飛騨大鍾乳洞 7

 最終の第三洞出口を抜けると、入口より随分高い所まで登った感があります。
 今度はここをゆっくり下って行かなければなりません。
 冬場には左岸の崖に氷のオブジェが造られていて、氷点下の森のように3月一杯の夜間はライトアップされているようです。
 またその氷の下には石に刻まれた七福神が並べられています。
 入口の近くまで降りると立派な美術博物館がありますが、ここは最初に入場します。
 あの事件以来館内での写真撮影が禁止となったので内部の写真はありませんが、お宝のコレクションは素晴らしいです。
 また戻って来た金塊はこちらでご覧になれます。
f0290971_6383358.jpg

f0290971_6384798.jpg

f0290971_6385984.jpg

f0290971_6391081.jpg

f0290971_6392157.jpg

f0290971_6393180.jpg

f0290971_6394160.jpg

f0290971_6395158.jpg

f0290971_640393.jpg

 今回にて飛騨大鍾乳洞のシリーズを終わらせて頂きます。
 ご覧頂き有難うございました。
[PR]
by sikisai03 | 2017-04-07 00:03 | 飛騨からのあれこれ
<<  カモシカに遭遇  なまこ >>