサクの開花は雪国ほど話題になりますが、分布は全国的なのでもちろん温かな地方にもあります。
庭にもダンコウバイなどと同じで植えている家がありますね。
名前から来る縁起も好まれるのでしょう。
<<  ヤマネの寝床  新鮮なニシンはお造りに・・・ >>